104evacuate

避難訓練の英語表現

今日のテーマ
海外に居ると、いつどこで避難訓練に遭遇するかわかりません。避難訓練だとしても、実際の緊急災害だとしても、「Evacuate immediately!」の英語アナウンスには気を配っておこう。避難訓練の英語表現についても説明

Evacuate immediately!


 その日は、

 いつもとさしてかわらない
 
  穏やかな午後のひと時でした。
   
 
  筆者は事務所で事務処理をしていると、
 
 
  いきなり
   
  「ウッ~~!!」
   
  っというサイレン音が。
 
   
  それに引き続いて、
 
 
  ” Evacuate immediately! “
  ” Evacuate immediately! “


  ただちに避難して下さい!
  ただちに避難して下さい!  
 

 という緊急案内放送のアナウンスが

 建物内に響きわたりました。
   

   
■筆者は「何事だ!」とばかりに

 そそくさと貴重品だけ持って
 
  建物の外に脱出しました。
 
   
  しかし、
   
  建物の外ではみんな楽しそうに談笑。
 
   
  そう、
   
  ただの避難訓練だったんですね(苦笑)。
   

避難訓練を英語で言うと


 避難訓練(防災訓練)は英語で、

 「evacuation drill」

 と言います。


  もしくは、

  「emergency evacuation drill」
  「 fire/earthquake drill 」
  「 emergency exercise 」


  などとも言います。

 ここで「drill」

 という言葉が使われていますが、

 「drill」というと、

 小学校の時とかの勉強に使った

 「算数ドリル」「漢字ドリル」

 なんてのを思い浮かべるかもしれませんね。

 「drill(ドリル)」という英単語には

  幾つか意味があって、

 学習に使う「ドリル」という意味や

  穴をあける工具としての「ドリル」もあるし、

  それと今回のような、

  「緊急時の訓練・演習」

  という意味もあるんです。

緊急避難の英語アナウンスは覚えておこう

 
■まあ、今回は

 ただの「避難訓練」だったからいいですが、
         
  この
 
  ” Evacuate immediately! “

 というフレーズは

 覚えておいた方がいいですね。
   
 
  だって、
 
  実際の本当の災害の非難時にも
 
  当然同じような放送が流れますかね。
   
   
” Evacuate immediately! “
 
 
  よく使う英語ではないかもしれませんが、
 
  海外での緊急時のために、
 
  絶対に覚えておきたい英語フレーズです。