080hug

ハグ(hug)の意味と習慣

今日のテーマ
海外で生活すると「ハグ(hug)」が日常茶飯事にあります。特に女性の挨拶はハグが基本です。でも、このような習慣に慣れていなかったり、抵抗があって、ハグをしたくないときは、どうすればいいでしょうか。

親しい女同士の挨拶はハグ(hug)が基本


■西洋圏の国で暮らすとなると、
 
  特にあなたが女性だったら
 
  慣れなくてはならないことがあります。
 
 
  それは何か?
 
   
  それは、

 
  「 hug (抱擁)」

  です。
     

 
■西洋圏では「 hug 」をよくします。

 挨拶がわりです。
     
  友達に会ったら「 hug 」。
 
  友達と別れるときも「 hug 」。
 
 
  親にあったら「 hug 」。
 
  両親宅から帰宅する時も「 hug 」。
 
 
  友達が悲しいことがあって慰める時も「 hug 」。
 
 
  とにかく「 hug 」「 hug 」「 hug 」です!
   
 
■男性でも「 hug 」はしますが、
 
  特に女性が 「 hug 」 をよくします。
 
 
  女性同士なら絶対ですし、
 
  もし自分が男性でも

 相手が女性ならば「 hug 」はします。
 
 
  (男性同士でもすることはありますよ)
   

 
■そして、

 女性のあなたにとって
 
  女性同士の「 hug 」は
 
  ほとんどの人(日本人)は抵抗は感じないようです。
 
 
  ただし、
 
  「 hug 」の相手が男性の場合は

 抵抗を感じる人もいるようです...
 
 
  あまり親しくもないおじさんから
 
  「 hug 」を求められたりすると...
 
 
  もちろんおじさんに

 悪意や下心があるわけではありません。
 
  でも「抵抗感」を感じてしまうものは

 しょうがないですよね…
   

ハグをしたくない場合は

 
■どうしても

「 hug 」をしたくない相手だったらどうするか。

 そんなときは、 

 ” Excuse me, but I feel uncomfortable because we don’t have a custom of hugging each other in my country.”
  
  
  とやんわりとあなたの心を伝えましょう。
 
 
  相手がジェントルマンだったら
 
  ちゃんと理解してくれるはずです。
   
 
  でも、相手がジェントルマンじゃなかったら?
     
 
  そんな時は
   
  “No way! (いやだ!)”
   
  と言って追っ払って下さい!