110sulky

拗ねる・ふてくされるの英語表現

今日のテーマ
「拗ねる」「ふてくされる」の英語表現を学ぼう。親子間では特によく使うケースが多そうです


我家ではよく夕食を終えた後に、家族でゲームをするんです。
 
 
もしあなたが家族を持っていて小さい子供がいたら、きっと食後のゲームは定番かもしれませんね。
 
   
現在、筆者の息子は8歳ですが、ひと昔前まではゲームをやるとちょっと大変でした。
   
 
■きっと誰でもゲームで負けたら、あんまりいい気はしませんよね。
 
 
「でも、ただのゲームなんだから結果は別にいいや」
 
と普通は思います。
  
 
でも、小さい子供にはそうはいきません。
 
やっぱり負けたらすごく悔しいんです。
 
 
そうするとどうなるか。
  
 
「すねるんです」
  
 
彼にとってはゲームの負けというのは、とっても大きいこと。
  
「まあただのゲームだから別にいいっか」
 
と割り切れるような歳ではないのです。

拗ねるを英語で言う

   
■この「すねる」という状態。

  今回のような状況は英語で言うと、

   
  1.「 He is being sulky. 」
   
  2.「 He is sulking. 」
     
  もしくは、

  3.「 He has the sulks. 」
     

 
■ちょっと単語の説明をすると、
 
上のセンテンスの1は、
 
形容詞の「sulky(すねた)」を使った例。
 
 
センテンス2は、
 
動詞の「 sulk (すねる)」の進行形。
 
 
センテンス3は、
 
名詞の「 sulk (すねること、不機嫌)」を使っています。

 

 
■どれも普通に使える表現ですが、筆者の日常生活でみると、よく使われるのは、

1の「 He is being sulky. 」と
 
2の「 He is sulking. 」ですね。
     

ちなみに発音は、

sulkは、スォクッ

sulkyは、スォキィ

みたいな発音の仕方をします。

being sulky(拗ねた)子供には優しく言葉を掛けてあげる


■さあ、単語の説明から、ゲーム中のシチュエーションに話を戻しますと、こういう子供がすねた状態なると親はちょっと困りもの。
 
 
逆切れしてこっちも、「 Being sulky 」状態になるわけにもいきませんしね。
  
こういうときは、優しく

 
「 Stop your sulking, honey. 」
  
「 Stop being sulky, my sweetie. 」

  
 
と言った後に、
 
  
「 This is just a game. It doesn’t matter who wins. The important thing is that we are having a nice time together playing the game. 」
    
  
「これはだだのゲームなんだよ。誰が勝つかなんて重要じゃないんだ。大切なのは家族でゲームをやって、楽しいひとときを一緒に過ごすことなんだよ。」
  
 
と伝えてあげる。
  
 
そうすると、最初はすねていた子供も、親が言っている意味を理解して、 
 
「 Sorry, daddy. Do it again? 」
 (お父さんごめんなさい。ねえ、もう1回やろうよ?)
 
  
なんて言ってくるものです。

おまけ

拗ねる・ふてくされるの英語表現は、

形容詞:being sulky
動詞 :sulk

以外にも、

形容詞:being pouty
動詞 :pout

という英単語を使って
表現することもできるようですね。