英語リスニング教材 11選|初心者が英語が聞けるようになる独学勉強法

studymaterial-listening

英語が聞き取れないのはなぜ?

どれだけ英語の勉強をやっても、英語が全然聞き取れない。

どんなに英語を聴く努力をしても、英語リスニングの参考書を買って試してみても、何をしても駄目。

私自身も今までに、あなたと同じように何度絶望的な気持ちになったかわかりません。

でも、今ではTOEIC試験のリスニングパートでは、480点位までのレベルになりました。英語のニュースが理解出来たり、英語の会議で何を言っているのかも分かるようにまでなりました。


英語が全然聞き取れなかった頃の自分は、英語が聞き取れない理由も正しく理解していなっかたし、勉強の仕方も間違っていました。

英語のリスニング力アップには時間が掛かります。でも、それ以上に自分の場合は、必要以上に時間を無駄に掛け過ぎてしまったと思います。正しい学習方法を知らなかったがゆえに。

英語が聞き取れない理由

まず、英語のリスニングが出来るというのはどういうことかと言うと、

  • 英語の音が正しく拾える
  • 英語の単語の意味が分かる
  • 英語を文章として意味が理解出来る(英文法など)

この3ステップの流れで、英語のリスニングが出来る(=英語を耳から聞いて、意味を理解することが出来る)ことになるんです。

だから単に「英語のリスニングができなーい!」と言っても、英語の音がそもそも聞き取れていないのか、語彙力が足りないのか、英文法の知識が乏しいのか、理由は様々です。

でも、初心者にとって一番多いパターンとしては、3つとも全部足りてない、というのがほとんどかと思います。

でも、それを言ってたらきりがないですよね。

英語ネイティブスピーカーと比べたら、たとえ英語上級者の日本人だってノンネイティブである限り、語彙力や文法力だって、ネイティブとは雲泥の差があるのが現実なんですから。

初心者のうちに絶対にやっておきたい英語勉強法

英語のリスニングが出来ないのを克服するために、私たちは英語の何を特に勉強しなくちゃいけないかってことですよね。

1の「英語の音が正しく拾える」に重点を置くか。
2の「語彙力」か。
3のための「英文法&英文読解」か。

ここで、日本人の勉強の典型的な過ちとしては、2の英単語学習か、3の英文法学習からのみ、始めてしまうことです。

そして、英語を聴く学習は二の次にしてしまうんです。

もちろん、英単語も英文法も大事ですよ。

でも、それ以上に大事なことは、英語の音を正しく捉えることが出来る能力を、英語学習の初期段階から学習重要事項として、取り組んでおくこと。

それを今の時点で真剣にやっておかないと、ゆくゆく後悔することになります。

だって、ほとんどの日本人は、長年英語の勉強をして、英単語も英文法も多少知識がついてきても、全然英語を聞き取ることが出来ないのですから。

このことは、筆者も身を持って悔しい思いと後悔の念があるので、是非あなたには、多くの英語学習者、そして筆者の二の舞を味わってほしくないのです。

英語初心者の段階で、一番大事な学習は、「英語の音が正しく拾えるようにしておくこと」と言っても過言ではありません。この順番を間違えると、一生苦労します。

英語リスニング教材にも3種類がある

「よし、英語初心者段階で、英語のリスニング学習が大事なことは分かった。どんどん英語を聞くことにチャレンジするぞ!」

このようにあなたが思ってくれたならば、その心意気はとっても嬉しいし、素晴らしいです。

でも、その調子で突っ走っても、リスニング学習の効果は生まれない可能性大なので、注意してください。

残念ながら、あなたの努力は徒労に終わります。

英語のリスニング学習にも、大きく分けて3種類あることを知っておいて下さい。

このことを知っておくと、英語リスニングのための素材や教材、参考書などを選ぶ際に役立ちます。3種類のリスニング教材とは次のように分けられます。

1.英語を聞く練習教材

英語を聞く練習としては、英語ニュースを聴いたり、Netflixで洋画を観たり、海外ドラマ観たり。もしくは、外国人ユーチューバーのYouTube動画や、TED視聴等も、英語のリスニング練習と言えますね。このような聞く練習が実践出来る教材がここに分類されます。

