014heissheis

英語で彼氏、彼女を紹介する

今日のテーマ
海外であなたの彼氏(旦那)・彼女(妻)の正しい紹介の仕方を知っておきましょう。「This is 名前」で紹介するのが正解です

海外では、彼氏(旦那)・彼女(妻)同伴があたり前

  仕事仲間や遊び仲間とのパーティーなんかに行く際、

  欧米社会ではカップルで一緒に行くのが一般的です。
 
 
  結婚していたら奥さんや旦那さんを。

  もしまだ結婚していなかったら彼女や彼氏。
 
  そして、もし彼氏も彼女もいなかったら

  これをチャンスにお気に入りの子を誘ったりしちゃうのです。
 
 
  そうやって友人関係は

 「カップル同士で」
 
  という形で発展していくのです。

 
  ちょっとこの辺は日本とは違いますよね。
 
  日本では友達同士の間でも、

  彼氏や彼女の存在をよく隠したりしてますよね。

 
  両親にも結婚寸前まで秘密にしておいたり。

英語で彼氏・彼女を紹介する

 
 
■さて、

  パーティー会場であなたの友達に会ったら

  あなたの彼氏・彼女を

 (こちらでは「パートナー」と一般的に呼びます)
 
  紹介することになります。
 
 
  それじゃあ何て紹介します?
 
 
  「She is my girlfriend, Maria.」

 
  なーんていったら彼女、

  かなりムッとするでしょうね。

 
 「えっ、なんで?」

 と思いましたか?

 それは、
 
  彼女自身を目の前にして

 3人称(She)で呼ぶなんて失礼です!

 
 
  日本語にすれば、

  「彼女は僕のガールフレンドのマリアです。」

  と、普通の表現で問題なさそうなのですが、

  英語ではそうではないのです。

 
  こういう違いは、英語を単に和訳してもわかりませんよね。

  表現の仕方の常識・非常識の問題といったらいいかもしれません。

「私の彼女です」正しい英語で紹介すると



■それじゃあ正しくは、

 何と言って紹介すればいいのかというと、
 
  Thisを使って、
 

  This is my girlfriend, Maria.」
 

  になるのです。

 
  ここにいるのですから、

  「This」です。


  「This is 名前(人名)」

  という紹介をするのが正しい言い方です。
 
 
  これなら彼女もニッコリです。
 
 
  くれぐれも紹介の際は気をつけてくださいね。 

  けっして彼女(彼氏)にムッとされることのないように!

本人が目の前に居ない際は?

■それでは、

  彼女がその場に居なくて

  彼女を話題にする場合は?
 
 
  普通に考えたら
 
  「She」
 
  を使いますよね。
 
 
 
  確かに「She」も使います。
 
 
  しかし、
 
  相手もあなたの彼女のことを知っている人だったら

  普通は3人称ではなく、

 きちんと名前を使うことが多いです。
 
 
  日本だったら
 
  「いやあ、最近妻がねぇ・・・・」
 
  とか、
 
  「彼ったら・・・・」
 
  といった風にいうところですけど

  (特に男性で奥さんを名前で言うことって少ないですよね)。
 
 
 
  欧米社会ではちょっと違うのです。
 
  名前を使いながら会話をします。
 
 
  「Yuria」
 
 「Naomi」
 
 「Nana」
 
  なんだって構いません。
 
  もしそれがあなたの彼女の名前だったら(間違えずにねっ!)。
 
 

■西洋社会では行動の基本は「カップルで」です。

  パーティーに行くのも一緒ですし、友人同士で遊ぶ時も、

  人の家に招待される際も。
 
  日本人には、ちょっと馴染みにくいと感じる人もいるかもしれませんが、

  それによって人間関係が広がるという良さもあります。
 
  日本もいつかそんな風に変わってくるのかもしれませんね。


最近は、彼氏彼女のことをPartner(パートナー)とも呼ぶ

 《 追記 》

■最近では自分の彼氏・彼女や旦那・妻のことを

 「Partner」と呼ぶケースが多くなってきています。

 ネイティブの友人によると、

 「前はパートナーなんて呼ぶ人はあまりいなかったのにな」

 と言っていました。


 
 最近では、

  結婚という形態はとらないカップル(事実婚:De Facto)も増えています。


 また、

 同性結婚(civil union)を認める国も増えてきています。

  こういったことも言葉の変化の背景にあるのでしょう。