185i-love-you

メラビアンの法則で93%の大切さを知る

今日のテーマ
英語は世界の人達とコミュニケーションが取れるための重要な言語ツール。でもその重要性は、コミュニケーション全体におけるたったの7%。残りの93%は言語以外のことが占めていることを、メラビアンの法則では述べていることを知り、あなたのコミュニケーションに活かそう


 今回は、まず最初にあなたに質問です。
   
 「あなたにとって英語が出来るってどういうことですか?」
  
  ↓
  ↓
  ↓
  
 「映画が字幕無しでわかること」

 「英字新聞が理解出来ること」

 「TOEICで高得点が取れること」

 「海外相手に仕事が出来ること」

 「オバマ大統領の演説が理解出来ること」

   
  こんなように
 
  人によって答えはいろいろかもしれませんね。
     

英語はコミュニケーションのため重要なツール


   
■それでは、

  筆者が考える「英語が出来る」とはどういうことか?
       
  それは、最終的に、
 
 
  人とのコミュニケーションを英語を使って出来るかどうか、ってこと。

   
  英語の読み書きだけじゃありません。
 
  英語を聞くことだけでもありません。
 
  英語を一方的に話すことでもありません。
   
 
  言葉は、コミュニケーションを実現してくれるひとつのツールです。
 
  そして、とても重要なツールです。
 
 
  それが使えこなせること。
 
  それが、「英語が出来る」という意味なのです。
 
 
  それが実現出来るために、
 
  あなたにも是非、英語が出来るようになって欲しいのです。
      

但し、英語はコミュニケーションのための1つのツールにしか過ぎない

 
■でも、

 それじゃあ、
 
  英語が使いこなせるようになるまで
 
  英語を使って海外の人達と
 
  コミュニケーションを取ることが出来ないのか・・・?
   
 
  いいえ、そんなことはありません。
   
 
  言語(英語)は、
 
  コミュニケーションのための大切なツールではありますが、それが全てというわけではありません。
   
 
  言葉というのは、
 
  相手にメッセージを伝える際に持つ「力」としては
 
  7%の力しか持っていないと言われています。
   

メラビアンの法則が教えてくれること

   
■どういうことか?
   
 
  例えば
   
 ” I love you. “

 とただ言っても、
  
 あなたの愛は
 
 その相手に7%程度しか伝わらないってことです。
 
  
 それでは、あとの93%は何か?
  
 それは、
  
 口調(声のトーンや抑揚)や表情、動作、仕草
 
 といった言語以外の要素なのです。
  
 
 ※ 言語          : 7%
      
   口調(声のトーンや抑揚):38%
 
   表情、動作、仕草    :55%

 
 
 これは、Albert Mehrabian(アルバート・メラビアン)の調査結果(1968)による

 メラビアンの法則
 (Mehrabian’s Communication Theory)
  
 からの数値となります。 


 ですので、
  
 ” I love you. “

  と相手に言っても、
 
  ぶっきらぼうに言ったり、
 
  嫌そうな表情でその言葉を言ったりしたら、
 
  残りの93%が負の作用が働き、
 
  あなたの「愛してる」というメッセージは
 
  相手に伝わらないことになります。
   
   
  逆に、
   
  英語で ” I love you. “
 
  というフレーズがまともに言えなくても、
 
  あなたの表情、仕草、口調が、
 
  相手に対する愛情で満ち溢れていたら
 
  そっちの方が、
 
  あなたの相手に対する愛情は伝わる可能性が高いってことです。
     
   
  相手とコミュニケーションをとるには言葉は大切。
 
 
  でも、
 
  それ以上に
 
  あなたが言葉以外で表現するメッセージの方が
 
  相手に大して大きなインパクトを与えているのです。
   

   
■だから、

  英語をマスターするまで
 
  英語で外国の人達と
 
  コミュニケーションをとることを躊躇して待つ必要はありません。
 
   
  英語なんてまだ通じないよ・・
 
  と思っているあなたも
 
  思い切って外国の人達と
 
  コミュニケーションをとってみる勇気を持ってみて下さい。
 
   
  そうしたら、
 
  あなたが思っている以上に
 
  相手とコミュニケーションが取れてしまうことに
 
  あなた自身ビックリするかもしれませんよ。
   

   
■コミュニケーションの始まりは、

 相手とコミュニケーションを取りたい、という気持ちから。
   
 
  相手と何をコミュニケーションしたいのか、
 
  あなたの相手に対する気持ち、
  
  これが大切ってことです。