2.英語を聞く際のポイントを知る学習教材

この学習は、「英語を聞く練習」と合わせて行うことが多いです。ただ単に英語を聞くのではなく、聞いた後に、理解クイズや穴埋め問題に答えたりとか、間違いやすい聞き取りミスについての解説などを通して、リスニングの勉強をしていける教材です。

3.英語を聞くための根本となる学習教材

そもそも英語が聞き取れるか否かの根本は、英語の発音です。「この音は、ネイティブが言うと、こういう音になる」とか、「この音を出すときは、こういう発音の仕方をする」といったことを正しく理解し、対応出来るようにすることです。これがリスニング能力の根本になり、そのような発音学習が出来る英語教材が、ここに分類されます。


この3つの学習教材を上手に織り交ぜながら、学習していくことが、リスニング力をアップさせる上では、効率的な方法になります。

このことをよく知らないで、ただ単に英語を聞きまくるという「練習」だけやりまくっても、基本がないので、いつまで経っても、なかなか上達は望めないということは、英語学習者として知っておいた方がいいかと思います。

初心者に知っておいて欲しいリスニング学習で大切なこと

英語の「リスニング練習」「リスニングポイントを知る学習」「リスニングの根本学習」が実践できる英語教材(詳しくは後述)で勉強していくことになりますが、その前にまず知っておくべきことがあるので、伝えておきますね。

このことを正しく理解しておかないと、せっかくのリスニング学習が失敗になりかねません。

集中力

英語をシャワーのようり浴び続ける→ ×

英語を1分でいいから集中して聞く→

英語リスリング学習で、とにかく大事なことは集中力です。英語を浴びるように、ただ単に聞き流しても、なんの効果も生まれないでしょう。ただ勉強した気になるのと、時間の無駄になるだけです。

英語はただ聞くだけでは、何も生まれないことは、ここでしっかりと認識しておきましょう。

英語上級者になれば、聞き流しも多少は意味がありますが、特に英語初心者は、とにかく集中して英語を聞くリスニング学習に特化した方が効果があります。

「1分」というのは少し大袈裟かもしれませんが、たとえ短時間でも、集中力が何よりも重要だということは間違いありません。

1時間英語を聞き流すよりも、1分間集中力MAXにして英語を聞くほうが、学習効果があるのは、経験からも間違いありません。

集中して英語を聞き取るためのやり方として、ディクテーションシャドーイングを採り入れるのも、おすすめの勉強方法です。

レベル

効果的にリスニング力を伸ばしたいなら、現在の自分の実力に見合った英語を聞く練習がより効果的です。

難しい時事ネタの英語スピーチや、活字で読んでも理解できないような難解な英語ニュースなども避けたほうがいいです。

目安としては、「活字で読めば、それほど難しくないな」と思える程度のレベルの英語を聞くのが良いです。

ほとんどの日本人の場合は、読んで分からないような内容を、聞いて分かるということはないからです。


英語学習者としては、ここで考えが2つに分かれるかもしれません。

1つ目はリスニング学習を通して、英単語や英文法も学べる方がいいかな、という考え方。

2つ目は、リスニング学習と、英単語や英文法の学習は分けて実践する、という考え方です。


筆者が英語初心者に推薦する学習方法は、後者の「リスニング」と「単語・文法」を分けて、学習を考えるというやり方です。

前者の一石二鳥の学習方法をしていまうと、結局は聞くことよりも、英単語や英文法の勉強に偏重していってしまうことが、ほとんどだからです。

日本人にとっては、英単語や英文法の勉強の方が心地よいというか、勉強した気分になりやすいんですね。

なので、よほど肝に命じておかない限り、リスニング力を伸ばす、という部分の学習が疎かになるので、注意が必要です。

大切なことのまとめ

このページの冒頭で、英語が聞き取れるようになるためには、3つのスキルの複合が必要であることをお話しました。

  • 「英語の音が正しく拾える」
  • 「英語の単語の意味が分かる」
  • 「英語を文章として意味が理解出来る」

そして、この3つの学習は、分けて考えることが大事。

英語リスニング学習では、この「英語の音が正しく拾える」に特化して学習していこう、というのが筆者から英語初心者のあなたに推奨する学習方法になります。

従いまして、次からご紹介する英語リスニング教材(素材)は、英語の音の聞き取ることに重点を置いた教材となります。

また、その中にもさらに、「練習」「学習」「根本(発音)」の3つがあることも、覚えておきましょうね。

英語リスニング教材 11選【初心者編】

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソン・キクゾー
項目評価
教材種類通信講座
学習内容練習/学習
レベル初級
価格(お得度)★★☆☆☆
継続のし易さ★★★★☆
効果期待度★★★★★
公式サイトヒアリングマラソンkikuzo!

