電話で「はい、私です」 は、英語で「Speaking.」と言えば通じます

今日のテーマ
あなた宛の電話だった場合、「Speaking.」とひと言言えば、「はい、私です。」という意味になることを知っておこう

電話対応、前回学習したこと

 今回は前回の続きでの
 
  『電話応対シリーズ』です。
 
   
  さて、
 
  前回では、
 
 
  ~・~~・~・~・~~・~・~

  プルプル、プルプル 
 
 

 ガチャ、 
 
   
  あなた「 Hello! 」
 

 ~・~~・~・~・~~・~・~

  と、電話に出るところまでを学びました。
 
   

「(本人が)私です」と電話で出る際の英語


   
  さあ、 今回はその続きです!
 
 
  一応設定であなたの名前は「Mariko」にしましょう。
 
  OKですか?
   
 
  それじゃあ電話に出たところからの続きの出発!
 
  
 
■あなた「 Hello. 」 (はい、もしもし)
 
  相手 「 Hello. Can I speak to Mariko, please ? 」

     (マリコさんお願いします)


 あなた本人に掛かってきた電話のようです。

 あなた 「(あっ、「私です」って何て言おう?)
 
   
  って、ことでまた詰まってしまいました...
 
   
  電話で「~さんお願いします」と言われて、
 
  それが自分宛の電話だった場合は、
 


   
  「 Speaking. 」
 
   

  このひと言でOKです。
 
 
 
  相手 「 Hello. Can I speak to Mariko, please ? 」

 あなた「 Speaking. 」
 
      (はい、私です。)
 
 
 これだけです。

  ねっ、簡単でしょ。
 
   
 
  これが英語で交わされる
 
  一般的な電話での出足の会話です。
 
 
 
  あなたが「 Speaking. 」って答えたら
 
  相手が「 It’s me. (わたしよ)」とか、
 
  「 Hi, this is Akira. (やあ、アキラだよ)」
 
  って返答してくるでしょう。
   
 
  そうなったらあとは普通の会話です。
 
 
■あなた「 Hello. 」 (はい、もしもし)
 
  相手 「 Hello. Can I speak to Mariko, please ? 」

 あなた「 Speaking. 」(はい、私です)
 
  相手 「 Hi, this is Akira. 」
 
  あなた「 Hi, Akira. How are you ? 」(ハイ、アキラ。元気~?)
 
  相手 「 Not too bad. How about you ? 」
 
 
  こんな調子です。
 
 
  どうです?
 
  こんな感じだったらあなたにも簡単に出来そうでしょ。
 
 
 
■次回は、

 今度はあなたが電話を掛ける時についてのお話しますね。