182buy

Buy 1 get 1 free の日本語での意味

今日のテーマ
海外のお店でセールスの謳い文句で表示されている「Buy one, get one free」の意味について知っておこう。海外でのショッピングの際に知っておくと便利なはず


■筆者の住む海外ニュージーランドで、スーパーマーケットや量販店なんかで目にする、「あー、こういうのって、日本もニュージーランドも一緒だな。」と思うものがあります。
 
 
それは、金額の表示。
 
 
   
日本で、
 
「洗剤 299円!」
   
みたいなノリってありますよね。
   
 
「だったら、300円でいいじゃん!」
 
 
と思わず突っ込みたくなってしまうような・・・
   
 
■実は、筆者の住むニュージーランドでも、同じノリはあります。
   
 
「バナナ1キロ 3.99ドル!」

   
って感じです。
   
 
実は、10セント未満の通貨なんてないので、実際は3.99ドルなんて、払えないんですけどね(笑)。
 
   
なので、結局4ドルだったりします(苦笑)。
 
 
まあ、10キロ買えば、39.90ドルになるので、3.99ドルというのが、あながち不当だというわけではないのですが。
     

 
■さて、セールがらみの話なのですが、こちらのセールでよく見かける販促フレーズがあるんです。
 
 
まず、それをあなたに日本語で伝えますね。
   
 
あなたは、それを英語で何と言うか、ちょっと考えてみて下さい。
   
それじゃあ、いきますよ。
     
 
「2個で1個分の値段でいいですよ!」
   
 
さあ、何て言うでしょう?
   
  
まあ、言い表し方としては文法的には、いろいろとあるかもしれませんが、よくある言い方ってのがあるんです。
  
それは、
   
「 Buy 1 get 1 free 」
 
という表現。


日本語に訳せば、
  
1個買ったら、もう1個はタダ。」
 
 
要は、 
 
「2個で1個分の値段」ってことです。
   

ちょっと物事を見る角度が微妙に違いますね。
  
 
表現の仕方は、日本語と英語とでは違いますが、要は言っていることは一緒だったりします。
 
 
こういうケースに出くわすと、言葉というか、国によって、物事のとらえ方の違いがあったりして、「おもしろいな」、と感じます。

ドミノピザ
日本のドミノピザの広告を見たら、この「Buy 1 get 1 free」のことを、日本語で「1枚買うと、もう1枚無料」「2枚目0円」という書き方をしていますね。

 
さて、本当はもうひとつ

「3 for 2」

という販促表現をお伝えしたいのですが、それはまた次回に解説します。