英語学習の参考書や講座を多数提供しているアルクの中でも、一番有名なのがリスニング対策教材の「ヒアリングマラソン」ですよね。

通信講座タイプの教材なので、毎月規則正しく学習が実践できるため、継続率が高いリスニング学習法です。

上級者向けの1000時間ヒアリングマラソン(通常版と英会話版)、中級者向けの中級コース、初級者向けのベーシックkikuzo!、それとビジネス英語といった種類があります。

英語初心者は、無理をせずベーシックkikuzo!を選ぶことをおすすめします。

ヒアリングマラソン ベーシックkikuzo!のメリット

純粋に教材の中身が良い

あなたがリスニング教材に取り組む理由は、「英語が聞き取れるようになりたい!」からですよね。だったら、やっただけの学習効果は、当然感じたいはず。

その点、アルクの教材は、凄くしっかりと精密に作られた英語教材です。

真剣に取り組めば、成果がしっかりと得られるという点では、保証済みといっても過言ではないと思います。

kikuzo!では、3ラウンドシステムという学習メソッドが採用されていて、最初は聞き取れなかった英語が、霧が晴れるように、段々と、はっきり聞き取れるようになっていきます。

6ヶ月間の計算された学習体系

ヒアリングマラソンkikuzo!の学習期間は6ヶ月。

英語のリスニング力は、1、2ヶ月で簡単に上達するものでもないし、だからといって、1年、2年、絶対に続けなくてはならない講座だと、精神的にしんどいです。

その点、6ヶ月という期間は、初心者が取り組むには丁度良い期間です。

でもだったら、無料で英語ニュースやYouTubu、ポッドキャストの英語放送を聞けば良いんじゃない?と思う人もいるかもしれませんね。

でも、それでは駄目なんです。たしかに現代の世の中、インターネットを使えば、英語音声なんて巷に溢れています。

でも、ネット上の英語素材を6ヶ月間、そのまま聞き続けても、効果はあまり望めないです。

学習成果を得ようと思ったら、現時点の英語レベルから目標英語レベルまで、どのように学習を進めていくかの地図を最初に描く必要があります。

地図なしに、ただ闇雲に英語を聞きまくっても、どこにもたどり着けません。

英語学習理論に基づいた、正しい地図を描き、そのために必要な学習素材、上達確認、練習素材を用意して、それに沿って学習を進めていけるのが、ヒアリングマラソンkikuzo!なわけです。

収録してある英語はリアル

kikuzo!で収録されている英語は初心者向けではあるんですけど、本物の生の英語を使っています。

アメリカ・ニューヨークの街中やオフィスなど、現地の本物の英語でリスニング学習出来るのが、kikuzo!の魅力のひとつでもあります。

ヒアリングマラソン ベーシックkikuzo!のデメリット

料金

kikuzo!をやるかどうか考えた時、迷う要因があるとしたら、その費用かと思います。

教材の価格は、半年で39,600円になります。1ヶ月当たり、6,600円の計算になるので、けっして安い金額ではありませんからね。

このページの中で紹介しているリスニング教材の中には、無料で試せるものもあります。安さを取るか、それとも、評判の良さを取るかで迷うわけです。

でも、全く別の形態の英語学習方法と比較した際、例えばオンライン英会話スクールの月謝は、安いところで、だいたいkikuzo!と同じくらいです。

では、オンライン英会話とkikuzo!のどちらの方がリスニング力がアップするかと言えば、kikuzo!だと思います。

オンライン英会話は、あくまでも英会話練習の場なので、そこだけやっても、上達は難しいからです。

また、マンツーマン英語コーチは月額10万円以上しますから、そういうのと比較すれば、kikuzo!の方が断トツ安いとも言えますね(この価格比較はちょっと無理があるかな?!)。

