077whynot1

今日のテーマ
「Why not?」には、「人に誘われたり、お願いされた時」に使うケースと、「相手の返事に対して使う時」との2パターンの使い方があります。それぞれの例について学んでいこう

「Why not?」の使い方 パターン1(人に誘われたり、お願いされた時)


「Why not?」
 
 
このセリフってどんな意味だと思います?
 
   
(知っている人は「し~っ!(内緒ですよ)」)
 
 
 
「 why 」は「何故」で、
 
「 not 」は否定形で...
 
 
「何故じゃないのは?」.....
 
  
それとも、「じゃないのは何故?」... 

なんだこの訳は??
 
 
 
■「Why not?」という英語は、実はけっこういろろな使い方があるんです。
 
 
今回はその中の、ちょっと便利で、かつ、ちょっとネイティブっぽい使い方をご紹介しましょう。

Why notの使い方の例文紹介



■じゃあ、まずこんなケース ↓
 

▽ケース1.
 
相 手 ”Hi, why don’t you come over to my place this weekend ?”
 
(ハイ!今週末うちに来ない?)
 

あなた “Why not ?”
 

   
次にこんなケースも、
 
 
▽ケース2.
 
相 手 ”Let’s go to the pub !”
 
(飲みに行こうよ!)

 
あなた “Why not ?”
 

▽ケース3.
 
相 手 ”Would you do me a favor?”
 
(お願いがあるんだけど、いい?)

 
あなた “Why not ?”
   
 
■なんとなーく、わかってきました?
 
それとも逆に、こんがらがってきちゃったかな?
 
   
それじゃあ、答えを言いましょう。
 
   
答えは、
 
   
「もちろん!」
 
 
ってこと。
   
 
■「Why not?」

 →「何故、notなの?」
  
   →「何故、notって言うの?」
   
    →「何故、not って私が言う必要があるの?」
    
     →「not って言う必要なんてないよね?」
     
      →「もちろん、当たり前よ!」
 
   
こんな感じでしょうか!
 
 
相手から何か誘われたり、お願いされたりした時に、 「もちろんだよ!(Noのわけないじゃん!)」と、応じる際の返事として使われるのが「Why not?」です。
 
 
友達同士とかとのカジュアルな会話の中で、よく使われるフレーズです。
 
 
 
■この「Why not?」、最初にも申し上げましたが、 他の使われ方もあります。
 
 
次にそのほかのパターンをお伝えしますね。


「Why not?」の使い方 パターン2(相手の返事に対して使う時)


■前半にご紹介した、

「Why not?」=「もちろん!」

とはちょっと違う使い方をここではお伝えします。
 

Why notの違う使い方の例文


  
それではこんな例をみてみて下さい。
 
 
▽ケース1.
 
あなた ” How about going to a movie? “
 
(映画に行くってのはどう?)
 

友達  ” Not for me. “
 
(私は遠慮しておく..)

 
あなた ” Why not? “


   
それではもう一つ
 
 
▽ケース2.
 
あなた ” Can I just borrow your mobile? “
 
(ちょっと携帯貸してもらっていい?)
 

友達  ” No, you can’t. “
 
(ううん、ダメ)

 
あなた ” Why not? “
 
   
■今回のパターンの方がわかりやすいですね。

そう、
 
 
上記のケース1、2の「Why not?」は、
 
 
「えっ、何でノーなの?」
 
どうしてダメなの?」
 
 
という意味ですね。

Why notの違う使い方の復習

       
 
■それでは、もういちど今回の例をおさらいしてみますと、

▽ケース1.
 
あなた ” How about going to a movie? “
 
(映画に行くってのはどう?)
 

友達  ” Not for me. “
 
(私は遠慮しておく..)

 
あなた ” Why not? “
 
(えー、どうしてー、映画一緒に行こうよー。)

   

 
▽ケース2.
 
あなた ” Can I just borrow your mobile? “
 
(ちょっと携帯貸してもらっていい?)
 

友達  ” No, you can’t. “
 
(ううん、ダメ)

 
あなた ” Why not? “
 
(えっ、マジで、貸してくれたっていいじゃん!)
      
   
こういう感じの会話だったんですね。



 
■あなたが相手に何かを提案したり、頼んだりした際、相手の返事が「 No 」で、あなたが「どうしてノーなの?」とリアクションする時に、「Why not?」というフレーズが使えるというわけです。
 
 
 
前半の、「Why not?(もちろん!)」
 
後半の、「Why not?(どうしてノーなの?)」
 
どちらも、覚えるのは簡単で、しかもちょっとネイティブっぽいワザですよ。
 
 
是非どんどんと使ってみてください。