174mopping

床掃除・雑巾がけの英語表現

今日のテーマ
「床掃除」というと、日本人と外国人とでは想像するものが少し違います。従って、英語表現も異なるものになる。日本人が普通想像するような、雑巾がけの床掃除の英語での表現方法を学んでいこう

床掃除は英語でモッピング?!


この前、日本からの留学生と話をしていたら、
   
「この前、英語の先生と床掃除の話になったんです。」
   
というのです。
 
 
どういう話か詳しく聞くと、
   
【床掃除】を英語で何と言うか」
 
と先生に聞いたら、
 
 「 mopping 」
   
と先生は答えたとのこと。
 
 
その留学生は、
   
「床をモップがけで掃除すれば、mopping だろうけど、普通、床掃除は「ぞうきんがけ」でしょ。」
     
という話を先生にしたら、先生は、
 
 
「いやいや、床掃除はあくまでもモップでやるものだから、mopping だ。」
 
 
と主張して、話が平行線に終わったとのこと。
 

  
■たしかにこちらの人達は、床掃除は絶対にモップを使ってやるんです。
   
雑巾で床掃除なんて、してるのみたことありません。
   
 
だから、絶対にモップでやるのだとしたら、その先生が言うとおり
 
mopping(動詞 mopの進行形)」
 
になりますね。
 
   
そして、「mop」という英単語を使って
   
 
「 I am going to mop the floor. 」
(今から床掃除をする)
 
 
「 I am mopping the floor. 」
(今、床掃除してるところだよ)
   
というように言えるでしょう。
   

雑巾がけを英語で言うには


■でも、日本人のように雑巾を使って 床掃除をした場合は、「mopping」という単語は、ちょっと使えませんよね。
 
 
あくまでもモップを使った場合の単語ですから。

   
そうなると、どう言えるか?
     
「I cleaned the floor.」
 
   
これで別にOKです。
   
別にどうやって床掃除したとか、くどくどと説明する必要が無ければ、これでかまいません。
 

【雑巾で】を主張したい

 
でも、もし、【雑巾】で掃除したんだ! と主張したければ、
   
 
「I cleaned the floor with a wet rag.」
   
とか、
   
「I cleaned the floor with a floor-cloth.
   
と言ったら良いでしょう。
   

  
■自分の小学生の頃は、掃除の時間に学校の床の「雑巾がけ」とかをやったものですが、今はどうなんでしょうね?
 
 
まあ、こちらニュージーランドの学校は、床を雑巾掛けするなんてことは、絶対にないでしょうけど(笑)。