146chinese

日本人留学生と中国人留学生の留学目的の違い

今日のテーマ
海外における、中国からの留学生と日本からの留学生は、留学の目的が異なる場合が多いようです。どのような違いがあるのでしょうか


■ここニュージーランドには
 
  世界の各国から留学生達が集まります。
 
 
  スイス、エジプト、イラン、イラク、
 
  タイ、 ブラジル、アルゼンチン、

  ラオス、韓国、中国、
 
  それに日本。
 
 
  もちろん
 
  もっともっと沢山の国々から
 
  いろんな人達が来ているわけです。
  

 
■その中でも特に多い国籍が

 中国・韓国・日本。
  
 
■ここでちょっと面白いのが

 中国人留学生と日本人留学生との違い。
 
 
  もちろん各国
 
  それぞれの特徴があったりするんですが、
 
  この2国は結構対照的だったりします。
 

中国人留学生の留学目的

 
  何が違うか?
 
  それは、
 
 『英語の勉強が目的で

  留学に来る学生の数が、
 
  中国人の場合は圧倒的に少ない。』
  
 
 どういう意味かわかります?
  
 
  多くの中国人の留学の目的は

  英語じゃないんです。
  
 
 「えっ?」って思われるかもしれませんね。
 

  
■どういうことかと言いますと、

 中国人の多くは、
 
  海外の大学で

 ビジネスやコンピュータや
 
  経済や、そういったことを

 学ぶために海外に留学に来るんです。
 
   
  英語の勉強が目的ではない

 ってことなんです。
   
 
  でも、
 
  彼らだって、私達日本人同様に
 
  英語があまり出来ない状態で海外に来ます。
 
 
  その状態では当然
 
  大学での講義なんかには出席できませんから、
 
  だから最初に英語を勉強するわけです。
 
 
  そしてある程度英語が出来るようになったら
 
  大学に進んで、

 それぞれの専門科目に進んでいく。
 
 
  これが一般的な中国人の留学です。
  
 

日本人留学生の留学目的


■いっぽう日本人の場合はどうか?
 
 
  留学の目的は英語の習得
 
  
  英語を勉強しにきて、
 
  ある程度上達したら(しなくても?!)

  日本に帰る。
 
 
  これが典型的な日本人の留学です。
 

  
■どちらが良い・悪いなどという議論を

 ここではするつもりはありません。
 
 
  別にどちらでもいいと思っています。
 
 
  留学の目的は個人個人で違って当然ですから。
 
 
  ただ、明らかなこのような違いが存在しています。
   
 
 
■日本にいるとこのような

 出身国による留学生達の違いは

 なかなかわかりずらいかと思います。
 
 
  きっとこういった話をする
 
  英語業界の人や教育者も

 あんまりいないかと思います。
 
 
  今までそういった話をした先生はいましたか?
 
 
  だから、
 
  ちょっと興味深いネタかな?とおもって
 
  今回はこんな内容をお伝えしてみた次第です。