156resit

「追試」「追試を受ける」の英語表現

今日のテーマ
「追試」「追試を受ける」を英語で言う際の表現を覚えよう。特に学生の人は、ですね

■今回のタイトルは

 「追試」

 
  なんだか嫌な響きだなあ、
 
  なんて過去を思い出したりしていませんか?
 
   
  さすがに筆者にとっても
 
  高校・大学時代を思い出すと
 
  けっこう昔の話になりますが、
 
  只今も海外で学生の身分でもある筆者にとっては
 
  今もこの言葉に怯えながら日々生活しているわけです(笑)。
 
   
  この前の試験(コンピュータの)でも
 
  クラスメートの半分は「追試」対象に。
   
 
  筆者は努力の甲斐あり、
 
  「追試」逃れることが出来、
 
  とりあえずほっとしたりしているわけですが・・・
 

追試(名詞)はresit

    
■この「追試」という、

 ちょっと嫌な言葉。

 英語では、
 
 「resit」
 
 といい、
  
 「リーシットゥ」

 みたいに発音します(正しくは辞書を見て下さいね)。
  
 
 ※イギリス英語では「resit」といいますが、
  アメリカ英語では「make-up」というようです。

 
■でも、
 
 どうして追試のことを英語で「resit」って言うんだろう、
 
 って思いませんか?
 
  
 それは、
  
 「試験を受ける」
 
 というのは英語で言うと、
  
 「take an exam」


 とも言いますが、
  
 
 別の言い方で、
 
 
 「sit an exam」

 
 とも言うんです。
 
  
 「sit」という単語を使うんですね。

 で、
 
  再度「sit」しなくちゃいけないわけですから、
 
 「resit」になるんです。


追試を受ける(動詞)もresit


 この「resit」という言葉は、
 
  名詞(追試) としてだけでなくって、
 
  動詞(追試を受ける) としても

 次のように使うことが出来ます。   
 
 「I have to resit an exam.」

 (試験の追試受けることになっちゃったんだ・・・)
 

 
■それにしても「resit」って嫌な言葉だなあ・・・
 
 
 日本にいる時は知らない言葉でしたが、
 
 こちらに来てからは常にこの言葉と背中合わせ。
 
 
 まあ、そのおかげで
 
 この単語を覚えられたからいいっか・・・