127yoroshiku

「よろしくお願いします」を英語で言うには、伝えたい内容による

今日のテーマ
多くの日本人が英語に訳すのに困る「よろしくお願いします」について考えていきます。あなたにとってのヒントになると思います

  さて、も今年最後の配信となりました。
 
  今年も一年間、有難うございました。
 
  来年もどうぞよろしくお願いします。
 
 (この講座は、以前メルマガで配信した内容です)

よろしくお願いしますを英語に訳す



■さて、

  ところで、
   
  この「よろしくお願いします」という日本語。
 
 
  あなただったら英語で何て表現します?
 
 
  ?
  ?
  ?
 
  ↓
 
  実は、
 
 「よろしくお願いします」という日本語を
 
 英語でなんて表現するかってのは

 結構むつかしいんですよね。
   
 
 だって、
 
 この「よろしくお願いします」という言葉って、
 
 状況によっていろんな意味がありますよね?
 

日本語の「よろしくお願いします」には色々な意味がある

 
■初めて会った人に「よろしくお願いします」。

  子供を誰かに預けて「よろしくお願いします」。
   
  仕事の取引先で「よろしくお願いします」。
   
  今後ともご声援を「よろしくお願いします」。
   
  英会話の先生に挨拶で「よろしくお願いします」。
   
  来年も「よろしくお願いします」。
   
  何だかわからないけど、とりあえず「よろしくお願いします」。
 
 
  などなど。
 
  こんな色々な「よろしくお願いします」を
   
  一律の英語表現で済ますことなにて実は不可能なんです。

     
 
■初めてあった人への「よろしくお願いします」は単に、

  ” Nice to meet you. “
   
  であったり、
 
  ” Let’s keep in touch. ” (これからも連絡取り合おうね)
   
  だったりいろいろです。
 
 
  あなたが相手に何を伝えたいかによります。
   
 
  会えたことの喜びを示したいのか?
 
  これから良い関係を築いていきたいことを伝えたいのか?
   
  それらを明確にして伝える必要があります。
 
   
  そうでないと何を「よろしくお願いします」なんだか・・・?
   
 
■でも、英語だからといって

 いつでも直接的な明確な言い方で伝えるとも限りません。
 
 
  例えば二つ目の例の子供を誰かに預ける際の「よろしくお願いします」。
 
 
  本心は、
 
 
  子供なんでいろいろと迷惑をかけることもあるでしょうが、
 
  まだ子供なんでその辺は多少大目に見て欲しいなあ。
 
  それに、大切な自分の子供なんでくれぐれも危ない目にあわせたり
 
  責任感に欠く面倒の見方はしないで下さいね。
   
 
  などという場合でも、
 
  このままこれを英語で言うわけではありません。
 
 
  もちろん、これらを少しオブラートに包んで
 
  言ってもいいわけですが(その必要性がある場合もありますが)、
 
  通常は、
   
  ” I deeply appreciate you looking after my kids. Thank you. “
   
  などのように言えば相手もあなたの意をかいしてくれるものです。
   
 
■また、仕事なんかでは「よろしくお願いします」という意味が、

  ” I hope the business will go well for both of us. “
 
   (お互いにとってビジネスを良い方向にもっていきたいですね)
   
  と表現する場合が適切なこともあるでしょう。

結局、あなたが何を言いたいかによって「よろしくお願いします」の英訳は変わる


 
■このように、

 「よろしくお願いします」という日本語は

  状況によっていろいろな英語表現にかわります。
 
 
  日本語では連発するとっても便利な
   
 「よろしくお願いします」
  
 という言葉ですが、
 
 
 英会話の際は、
 
 あなたの頭の中から
 
 この「よろしくお願いします」言葉をいったん取り去って、
 
 あなたが何を相手に伝えたいのかを整理してから
 
 それを相手に伝えるようにするといいと思います。

 

■さて、冒頭に申し上げた筆者からの

 「よろしくお願いします」ですが、

 これを英語で言いますと、

 (この講座は、以前メルマガで配信した内容なので)
  
  “Did you enjoy my mail newsletters this year?
 
  I will try to provide even more useful and enjoyable information to you next year. Thanks. “
 
 
  と、いうことで
 
 「来年もどうぞよろしくお願いします」

  I look forward to seeing you next year.