176across-the-street

道路の反対側・向こう側の英語表現

今日のテーマ
「道路の反対側」「通り挟んで向かい側」「道の向こう側」といった場所の説明をする際の英語表現を学ぼう


■先週末に、知人が経営するカフェがオープンしました。
 
 
元々は車の修理場だったようなところを、仲間の力を借りて、大改装して、おしゃれなカフェに大変身させてしまったのです。
   
 
■自分も、改装中から時々店内を見る機会があったのですが、当時はとてもとても現在のような内装になるとは、想像もつきませんでした。
   
 
本当にすっかりおしゃれな倉庫風のカフェに、生まれ変わってしまったのですから。
   

道の反対側を英語で説明する際の間違い例

 
■さて、そのカフェですが、どこに立地しているかというと、ピザ屋さんから、通りを隔てた反対側にあるのです。
 
   
この「通りを隔てた反対側」、
 
別の言い方をすれば、


「通りを挟んだ向かい側」

「道の向かい側」

「道路の反対側」
 
というのを英語でどのように表現するか?

     
 
「There is a new cafe in front of a pizzeria.」
 
 
これで正解?
  
 
残念ながら不正解ですっ!
  

  
■以前、英会話の先生に、「日本人はこういう表現のときに、「in front of」を使う生徒が多いのよね」
   
という話を聞いたことがあります。
   
 
でも実際はネイティブは、「in front of」は使いません。
   
 
「in front of」を使うと、すぐその目の前って感じになるので、そんなすぐ目の前にカフェがあったら、ピザ屋さんも困っちゃいますよね(笑)。

道の反対側を英語で説明する正しい言い方

    
このようなときは、
   
   
「There is a new cafe opposite a pizzeria.」
   
 
というように
   
「opposite」
 
を使うことが出来ます。
   
  
「opposite」というのは、何かと何かが向かい合っている状態です。
 
 
だから、新しいカフェとピザ屋さんは通りを挟んで、向かい合っている状態になりますので、
   
 
「There is a new cafe opposite a pizzeria.」
  
 
と言うことが出来るのです。
   
 
■友達とかに、場所の説明なんかをする際に、便利な言葉となる「opposite」。
 
覚えておいたら役に立ちますね。

「通りの向こう側」とだけ言う場合の英語


■さて、「○○と道路をはさんだ反対側」のように「○○の」と言うときは「oppoiste」を使って、このように表現すればいいですが、ただ単に、「通りの向こう側」という時はどうしましょう?
 

 
■例えば、あなたの奥さんが、通りの向かい側にあるコンビニにちょっと行っている、というのを英語で言うとしたらどう言うか?
 
このようなときは、
   
「 My wife is just at a convenience store across the street. 」

というように
   
「across the street」

という言い方をするのです。

 


「across」という単語は、

「~を横切っての」とか、
 
「反対側に向っての」

というようなニュアンスの意味があり、

 
「通りを横切っての」
 
「通りの反対側に向っての」

というような意味ともなり、要は、

「通りの向かい側」

「通りの向こう側」

となるのです。
   
   
 
■この、 
 
「across the street」
 
 
という英語も、日常会話にはバンバン出てくる表現ですね。
 

まとめ


この新しいカフェの場所を表現する際、

「The new cafe is located opposite the pizzeria. 」

のように、oppositeを使った英語表現以外にも、後半にご紹介した 「across from」を応用した、

「The new cafe is across the street from the pizzeria. 」

「The new cafe is right across from the pizzeria. 」


のような言い方も出来ます。