047arbeit

正社員の英語表現

今日のテーマ
「アルバイト」が実は英語ではないというのは、知っている人も多いかと思います。では、「アルバイト」や「パート」の英語では正式な言い方は?また、正社員のことは英語で何と呼ぶか等についても知っておこう


 英語っぽいけど、
 
  実は英語ではない単語で有名なものに
 
  「アルバイト (Arbeit)」ってありますよね。
 
 
  「 Arbeit 」は英語ではなくドイツ語。
 
   
  きっとこのことは
 
  あなたも知っていたんじゃないかと思います。
 
 
  日本語でいえば、
 
  「学業・本業のかたわらで、収入を得るための仕事」
 
  という意味です。
 
 

パート・アルバイトを英語で言うと

  
■それと正社員でない雇用として、

 「パート」ってありますよね。
 
 
  英語の「 Part-Time Job 」の略です。
   
 
  日本では、

 主に主婦の方が仕事をしている場合、

 正社員ではなく、「パート」と呼ぶことが多いですよね。
 
   
  でも、海外では

 別に性別も年齢も関係ありません。
 
  国や企業によって規定はったりもしますが、
 
  基本的には「週40時間未満」の雇用形態を

  「 Part-Time Job 」 と呼びます。

 
 したがって、

 アルバイトも 「 Part-Time Job 」 です。

正社員の英語での言い方

    
■それでは、

 「週40時間」の雇用形態は何と呼ぶか?


  「 Full-Time Job 」です。
 

■しかし、「 Full-Time Job 」だからといって、
 
 正社員(正社員の定義にもよりますが)とは言い切れません。

 なぜなら、

 期間限定雇用の 「 Full-Time Job 」 と、

 無期限雇用の 「 Full-Time Job 」 があるからです。

 期間限定の場合は「Temporary position」

 無期限の場合は「Permanent positon」

 になります。

 日本でいう正社員って、

 週40時間仕事があって、
 
 基本ずっと続けられる仕事ですよね。


 そうなると、

 日本でいう「正社員」に該当するのは、

 「 Full-Time Job 」

 なおかつ

「Permanent positon」

 であるとうことになります。

日本と海外の正社員の違い

     
■日本ではパートと正社員の雇用条件の差が大きいことが、問題となったりしていますよね。

 海外の方が、その差は一般的に小さいです。
 
 
 「 Part-Time Job 」の条件が

 海外は日本と比べて良いということもあります。


 しかし、

 
 「 Full-Time Job 」の条件が

 海外は日本ほど手厚くないという現実もあります。
 

   
 企業による

 厚生年金の一部負担といったものや、

 住宅補助、家族補助、交通費支給

 といったものは普通はありません。


 ボーナスだって退職金だって、

 普通の従業員はありません。
 

 
■ですので、

 日本と海外のどちらが

 雇用条件が良いかはなんともいえませんね。
 
 
  一長一短です。
   
 
  ただ「格差」が小さいということは
 
  良いことではないかと個人的には思っています。