いずれにしても、何と比較するかによって、kikuzo!の費用が安いか高いかも、変わってきますね。

途中で心が折れたら損が大きい

ヒアリングマラソンkikuzo!の学習時間は、1日30分で、週4日勉強をすることがベースになります。

それほど負担が大きい学習内容ではないので、きっとやる気があるあなたなら完走出来ると思います。

ただもし、途中で心が折れて、学習がストップしてしまったら?

例えば、スタディサプリといった教材はサブスクリプションの月額制なので、途中で止めても損は発生しません。

いっぽうで、kikuzo!は6ヶ月コースですけど、料金は月額で支払うのではなく6ヶ月分まとめての支払いです。

途中で挫折してやめてしまってら、残りの期間の費用は無駄になってしまうということになります。

≫関連:ヒアリングマラソンkikuzo!の評価は?

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH
項目評価
教材種類アプリ/サイト
学習内容練習/学習/根本(発音)
レベル初級/中級/上級
価格(お得度)★★★☆☆
継続のし易さ★★★★★
効果期待度★★★★★
公式サイト新日常英会話コース
TOEICテスト対策コース
ビジネス英会話コース

スタディサプリENGLISHはリクルートが提供しているオンライン英語学習講座で、WEBでもアプリでも学習出来ます。

スタディサプリENGLISHは、新日常英会話コース、ビジネス英語コース、TOIEC対策コースの3つのコースがあります。

おすすめの利用方法は、これらのコースとあわせて、スタサプ受講者であれば誰でも無料で利用出来る、日常英会話コース(新日常英会話の前身)を同時に利用してリスニング学習を進めることです。

スタディサプリのメリット

継続するのが苦にならない

スタディサプリの全コースに共通して言えるメリットが、学習の継続のし易さです。

スタディサプリの、神講師による役立つ動画講義や、学習コンテンツの素晴らしさ、学習履歴の表示など、私達の学習意欲を常に刺激してくる要素が満載です。

さらに、教材内で使用される物語が、テレビドラマ級に面白いので、ストーリー展開に常にワクワクしながら、学習が継続出来るんです。

英語学習3日坊主の人でも、スタディサプリを使えば、1年365日、毎日学習継続出来ることもまったく夢じゃないですよ。

ディクテーションとシャドーイングが出来る

ディクテーションとシャドーイングは、リスニング学習での効果的な学習方法と言われています。

でも、特にディクテーションは、聞いた英語を紙に書き取る作業が、もの凄く面倒くさいんですよね。なので、ほとんどの英語学習者は、続きません。筆者もそんな中の一人でした。

スタディサプリでのディクテーションはと言うと、PCならキーボードを、スマホなら画面をタッチするだけでディクテーションが実践出来る。

ディクテーションが断然、取り組み易いんです。

筆者もスタディサプリのお陰で、365日以上、毎日ディクテーションを実践できて、リスニング能力を飛躍的にアップさせることが出来ました。

スタディサプリでは、シャドーイングも実践できます。シャドーイングやる際は、声を出す方法、声は出さずに口の中で暗唱する方法がありますが、どちらの方法で実践してもらってもOKです。

リスニングの練習/学習/根本(発音) 全て網羅した教材

英語リスニング学習は、練習・学習・根本(発音)の三本立てだという話を、このページの前半でお話しました。

でも、1つの教材で、この3つ全てを網羅した教材というのは、普通見当たりません。でも、スタディサプリならば、練習・学習・根本(発音)の全てを、この1つの教材で実践出来てしまうんです。

リスニングPLUS

スタディサプリ利用者の誰もが無料で使用できる「日常英会話コース」こそが、スタディサプリでのリスニング学習における、最大の肝と言ってもいいと思います。

日常英会話コースには、他のコースにはない、リスニングPLUSというコーナーがあります。

日々のデイリーレッスンでのあなたのリスニング能力を分析し、あなたに合った専用のトレーニングを、リスニングPLUSを通して学習していくことが出来るんです。

スタディサプリのデメリット

無料ではない

スタディサプリは、正直デメリットを探すのが難しい教材です。まずひとつ、あえて言えば、無料ではないということ。

YouTube視聴などは無料なわけですから、それと比較すると、スタディサプリENGLISHは、月額1,980円(英会話)、2,980円(TOEIC、ビジネス英語)します。

