111boring

つまんないの英語表現に注意

今日のテーマ
「つまんないなー」「退屈だなー」を英語で言う方法を学ぼう。よくありがちな間違える注意点も掲載


あなたはたまには、長期休暇とか取れたりしますか?
 
 
普段ずっと働き尽くめだったりすると、たまの長期休暇がすごく嬉しかったりしますよね。
 
長期休暇が近づいてくると、クワクしてきたりして。
 
 
きっと長期休暇には、友達に会ったり、旅行をしたり、家族との時間を過ごしたり、あるいはめいっぱり勉強したり。
 
 
こういう風に目的を決めて休暇を過ごしたり、またある程度ゆっくりしたりする分には、とっても有意義な休暇になるんじゃないかと思います。
 
 
でも、もし特に何をしようとも決めていなかったり、ただ無意味にダラダラした休暇を送り続けていると、休暇の後半には、おもわずこんな言葉があなたの口から漏れてくるかもしれません。

つまらないなーと英語で言う

 
「 I’m bored. 」
   
(あー、つまんないなー。)
 
 
もしくは、
 
 
「 It’s boring. 」
   
(つまんねー。)
     
 
■こうなったら、せっかくの長期休暇も台無しですね。
 
   
この表現の両方とも、動詞の「 bore 」を使った表現になります。
 
 
※「 bore 」という動詞は、「退屈させる」「うんざりさせる」といった意味です。
  
他にも例えば、
 
「あいつの話っていつもつまんないんだよねぇ」 

なんて時は、
 
「 His story is always boring. 」
 
  
 
「あの映画つまんなかったなぁ」

という時は、
 
「 The movie was boring. 」


なんて風に言えるんです。
  

つまらないと英語で言う際の注意


英語で「つまらない」と言う際に、日本人がよくやる間違いが、

「I am boring.」

と言ってしまうこと。


あなたも、間違って、言ってしまった経験はありませんか?

これだと主語があなた自身なので、

「自分はつまらない人間です」

と言っているようなもの。

あなた自身を主語にするなら

「I am bored.」

あなた自身を主語にしないなら

「it is boring.」

というのが正解です。


間違いがちですので、気をつけましょうね。 

 
■今回ご紹介した、「つまんない」なんてフレーズは、あんまり聞いたり、言ったりしたくはないですが、実際に生活していると、頻繁に耳にするフレーズですね。
 
 
まあ、少なくとも自分自身は、こういったフレーズがあんまり口から出てこないような、充実した毎日を送りたいものです。