019aortwo

「一杯だけ」「ちょい飲みならOK」を英語で言う

今日のテーマ
「1,2杯だけならいいよ」とか「少しならいいよ」等と言う際に便利な英語フレーズの「 a ___ or two」を覚えよう

軽く飲みに行くのを英語で誘ってみる


仕事が終わった後に、仕事仲間と軽く飲みに行くのっていいもんですよね。
 
(嫌いな上司とじゃないですよ)
 
   
筆者も日本で働いていた頃は、同期の仲間とかと仕事帰りに、一緒にちょい飲み行ったりしたもんです。
 
 
「仕事終わったら、軽く飲みに行こうよ!」
 
 
「Let’s go out and have a few drinks after work?」
 
「Why don’t we go for a drink this evening?」

 
 
などと言って誘ったり、誘われたり。

飲みに誘われたときの返事の仕方

 
■「よーし、今夜はガンガン飲むぞー」

っていう時は、
 
 
「Sure!」 (もちろん!)
 
 
と言って即答ですが、
 
 
「まあ、1,2杯位だけならOKかな」

なんていう場合は、
 
(夕べも飲みすぎたし今夜はほどほどにしたいな、なんて時ですね)

「Okay, but just have a beer or two.」
 
 
という風(a beer or two)に言うことが出来ます。
 
  
 
■このケースは日本語訳すると、「1,2杯」と数字で表されますが、別に具体的な数字をささない場合も使えます。

「 a __ or two」 のその他の使い方


例えば、
 
「年末の休暇は何をして過ごすの?」
 
とか聞かれた場合、
 
 
 
特に用事はないけど、ちょっと映画とかは観にいったりするかな、程度だとしたら。
 
 
 
「I think I’ll go and see a film or two.」
 
のように
 
「 a ___ or two」
 
を使うことが出来ます。

 


■この

「 a ___ or two」
 
は結構使える「便利なフレーズ」ですよ。


《 追記 》

■「a___ or two 」はこんなケースにもつかえます。


あなたの同僚が、

「Hi, do you have time now?」

と仕事中に聞いてきました。
でも、正直ちょっと忙しくて実はあんまり時間がない、

でもほんのちょっとだけなら、なんて時は、

「Ok, just for a minute or two.」
(うん、少しの時間ならいいよ)
(うん、少しの時間なら大丈夫)

と答えることも出来ます。


とにかく、使い勝手のいいフレーズなので、いろいろと応用させて使ってみて下さい。