083itsfiveten

英語で「今~何時です」と時間毎で言えるようになる

今日のテーマ
英語で「今何時です」と言えるようになる。何時ピッタリの時、10分過ぎ、15分過ぎ、半の時など、幾つかのパターンを学習していこう


■さて今回は、あなたが「今何時?」と聞い際に、相手は何て返答してくるか。
 
それを一緒に見ていきましょう。

「今、何時ピッタリです」の場合


 
あなた ”Do you have the time?”
 
相手  “It’s five o’clock.”
     
 
訳すとこんな感じです(↓)。
   
 
あなた ”Do you have the time?”
 
    「今何時ですか?」
     
 
相手  “It’s five o’clock.”
 
    「ああ、今5時ですよ
       
 
■ちょっと省略してただ単に

“It’s five.”
 
なんて答える人も多いと思います。
  


ちょうど「何時ピッタリ」だったら、返答もシンプルですね。
   

 
 
あっ、そうそう

「ピッタリ」を強調する場合なら、
 
 
“It’s five o’clock sharp.”
 
“It’s exactly five o’clock.”
 
“It’s five o’clock on the dot.”

 
 
なんて言い方もあります。
   

「何時何分です」というとき


 
■それでは、例えば、「5時10分」だったらどうでしょう。

あなた ”Do you know what time it is now?”
 
相手  “Yes, it’s five ten.”
 
 
英語で言う時は、「時」「分」という単位を、言い表さないんですね。
 
(何時という場合は「時」を入れますが)
 
 
だから、
 
“It’s five o’clock ten minutes.”
 
とは普通いわないわけです。
 
   
 
■それでは「3時15分」だったら?
 
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

はい、
 
“It’s three fifteen.”
 
「3時15分です」
 
 
 
■「7時30分は?」

  ↓
  ↓
  ↓
 
“It’s seven thirty.”
   
 
 
■「8時45分は?」

  ↓
  ↓
  ↓
 
“It’s eight forty-five.”

   

■もうバッチリですね。

 
これであなたが「今何時?」と聞いて、相手が「~時だよ」と答えてくれるコミュニケーションが、しっかりととれるわけです。
 
 
これでひとまずOKです。
 
 
が、
 
 
実はちょっと違うパターンで、返答してくる人達もいるのです。
 
どんなパターンなんでしょうか?
 
次回はそのパターンの一例ついて、お教えしましょう。