144grabaseat

Grab a seat の意味について

今日のテーマ
「Grab a seat」の意味を考える時、garbは、takeやhaveと同じように使かわれていると思うと、分かりやすいのではないかと思います。使用例も含めてご紹介します


■外国に住んでいると

 知人・友人宅に招かれることがよくあります。
 
 
  ちょっとだけかしこまったケースもありますし、
 
  気軽に仲の良い友人宅に招かれることもあります。
 
 
  あなたも、
 
  もし海外にしばらく滞在していると
 
  このように、誰かに招待されるケースに
 
  多々出くわすことになると思います。

「grab a seat.」と言われるシチュエーション

 
  そのような知人宅に招待された時、
 
 
  あなた ” Hi”
 
  知人  ” Hi. How are you? “
 
  あなた ” Good, thank you. How are you? “
 
  知人  ” Not too bad. Thanks.
    
       Hey, grab a seat. 

 
  こんな会話が
 
  交わされたりします!
 
   
  この会話の流れからも
 
  きっとあなたもわかる通り、

 「grab a seat」の意味は、

   
 「まあ、まあ、座ってよ」

 「どうぞ座ってよ」

 「どうぞ座ってください」



  ということになります。

   

■同じような意味の表現として、


  “Please sit down.”

などは、ピンとくるかも知れませんね。

garbを、take や haveに置き換えることも出来る

 

 あと、動詞の「grab」

 「take」「have」と入れ替えて、


 Take a seat.”
   
  “Have a seat.”

 
 ということも出来ます。 

 

 この場合、

 この3つの動詞は、

 同じような意味として使っています。

「grab」=「take」=「have」

 なので、
 
  “Grab a seat.”

  “Take a seat.”
   
   “Have a seat.”

 
  
  どれも同様の意味であり、
 
  今回ご紹介したシチュエーションなんかで
 
  非常によく使われるフレースです。
   
 
■相手に
 
  “Grab a seat.”
 
  と言われた際は、気持ちよく、
 
  “Thanks.”
 
  といってソファーにでも腰掛けさせてもらいましょう。

ニュージーランド航空のGrabaseat


ちょっと余談になりますが、

 もしあなたが、

「grab a seat」という英語フレーズを

 ネットで調べていると、

 ニュージーランド航空の公式サイトが

 沢山されるのではないかと思います。

 ニュージーランド在住の人や、

 ニュージーランドに良く来る人は知っているかも知れませんが、

 ニュージーランド航空のGrabaseatというのは、

 ニュージーランド空港の航空券が

 公式で格安で購入できるサービスのことなんです。

 

 ニュージーランド発の航空券が基本なので、

 日本在住の人が利用することは少ないでしょうが、

 ニュージーランド在住の人ならば、

 誰もが知っているような格安航空券サービスになっています。

 もちろん筆者も利用しています。