170weather-forecast

天気予報の英語表現

今日のテーマ
海外で生活していても毎日チェックしておきたい「天気予報」。英語学習にもひと役買ってくれます。天気予報の内容を具体例を見ながら解説します

天気予報 = Weather forecast


  海外に住んで、
 
  まず始めに理解しようと努める英語が
 
  天気予報
   
 
  筆者の住むニュージーランドでは通常、
   
 「 Weather forecast 」

 「 Weather outlook 」
  
 なんて言いますね。
  
 
 そして、
 
 TVのニュース番組をみていると、
 
 まず最初に英語の聞き取りで慣れてくるのが
 
 この天気予報のコーナーだったりします。
  

今後3日間の天気予報の英語を解説(冬編)

 
■ところで、ちょっと今

 筆者の手元に毎日購読している

 News Paperがあるのですが、
 
  今日から3日間の天気予報を

 みてみましょう。
     

 
  さて、まず今日は、
   
 ” Fine, with frosts morning and night. Not much wind. “
 
 とあります。
  
 なるほどなるほど、
 
 「今日は天気良くって、

  でも、朝と夜はかなり冷え込みそう。

  風はあんまりない感じだね。」
  

 
■明日は?

 ” Fine weather with westerlies. “
 
 「天気は良好。でも偏西風が吹くのか。」
 
 
 
■それじゃあ、明後日はどうかな。

  ” Mainly fine. Westerlies dying out. “
     
 「おおむね快晴。偏西風も収まっていく。」
 

 
■こんな風に、

 天気予報ってけっこうわかり易い英語で
 
  表現されることが多いです。
   
 
  このぐらいの英語なら
 
  わりとすんなりとわかるでしょ?
   
 
  ですので、
 
  よかったら海外の天気予報なんかを
 
  インターネットの海外のニュースサイトなどを訪問して
 
  チェックしてみてはいかがでしょうか?

 
  英語の勉強になって、
 
  しかも海外の都市にも親しみがもてたりしますからね!

天気予報の英語表現 追加(夏編)


 もう少し天気予報表現を

  追加でお伝えしますね。

  上記のコラムは冬に書いたのですが、

  以下の追加分は夏に書いてみました。

 ” Partly cloudy. Northeasterly breezes. “

  「晴れ時々曇り。北東の微風あり」

 ” Fine to start. Cloud and chance shower with southerly change midday. “

  「始めは晴れ、お昼頃から南寄りの風を伴い、雲が増えて小雨の可能性もあり」

 ” Fine spells and northeasterlies afternoon. “

  「 午後からは晴れ間が広がり北東の風が吹く」