166foot-tooth

toothとteethの覚え方

今日のテーマ
「tooth/teeth」や「foot/feet」において、どちらの英単語が単数で、どちらが複数だか、頭が混乱して間違えそうになることがあるかと思います。そんな際の、便利な覚え方・思い出し方をご紹介


前回、歯医者さんの話をしましたが、

 「歯」って英語で「tooth」っていいますよね。
 
 
 「歯」が1本「a tooth」
 
 
 2本以上になったら
 
 
 「teeth」
 
 
 になります。
  

 
■似たようなパターンでは

 「足」が片足「a foot」


  両足になったら「feet」
 
 
 
 ※ちなみに、「foot/feet」というのは
   
   足首から下の部分ですよ。
  
   足全体ではありません。
   
   足首から上の部分が「leg」です。
   

「tooth/teeth」と「foot/feet」の単数・複数が混乱する

 
■あなたも

「tooth/teeth」、「foot/feet」

 という英単語はどれも知ってはいるでしょうけど、
 
  どっちが単数で、どっちが複数を表すか、
 
  頭がこんがらがる時ってありませんか?

   
 
  筆者はしょっちゅうありました・・・(苦笑)
   
 
  何か良い方法はないかと考えたのですが、
 
  これだっ!というのは残念ながらなくって・・・
 
   
  でも、もしかしたら
 
  役に立ちそうな方法はあります!
 

footとfeet、toothとteethの迷った時の覚え方

   
  あなたにとって「foot」と「feet」、
 
  どちらがより馴染みがある単語ですか?
 
 
  普通「foot」ですよね。
 

 「フットボール」

  とか、
   
 「フットサル」
 
 なんてのもありますもんね。
   
   
 普通よく知っている「foot」が、
 
 単語の原形である単数を表す単語だって覚えておけば、
 
 「tooth(単)/teeth(複)」の使い分けの際も応用できます。
   
 
 「footが単数だったから、

 同じ「oo」を使うtoothも単数だな」

   
 という具合に。
 

 
■どうですか?

 ちなみにこの方法は筆者が
 
  頭が混同したときに使っていたテクニックです。

 これで、

 「foot(単)」と「feet(複)」

 「tooth(単)」と「teeth(複)」

 を間違えることが一切なくなりました!

 よかったらあなたもこのテクニック使ってみて。