017teacher

「何々先生」と、先生の名前を英語で呼ぶ際の注意点

今日のテーマ
日本人は先生の名前を呼ぶ際に「〇〇先生」と呼んでしまいますが、英語圏ではそのようには呼びません。「ファーストネーム」か「敬称+苗字」で呼ぶことが普通であることを知っておこう

日本で先生の名前を呼ぶ際

皆さん、学生時代に先生のことを何て呼んでましたか?(まだ学生の人もいるかな?)
  
 
「せんせー!」
 
 
って呼んでましたよね。
 
  
あと、あらためて呼ぶときは、「木村先生」とか、「~先生」いう風に、呼んでいたかと思います。

英語圏で先生の名前を呼ぶ際

 
■留学経験や、英会話スクールに通ったことがある人はご存知かとは思いますが、気軽な雰囲気意のクラスでは、先生を呼ぶときって、ファーストネームで呼びますよね。
 
 
「James!」
 
とか、
 
「Jennie!」
 
という風に。
 
 
 
 
■また、高校や大学などでは(小学校なんかでも)、先生を呼ぶときは、
 
「Mr.Miller」
 
「Mrs.Perry」

「Dr.Watt」
 
 
などと、
 
「敬称」+「苗字」
 
で呼ぶものです。

英語圏で先生の名前を呼ぶ際の注意すること


 
  
■ですので、間違っても日本で先生を呼ぶときのように、
 
 
「Teacher!」
 
 
なんていって呼ばないで下さいね。
 
 
 
かなり「変」ですから。
 
 
 
でも、実はこの間違いをおかしてしまう人っているもんなんです。
 
 
この手の間違いは、先生自身が指摘することは少ないので、注意が必要です。
 
この光景は本当にかなり「変」ですから。
 
 
 
ネイティブスピーカーは、「???」って感じのようです。
 
 
 
ネイティブスピーカーには今度、日本(中国や韓国も同様のようです)の学校での文化を説明してあげた方がよさそうですね。
 
そうじゃないと、彼らにとっては本当に「????」って感じの光景ですから。


 《 追記 》

■先生を名前を付けて、「高橋先生」というように呼ぶことがありますが、これを単に英訳して、

「Teacher Takahashi」

とか、

「Takahashi Teacher」

などとも呼ぶことなどしないように。


 

あくまでも(先生であっても)

「Mr./Mrs. Tankahashi」

のようになります。