154justtwobucks

ドルを意味するバックスというスラング

今日のテーマ
ネイティブがスラングとして使う「bucks(バックス)」というのは、「dollar(ドル)」のことを意味します。具体的な例を見ていくとともに、このスラングの語源もご紹介

ネイティブは、ドルのことをバックスと言う


■筆者もニュージーランドに移住して、それなりの年月が過ぎました。
 
 
今では当たり前のように使っている言い方も、移住当時はまだ知らないことも多々ありました。
   
 
その1つが、お金の通貨の言い表し方
   
   
■例えば、そうですねえ、友達に、
 
「これいいねえ、いくらだったの?」

なんて聞いて、
   
「Just two bucks!」
  
って返事が返ってきたり、友達同士で飯を食べに行って、わりかんの時なんかは、幹事が、
  
 
「Ten bucks each!」
 
 
なんて言って、みんなからお金を集めている光景を目にしたりしました。
 

 
■このように、英語ネイティブスピーカー達の多くは


「Just two bucks!」
  
とか、
  
「Ten bucks each!」
  
 
といったように
 
「bucks」という言葉を使うんです。
 

バックスの意味はドル

 
■要は、

 
「bucks」=「dollars」
 
「バックス」=「ドル」


ということなんです。

意味は全く一緒で、違いはありません。
 
  

なぜドルをbucksというのか

 
■では、なぜ「dollar」を「buck」って言うのか?
 
 
この機会だからウィキペディアで調べてみました。
 
 
すると、
 
 
「ネイティブ・アメリカン)が白人と取引する際に、貨幣の代わりに鹿の皮(buck)を使ったことに由来する。」
 
 
との説明が載っていました。
 
 
なるほど。
 

バックスは英語のスラングだから?!

 
■ちなみに、普段はごく普通に「buck」を使っている筆者ではありますが、先日、義理の両親宅で食事をしている際に、息子が「2ドル」のことを「two bucks」って言ったら、彼のおばあちゃん(筆者の義理の母のことです)が、
 

「そういう言葉を使うものじゃないわよ、ちゃんと【 dollars 】を使いなさい。」
 
 
との注意の言葉が・・・
 
 
 
えっ、そういうものなの?
 
 
まあ、たしかに「 ~ bucks 」というのは、スラングの類だもんな。
 
   
筆者も義理の両親と話するときには、ちょっと気をつけなくては・・・?!
 

1ドルのときは?

《おまけ》

bucks(バックス)というのは複数形なので、1ドル(one dollar)のときは、単数形のbuckを使って、a buckと言います(one buckとは言わないですね)。

また、数字が大きくなっていったときは、

10 bucks

50 bucks

100 bucks

200 bucks

と、そのままbucks使っていきますが、1000を超えると?

1000 bucks とは言いません。

1000を超えた時のスラングの言い方は、 次回お伝えします。