021thanksdriver

「Thanks!」バスドライバーさんにお礼を言う

今日のテーマ
海外では、バスを降りる時に、バスドライバーさんにお礼を言う習慣があります。どんな言い方があるのかを知っておこう


  筆者の住んでいる街には電車が走っていません。
 
 ですので、交通手段は車かバス。
 
  我家にも車はあるのですが、
  普段は妻が使うことが多いので
  筆者はもっぱらバスを利用することが多いのです。
 
  日本で言うところの「ワンマンバスの先払い」。
 

  そしてこちらでは
  ほぼみんな共通してすることがあります。
 

バスドライバーにお礼を言う

 
  それは、
 
 
  バスを降りる際にドライバーにお礼を言う

 ということ。
 
 
  「Thanks, driver!」
 
  「Thanks a lot!」
 
  「Cheers!」

 
 
  言い方はいろいろですが、
  おそらく10人中9.5人は
  ドライバーにお礼を言いながら降ります。
 
 
  これは、会社員、学生さん、主婦、子供。
  それに強面のギャング風の人もみんなそうです。
 
 
  もちろん筆者もいつも
 
  「Thanks!」
 
  とお礼を言って降りています。
 
 
  これってとってもいい習慣だと思います。
 
  
■バスのドライバーさんもフレンドリーな人が多くて、

 「Hi!」
 
  「Have a nice day!」
 
  などと声を掛けてくれます。
 
 
 
  まあ、こういったショートカンバセーションも日本語に訳せば、
 
  「おはようございます」
 
  「どうもありがとうございました」
 
  と同じことだとは思いますが、
 
  外国だとフレンドリー風な言い方になるわけですね。
 

日本は礼儀正しさ、ニュージーランドではフレンドリーさ

 
■日本では礼儀正しさが尊重されることが多いですが、

 国によっては礼儀正しさよりも
 
  フレンドリーさが重要視されるところもあります。
 
 
  ちょっとしたことですが、
 
  これも国によっての価値感の違いですよね。



■日本でも業種によっては

 フレンドリーさを重要視するところもあるでしょうが、
 
  私の住むニュージーランドでは
 
  ほぼすべての業種にわたってフレンドリーさが優先されています。
 

  こちらではどんなに礼儀正しくても
 
  スマイルひとつなかったら、

 それは失礼にあたります。
 

  日本ではたとえスマイルがなくても
 
  とても礼儀正しく接してくれたら、
 
  それはそれでいい印象を受けますよね。
 

  これは、文化の違い(国民性の違い)だと思います。


 《 追記 》

カジュアルなお礼


■お礼を言う際に

 「Cheers!」

 というのは若い人が多いですね。


 よく使われはしますが、

 やはり informal な表現ではあります。


 「Thanks a lot!」

 も多少くだけた感じではあります。


  バスのドライバーさんにお礼をいうのは

  informal なシチュエーションなので、

  こういったカジュアルな言い方で

 全く問題はないとは思います。

少しだけ丁寧なお礼


■バス運転手さんのお礼のひと言としては、

 「Thank you for driving.」

 とか、

 「Thank you for the ride.」

 などという表現もあります。

 ただ、バスを降りるときに

 このセリフを言う人は少ないですね。


 少人数の時、

 例えば、人に送ってもらったときや

 タクシーの運転手とかに対して

 言うとい感じです。


  普通はバスのときは、

  「Thank you!」

  とか

  「Thanks, driver!」

  って言う人が大多数ですね。