002satsujin

殺人事件を英語で表現

今日のテーマ
物騒な事件の話になりますが、殺人についての英語表現について学びます。殺人もその意図によって使われる単語が変わってきます

殺人で使われる3つの英単語


ニュース報道に多く登場する「殺人事件」。

物騒な話ですがこれは世界どこに行っても同じです。

逆手にとれば、

英語で殺人事件が理解できれば

ニュースの何割かは理解出来るということです。

許しがたい殺人事件ですが、

この際、英語上達のためにつかわさせてもらいましょう。

では、殺人って英語でなんていう?

murder ですよね。

殺人事件だと、

murder case

と表現されます。

でもニュースではmurderという単語よりも

homicide のほうがよく使われます。

homicide はもともとは法律用語なのですが、

ニュースでは格式ばった表現が好まれるケースが多く、

この単語が使われるのです。

また、homicide は計画的な殺人murder だけでなく、

悪意の無い事故としての殺人(交通事故とか)

manslaughter も含みます。

★ここで単語チェック

・murder (名詞・動詞) 故意の殺人,殺す(殺人犯はmurderer)

・manslaughter (名詞) 殺意の無い殺人

・homicide (名詞) 殺人(故意と非故意の両方)、殺人犯


ですので、例えば「ジョンベネちゃん殺人事件捜査」は、

the investigation of JonBenet’s homicide

と英語で言い表すことができます。

ニュースチェックの時には

この単語によーく気を付けてみてくださいね。

cideの付く英単語


■さらに豆知識として

-cideという接尾語は、

ラテン語の「殺す」という意味からきています。

他にcide の付く単語としては、

・suicide 自殺
・patricide 父親殺し
・genocide 集団虐殺
・insecticide  殺虫剤

などがあります。

この世からcideの付く事件が減ってほしいですね。

————————————————————

 《 追記 》

■豆知識としてさらに派生語をご紹介しましょう(全て名詞)。

・fratricide 兄弟(姉妹)殺し
・sororicide 姉妹殺し
・infanticide 幼児殺し
・uxoricide 妻殺し
・regicide 国王殺し

ただし、これらの単語が使われることは非常にまれです。

ニュースを見ていて本当にたまにですが使われることはありますが、「-cide」のところだけ聞き取れれば、あとは文脈から推測することが可能です。