057post

ポストの意味と反対語

今日のテーマ
郵便以外で使われる「post」という単語について。「post」の反対語についても解説しています


さあ、今回のテーマは「ポスト」。
 
 
「へぇ、今回は郵便編ってこと?」
 
 
って思いましたよね。
 
 
郵便編を期待していたら、ゴメンナサイ。
 
 
確かに、ポスト( POST )なんですけど、今回のポストは郵便とは全く関係ない「 POST 」なんです。
 
   
もうちょっと正確に言うと、「 post- 」の使い方ということです。
 

postの意味

 
■それじゃあ、この「 post- 」って何かというと、日本語に訳せば、 「~の後の」「~の次の」ということになります。
   
 
きっとあなたも「 post- 」を使った単語を聞いたことがあると思います。
 
 
例えば、
   
「 post-World War 2 」
(第2次世界大戦後)
 
とか、
 
「 post-September 11」
(9.11テロ以後)
 
 
日本語でのニュースでも「ポスト-」っていう英語の言い方で表現されることが、たびたびあるはずです。
 

    
■この「 post- 」は他の英語の単語に置き換えれば、「 after 」になります。
 
  
ですので、上記の単語は、
 
 
「 after World War 2 」
(第2次世界大戦後)
 
とか、
 
「 after September 11」
(9.11テロ以後)
 
 
とも置き換えられるわけです。

   
■この「 post- 」という表現方法は、一般会話というよりかは、時事ネタとしての英語によく使われます。
 
 
「 post-apartheid 」
(アパルトヘイト撤廃以後)
 
「 post-cold war 」
(冷戦後)
 
「 post-election 」
(選挙後)
 

 
などがそうです。

postの反対語


■ちなみに、それじゃあ「 post- (~の後の)」の反対は?っていうと、
 
 
「 ante- 」 (~の前の)
 
になります。
 
 
 
「 ante-Christum 」
(紀元前)
 
とか、
 
「 ante-bellum 」
(戦争勃発前)
 
 
などがそうです。
 
 
 
しかし、「 ante- 」は「 post- 」と比べると、使われることはあんまりありません。
 
 

■ちなみに、「 post- 」が「after」に置き換えられるように、「 ante- 」は「before」に置き換えることが可能です。