056dog

Dogの動詞での意味と使い方

今日のテーマ
「Dog」の意味はもちろん「犬」ですよね。でも、Dogを動詞として使った際の意味も知っていますか?Dogの動詞での意味と使い方も知っておこう


 あなたは何かペットを飼っていますか?
 
 
  我家には2歳ちょっとになる愛犬がいます。
 
  種類は「ペキニーズとチワワの混血」。
 
 
  めちゃめちゃ可愛いです!
 
 
  妻に3、4年もの間
 
  「犬飼いたーい、犬飼いたーい、」
 
  とせがまれつつも
 
 
  「面倒も大変だし、お金もかかるし、」
 
  などと言って首をたてに振らなかったのですが、
 
  今では筆者が一番可愛がっているかもしれません。
 
 
  まあ、元々犬大好きだったんですけどね。
 
  (いい加減な気持ちでペットを飼いたくなかっただけなのです)
 

 
■犬を英語で何て言いますか?

  こんな質問はきっと小学生でも答えられますよね。
 
 
  そう、「 Dog 」です。
 
  (あたりまえか)

Dogは動詞での意味


  でもこの「 Dog 」という単語、
 
  名詞だけじゃなくって動詞としても意味もあるんです。
 
 
  知ってました?
 
 
  動詞としての「 Dog 」は、
 
 
  「つきまとう」「追跡する」「追い掛け回す」
 
  って意味があるんです。
 
   
  犬のようについてまわったり、
 
  どこにでもついてきたり、
 
  根気よくあとを追ったりとするところから
 
  このような意味として使われるようになったようです。
 
   

Dogを動詞として使った英文例


  「 The police dogged the suspect. 」
 
  「警察は容疑者の後を追跡した。」

 
   
  こんなふうに実際に何かを追跡(あとを追う)
 
  場合の英文にも使えますし、
 
   
  「 He was dogged by debts. 」
 
  「彼は借金におわれている」

 
   
  というような言い回しにも使えます。
 

Dogは形容詞にも変化する

  
■またそこから派生した言葉で

 「 dogged 」という形容詞もあります。
 
 
  しつこく後を追ったり、その一心さから
 
  「根気強い」「粘り強い」「頑固な」
 
  といった意味として使われるのです。
 
 
  「 dogged determination 」
 
  「固い決意」
 
 
 
  「 dogged efforts 」
 
  「粘り強い努力」
 

   
  このように使えるわけです。
 
   
 
  こういう意味をみると「犬」もたいしたものですね。
 
  (見習わなくては!)