141argue

口喧嘩(口論)と議論は違うもの

今日のテーマ
日本では、問題の核心を言わないでも相手は察して理解すべきものとか、時間が解決する、という風潮がありますが、海外ではそれは通用しません。問題があれば話し合い(議論)をして解決します。口論(口喧嘩)とは違って、問題を解決するための手段です


■今回は、

 英語ネタというよりも、
 
  日本と西洋世界との
 
  文化・習慣の違いについてお話をしますね。
 
 

海外では議論/話し合いが基本


■どういう話かというと、

 
  外国に住んでいて
 
  筆者がひしひしと感じることは、

 西洋人というのは日本人と比べて
 
  議論が好きだということ。
 
 
  もしかしたら、
 
 「議論」という言葉は

 ちょっと大袈裟かもしれませんが、

 何か問題があった時に、
 
 時間が解決してくれるだろう
 
 みたいな解決方法はあまりとりません。
  
 
  お互いにしっかりと
 
 話し合って物事を解決する。

 
 
 これが基本だということ。
 
  
■だから、何か小さい問題があって

 「まあ、それほど大袈裟にもしたくないし、

 今回はまあ、黙っておこうかな。

 そのうち時間が解決してくれるだろう。」

 
 などと自分が思っていても、
 
 相手はそうはさせてはくれません。
 
 
 「時間が解決」

 
  などという手は使わせてくれないのです。
   
   
  徹底的に話し合い。
 
 
  これによって解決します。
   

日本人の自分は議論下手

 
■そして、

 こちらの人達は、
 
  議論というか、話し合いというのが
 
  うまいというか、慣れているんですね。
 
 
■筆者なんかは、

 海外移住当初は、
 
  そいうった議論(話し合い)に

 あまり慣れていなかったので、
 
  議論の最中に

 ついつい感情的になってしまうんですね。
 
 
  ちょっと怒り気味に

 相手に言葉を発してしまったり、

 
  論点からずれて、
 
  相手のものの言い方に文句をつけてしまったり。
 
 
 
  こういった傾向は筆者に限らず、
 
  日本人の傾向としてみられるようです。
 
 
  おそらく、
 
  あまり意見のぶつけ合い

 ということを好まない日本人は、
 
  そのような機会に慣れていないのでは、

 とも思います。
 
 
 
  だから、そのような状況になると、
 
  相手に対して不快な気持ちがおこり、
 
 「なんて失礼なやつだ」

 みたいな感情が沸き起こってくる。
 

 そして、議論ではなく、
 
 口喧嘩のようになってしまう。
  

議論と口論は違う

 
 一方、

 きちんと議論の出来る多くの西洋人は、
 
 あくまでの問題を解決することに

 重点をおいているので、
 
 変に感情的になることもないですし、
 
 相手の意見をきちんと聞いて
 
 お互いの問題解決への道を

 探していこうとします。
  
 
■このことは筆者が海外に移り住んで
 
 強く感じたことです。
 
 
 もちろん、
 
 議論と口喧嘩をはきちがえてしまっている
 
 西洋人もいるでしょうが、
 
 「議論」と「口喧嘩」の違いをしっかりと

 わかっている西洋人が非常に多いというのが
 
 筆者が感じるところです。
   
 
■最近では、
 
  筆者も「議論」というものに慣れてきて、
 
 「口喧嘩」に発展するようなことは

 減ってきたと思います。


 「議論」のあとは

 正直ぐったりと疲れますが(英語ですしね・・)、
 
 相手が考えていることも

 はっきりと理解できますし、
 
 これから今後お互いが

 どのようにしていくべきかも
 
 わかるわけですから、
 
 気持ちはすっきりしますよね!