181petrol-station

ガソリンスタンドのイギリス英語での言い方

今日のテーマ
ガソリンスタンドは正しい英語なのか、それとも和製英語なのか。アメリカ英語とイギリス英語とでは、ガソリンスタンドの呼び方も異なるといいます。それらについて学んでおこう

ガソリンスタンドは和製英語?!


■前回は、
 
  近所にあったガソリンスタンドのお話で、
 
  近所のガソリンスタンドがliquidation?!

 をお伝えしました。


■そして、

 話の中では何度も、

 「ガソリンスタンド」、

 「ガソリンスタンド」

 という言葉を連呼しましたが、
 
   
 
  実は、
 
  筆者の住むニュージーランドでは、
     
 「ガソリンスタンド(gasoline stand?)」
 
 とは言いません。
  
 
 と、いうか、
 
 
 「ガソリンスタンド(gasoline stand?)」

 
 って和製英語です・・・(要注意!)

 
 
 (厳密には、はるか昔に
  「gas stand」とは呼んでいたらしいですが)

アメリカ英語ではGas Stationですね

   
■それじゃあ、

 英語でなんて言うかっていうと
   
 「 gas station 」


 という言葉が
 
 あなたの頭に浮かんだかもしれませんね。
  
  
 正解です。
 
  
 「ガソリンスタンド」は英語では、
 
 「 gas station 」
  
 といいます。
   
 
■ところが、

  筆者の住むニュージーランドでは
   
 「 gas station 」
  
 という言い方はしないんですね。
  
 
 この言い方は
 
 主にアメリカで使われている言い方でしょう。
 
 (州によって違う場合もあるでしょうが)

イギリス英語ではPetrol Station

   
  それでは、こちらでは何と言うかというと、
     
 「 petrol station 」

  言います。
   
 
  イギリス系の言い方ですね。


 もしくは、

 「 service station 」     
 
 です。



  なので、
 
  こちらに住んでいて一度も
   
 「 gas station 」

 という言葉を聞いたことはありません。
   
 
  ましてや、
   
 「ガソリンスタンド(gasoline stand?)」なんて!(笑)
 
   
■こんなように、

 日本で使われている英語が
 
  実は英語圏では通じない和製英語であったり、
 
  英語圏でも国や地域によって
 
  違う表現であったりする場合があります。
 
   
  こういったことは、
 
  日本にいると実感としてわかりずらいかもしれませんが、
 
  こういうケースがあるんだな、
 
  という程度の知識はもっておくと役立つはずです。
 
 
  今回のような具体的な例があったら
 
  またこのブログでもあなたにお伝えしていきますね。