自己投資にこの金額が高いと感じる人にとっては、料金がデメリットということになるでしょう。

スタディサプリは、6ヶ月パック、12ヶ月パックにすると割安になります。

またさらに、頻繁にキャンペーンも実施していますので、そのタイミングで加入すれば割安になります。安いときは、新日常英会話コースは、半額の月額980円で受講出来ます。

映画等の生の英語とは違う

スタディサプリで使用されている英会話は、ネイティブによる音声ではあるんですが、映画などで耳にする、ネイティブによるネイティブのための英語とは、またちょっと異なります。

要は、スタディサプリの英語の方が、私たち日本人にとっては聞き取りやすいんです。

特に英語初心者にとっては、聞き取れるレベルの英語でリスニング力を育てていくことは大切ではあるのですが、スタディサプリで英語が聞き取れた、イコール、字幕なしで映画が観れる、ということにはならないことは知っておいて下さい。

≫関連:スタディサプリの体験口コミ

プライムイングリッシュ

プライムイングリッシュ
項目評価
教材種類教材(本&CD)
学習内容根本(発音)
レベル初級/中級/上級
価格(お得度)★★☆☆☆
継続のし易さ★★★☆☆
効果期待度★★★★☆
公式サイトプライムイングリッシュ公式

YouTubeチャンネル「サマー先生と英会話!」や英語学習書籍「なりきり英語音読」などでも知名度上昇中の、サマーレイン先生が開発監修に携わった英会話教材が、プライムイングリッシュです。

実際の英会話を通して、英語特有の音声変化を習得していける教材です。

プライムイングリッシュのメリット

音声変化が学べる

英語という言語は、音の連結・脱落・同化・短縮・弱形・変形という6つの音声変化が発生します。

英語ネイティブスピーカー同士がカジュアルな場面で話す際は、音声変化しまくり英語を話すので、私たち日本人の英語学習者は、お手上げ状態になってしまうのです。

この英語音声変化を6ヶ月かけて学んでいけるのが、プライムイングリッシュの最大の魅力です。

聞く・話す両方の練習が出来る

プライムイングリッシュでは、音声変化した英語を聞く・話すの両面からあなたを鍛えてくれる学習方法を採っています。

リスニング学習だからといって、聞く学習だけをしていても、英語の聞く力はなかなか身につきません。

このページでも、リスニング学習の重要な要素のひとつとして、発音の学習も必要だとお伝えしました。

プライムイングリッシュで、音声変化を意識した英語発音を学び・練習することで、リスニング力も養われていきます。

もちろん、プライムイングリッシュの中では、リスニング自体の学習・練習も実践していきます。

初心者からでも始められる内容

プライムイングリッシュでは、シェアハウスの仲間同士で展開される人間模様ストーリーを通して、英語を学習していきます。

そこで使われる英会話は、けっして難しいものではありませんから安心してください。単語や英語フレーズも、英語初心者でも分かる範囲のものがほどんどです。

ですので、単語の意味が分からない、英文の意味がチンプンカンプン等ということで、勉強が滞ってしまうことはありません。

初心者からでも安心して、英会話(リスニング・スピーキング)や発音学習に取り組める教材となっています。

プライムイングリッシュのデメリット

スマホで勉強できない

最近の英語学習の流れは、スマホのアプリ教材になりつつありますよね。アプリ使った英語学習だと、通勤中や待ち時間など、いつでもどこでも隙間時間に勉強が出来て、とっても便利。

