054humblepie

絶対に許さないと英語で言う表現方法

今日のテーマ
相手が明らかに悪いのに、謝ってさえもこない。そのような場合は、これは「your fault」であるし、自分は絶対に許さないよ、という気持ちを伝えたいこともあるかもしれません。そのようなケースでの英会話例です


今回で「謝る」シリーズの最終回になりますね。
 
今までの「謝り方」「許してあげ方」はOKですか?
 
本当に実生活ではよく使えるので覚えておいてくださいね。
 
 
 
で、今回は
 
 
「絶対に許さないぞー!」
 
 
ってパターンの英会話の練習です。
   
 
まあ、そんなこともきっとあるかもしれませんからね。
 
   
それではいってみましょう!
 
   

絶対に許さない!というパターン1


 
■例えばこんなケ-ス(あなたが女性だとして)

「仕事帰りにちょっと洒落た飲み屋に同僚と行ったら、店内の反対側のあたりにあなたの彼氏と綺麗な女の人が、しかも手を握りあって.....


次回のデートの時、彼氏にそのことを問いつめたら
  
「 I’ so sorry. I’ll never have an affair again. 」
  
    
さて、あなたは何て答える?
 
   
「I will never forgive you. Our relationship is over now! 」
 
「絶対に一生許さないからね。もうこれで私たちの関係は終わりよ!」

 
   
こう言っちゃっていいですよ。

私はあなたを許さないわよっ!絶対に!!」

という感じです。
 
男女を問わず、浮気は最低!
 
浮気をする相手なんて信用しちゃ駄目!!
 
許したらまたするよ(ホント、ホント)。
 
 

絶対に許さない!というパターン2



■次はちょっと違ったパターン。

サッカーの試合で、チームメートが凡ミスを。大切な決勝戦だったっていうのに...
 
いつも偉そうなことをいって他のチームメイトを批判しているくせに、大事な試合で彼のおごったプレーで今までの皆の努力が台無しに。
  
試合後、さも悪そうなそぶりもみせずに、
  
「 That was just bad luck. Never mind. 」
  
    
って、お前なに様のつもりなんだよ。
 
 
「 Hey! That’s not bad luck. That was absolutely your fault. We’ve come to eat humble pie. 」
  
「おいっ、あれは、ついてなかったっていう問題じゃないぞ。明らかにお前のミスだ。そのせいで俺達は屈辱を味わったんだ。」
  
  
「 eat humble pie 」の意味は、「屈辱を味わう(なめる)」。
  
   
この「 humble pie 」というのは昔、下級階級の人達が食べていた臓物を使った粗末なパイのことです。
     
 


■こんな風に

「いやいや、絶対に許さないよ」
 
って言いたくなることがあったら、今回の英会話を参考に使ってみてください。
 
 
あっ、
 
でも使う機会がないことを願っていますけどね。