120nostril

鼻の穴の英語表現

今日のテーマ
鼻は英語で「nose」というのは誰もが知っているはず。でも、「鼻の穴」の英語を正しく言える人は少ないのではないでしょうか。今回は、鼻の穴の英語表現と、その英単語の語源を学習

鼻の穴を英語で言ってみて下さい


■今日のテーマは「鼻の穴」?
 
 
はい、そうです、「鼻の穴」です。
   
「鼻の穴」をあなたに英語で言っていただきたいのです。

いいですか?
 
 
それではどうぞ!
 
 
  ↓
 
  ↓
 
あなた「えーっと、鼻は「 nose 」だから・・
 
    そして、それの穴だから・・・
      
    わかった!
      
    『 nose hole 』だっ!」
 

本当にそれでいいですか?

あなた「おっとちょっと待てよ。
 
    確かにこれでいいだろうけど、
      
    鼻の穴は2つあるから
      
    複数形で『 nose holes 』だな!
      
    あぶない、あぶない、

    ケアレスミスするとこだった・・」
  
  
■単数・複数の注意力もあってなかなか鋭いですね。
  
その考え方はいいですよ。
 
 
会話の中で穴が「1つ」のことをさしている場合は単数、「両方の穴」のことをさしている場合は複数。
  
この考え方はあってます。
  
 
しかし、残念ながら、
 
「 nose hole ( nose holes) 」は間違いです!
 
 
注:昔々は使われていたようです。また、小さい子供なんかも、まれに使ったりすることもあります。
 

鼻の穴の英語の正解と発音の仕方

 
じゃあ、何て言うの?
  
答えは、
 
 
「 nostril 」
 
 
発音はちょっと難しいです。
  
「ノストロー」みたいな感じで発音します。

(アメリカ英語では「ナストロー」の方は近いかな)

なんだか面白い読み方ですよね。
  
 
単数形(鼻の穴ひとつ)だったら「 nostril 」、
 
複数形(両方の鼻の穴)だったら「 nostrils 」
 
ということになります。
  

 
■なんだか、簡単そうでいて、実は知らなかったりする単語がありますが、この「 nostril 」なんかはその典型かも知れませんね。
 
是非この機会に覚えてくださいね。
   

nostrilの語源

   
■ところで、

「なんで、「 nostril 」って言うのか?」
 
 
それは、古記英語において「nose」は「nosu」、「hole」は「thyrel」という単語が使われていたようです。


この「nosu(鼻)」と「thyrel(穴)」をくっ付けて、「nosthrl」という単語が生まれ、それが後に「nostrille」となり、最終的に現在の「nostril」という単語になったといわれています。
  
 
■こういう成り立ちを知ると、「単語」というのは、何百年という時間と共に変化をし続ける、まるで「生き物」のような存在ですね。