でも、残念ながらプライムイングリッシュは、CDとテキストブックを使った学習法なんです。

CD音声をダウンロードして、音声ファイルとしてスマホに移して勉強するという方法も取れなくはないけど、少々面倒なやり方。

プライムイングリッシュのアプリ版、もしくはWEB版を登場させて、スマホを使ってネット経由で学習できれば便利でいいのになと願っています。

価格が約3万円する

プライムイングリッシュの価格は、税抜29,800円です。

基本的な学習期間は半年なので、1ヶ月あたりの費用は、約5千円です。従来からある英会話教材の値段としては、標準的な価格帯ではあります。

でも、最近のアプリ教材(スタサプは月額1,980円から)や、オンライン英会話(QQEnglish月額3,685円から)のように、英語教材の価格は安価な傾向になりつつあります。

そういった価格体系と比較すると、プライムイングリッシュの料金は、若干高いことは否めないかと感じます。

≫関連:プライムイングリッシュの完全レビュー(感想)

NetflixやHulu等の動画配信サービス

ネットフリックス
項目評価
教材種類動画
学習内容練習
レベル上級
価格(お得度)★★★★☆
継続のし易さ★★☆☆☆
効果期待度★★★☆☆
公式サイトネットフリックス

動画配信サービス(VOD)では、たくさんの洋画や海外ドラマを視聴することが出来るので、英語学習の宝庫という風にも言えます。

ポピュラーなVODとしては、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、U-NEXT’、Disney+などがありますね。

動画配信サービスのメリット

映画やドラマ好きなら楽しみながら実践できる

筆者もNetflixと契約していますが、数え切れないほどの洋画や海外ドラマを観ることが出来ます。

コメディやアクション、恋愛ものまで、英語学習という堅苦しさもなく、趣味は実益を兼ねる、という感じで、楽しみながら英語に触れられるのがいいですよね。

まさに生の英語の連続

洋画や海外ドラマは、言語という観点から見れば、ネイティブによるネイティブのためのエンターテインメントです。

英語教材にように、英語学習者でも理解出来るように意識して喋られた言葉とは、完全に異なるわけです。まさに、100%生の英語です。

子供向け映画でもいいので、映画で使われているような生の英語に、英語初心者のうちから触れておくことは、とっても大事なことだと言えます。

動画配信サービスのデメリット

続かない可能性が高い

VODで洋画や海外ドラマを観ること自体は楽しいですが、英語学習と考えた場合には、ちょっと事情は異なります。

日本語字幕のみに集中して、英語音声はただの聞き流しでは、リスニング学習としての意味はありません。

なので、耳を澄まして、集中して聞く必要がある。でもそうすると、1時間のドラマ、2,3時間の映画鑑賞は、結構しんどいです。

英語学習として、映画やドラマを継続的に視聴し続けることは、けっこう難しいという現実が実はあります。

映画やドラマは、初心者には圧倒的に難しい

映画やドラマで使われる英語は、ネイティブによるネイティブのためのものだということをお伝えしました。

といことは、特に英語初心者にとっては、それらの英語を聞き取ることは、圧倒的に難しいわけです。挫折する人がほとんどです。

だからといって、娯楽目的で、英語はただ聞いているだけでは、全然効果もありません。

初心者でもトライできるような、難しくない映画やドラマを選びが、とても重要になってきます。

YouTube

YouTube
項目評価
教材種類動画
学習内容練習/根本(発音)
レベル全レベル
価格(お得度)★★★★★
継続のし易さ★★★☆☆
効果期待度★★★☆☆
公式サイトYouTube

