153senobi

留学中は、少し上の英語環境に身を置くことがおすすめ

今日のテーマ
留学中に短期間で英語力が伸びている子に話を聞いたところ、彼女は少し上の英語レベルの環境に常に身を置いていることがわかりました。


  この前、
 
  こちらニュージーランドに
 
  語学留学しにきている
 
  日本人の女の子と接していた時のこと。
   
 
  その子は
 
  まだ留学して間もないのだけど、
 
  最初に会った時の印象よりも
 
  だいぶ英語が出来るようになっているなあ、
 
  って感心したんです。
   
 
  海外に留学しにきた人達でも
 
  なかなか英語が伸びずに苦労している人も
 
  実はけっこういるものなので、

  たいしたものだと思ったんです。

   
   
  たしかに、
 
  語学というのは
 
  なかなか急激には伸びるものではないので
 
  あせらずにじっくりと

  取り組んでいく必要はあります。
   
 
  だから、
 
  なかなか語学力が伸びずに

  苦労している人達というのは
 
  普通といえば、普通なのですが。
   
 
  しかし、
 
  彼女の場合、
 
  同じ期間留学している他の人達と比べたら、
 
  短期間でかなり英語が伸びているような
 
  印象を受けたのです。
     
 
  彼女がなぜ、ほかの人達と違うのか。
   
 
  そのことを知るために、
 
  筆者は彼女に聞きました。
   
 
 「他の子達と比べて、

  英語がけっこう伸びているよね。

  どうして?」
 
 
 
 彼女の答えはこうでした。
   
 
 「自分よりもレベルの高いクラスの人達と

 よく一緒にいるからだと思います。」

  
 
 そうです。
  
 
 彼女は、
 
  ちょっと背伸びをして、

 自分よりも英語が出来る人達と
 
 いつも一緒にいるようにしたのです。
  
 
 
 英語を伸ばしていくヒントのひとつは、
 
  ちょっとだけ背伸びをしてみる

 ということ。
   
 
  そうすることにより
 
  あなたの現在のレベルを
 
  次のレベルにちょっと押し上げていってくれるんです。
   
 
  すごく無理をする必要はありません。
 
  ちょっとだけ背伸びをしてみるだけで
 
  あなたの英語力は変わっていきます。
 
 
  是非、試してみて下さい。
 

 《余談》

背伸びするという英語


 今回のコラムでは、

 「背伸びする」という表現を使いました。

 背伸びするを普通に英語で言えば、

 「stretch」です。

 「I am stretching.」
 (いま、背伸びしてるんだ)

 身体を伸ばしながら、こんな風に言えます。


 でも、今回のコラムで使った

 「背伸びをする」という言葉は、

 そういう「背伸びをする」じゃないですよね。

 「実力以上のことをしようとすること」

 という意味での「背伸びをする」です。


 そういう場合の背伸びをするは

 英語で何と言うのか?


 「aim to high」 

 「overreach oneself」 


 などの英語を使って

 表現することができそうです。