動画配信サービス(VOD)以上に英語動画の宝庫なのが、YouTubeですよね。しかも、YouTubeは完全無料で利用出来るのですから、さらに魅力的です。

YouTubeは年々充実度が増してきているので、英語学習としての利用価値も、上がってきています。

英語学習としての、YouTubeチャンネル選びとしては、英語話者(ネイティブ)向けのチャンネルと、英語学習者向けのチャンネルとがあります。

英語話者向けのチャンネルは、英語リスニングの実践練習になります。英語学習初心者には、最初は、英語学習者向けのチャンネルから始めるのがよいかと思います。

YouTubeのメリット

完全無料

YouTube登場以前は、英語の録音音声や録画動画を入手しようと思ったら、CDやDVDなどを購入する必要がありました。もちろん有料です。

無料で済ませたかったら、ラジオを録音するなどするしかありませんでした。

それが今ならYouTubeで全部無料です。これは大きなメリットですよね。

学習素材が無限に選べる

YouTube動画は、1日あたり80年以上分(何時間分?)の動画がアップロードされているとのことです(2020年現在)。

これだけの規模になると、いったどれだけの数の動画が視聴可能なのかも、わからないほどです。

英語学習にYouTubeを利用しようと思ったら、勉強素材に困ることは、まずありません。

自分のニーズに合った英語学習チャンネルが探せる

YouTubeは動画数が無限にあり過ぎて、どの動画で英語学習をしたらよいのか、迷ってしまうほどです。

でもそんな無数のYouTube動画チャンネルの中でも、しっかりと探していけば、あなたに合った動画チャンネルに出会うことが出来るのが魅力でもあります。

例えば、筆者の場合は、海外ドラマを聞き取るリスニング能力を伸ばしたかったので、「Learn English With TV Series」という動画チャンネルの視聴が助かりました。

ちなみにこの動画チャンネルの登録者数は200万人以上います。

日本人ユーチューバーによる英語学習チャンネルもありますが、海外ユーチューバーによる、英語学習チャンネルも実は沢山ありますよ。

YouTubeのデメリット

体系的に学習できるチャンネルが少ない

YouTubeは、英語学習に利用できる動画チャンネルが沢山あるのは、とても良いところ。

しかし問題は、1つのチャンネルでの学習を通して、体系的に英語が学べるチャンネルがなかなか見つからないという点です。

参考書や英語教材ならば、その参考書や教材内で学習目標が完結出来るように、中身が作成されています。

しかしながら、YouTubeの場合は、そういったチャンネルがまずありません。

人気の英語学習チャンネルもありますが、人気があるチャンネルほど、動画は次々に足されていきます。なので、終わりがないんです。

全体像を最初に作成した上で、必要な動画で全体を構成していく、という作り方でないため、体系的な英語学習には向きません。

リスニング練習として利用するなら少々厳しい

英語学習目的でYouTubeを利用する際は、英語話者向けチャンネルと、英語学習者向けチャンネルがあることをお伝えしました。

英語話者向チャンネルを英語学習として利用する際には、注意しておくことがあります。

何かというと、英語話者向チャンネルの動画は、日本人英語学習初心者には、ほとんど聞き取れないことです。

英語聞く際は、ちょっと難しい分には、聞き取りの練習に良いですが、あまりにレベルがかけ離れていると、まったく意味をなさなくなります。

もしあなたが、YouTubeにアップロードされている、ネイティブ向けの動画で英語練習をしてみたい、と思うのでしたら、この後に紹介するレッドキウイや、イングリッシュセントラルといった教材を利用する方が良いと思います。

種類が多すぎて自分のニーズにマッチしたチャンネルを探すのが難しい

YouTube利用のメリットとして、あなたに合った動画チャンネルに出会うことが出来るのが魅力だとお話しはしました。

しかし実際は、自分に最適の動画チャンネルを探し当てるのが、けっこう難しいです。

動画チャンネルはどんどんと増えていきますし、実は海外に良質の英語学習チャンネルがあったりもします。

また、動画チャンネル内の、あるコーナーが、あなたに最適の動画が揃っている場合もあります。

動画があまりに沢山あり過ぎるがゆえに、その情報全体を把握している人もほとんどいないのが現実です。

その結果、あなたに適したYouTubeチャンネルが仮にあったとしても、それを探し当てるのが至難の業なのです。

レッドキウイ

RedKiwi
項目評価
教材種類アプリ
学習内容練習
レベル初級/中級/上級
価格(お得度)★★★★★
継続のし易さ★★★★☆
効果期待度★★★★☆
公式サイトRedKiwi

YouTubeのショート動画を利用した、英語教材アプリです。生のネイティブ英語のリスニング学習をするのに最適で、最近の筆者のお気に入り学習アプリです。

有料版と無料版がありますが、リスニング学習で利用する分には、無料版で十分ですよ。

レッドキウイのメリット

ディクテーションが無料で出来る

英語のリスニング学習に、ディクテーションは最適の方法と言われています。筆者自身もスタディサプリENGLISHを通して、アプリを使うばディクテーションがこんなにも快適に出来るのかと驚きました。

レッドキウイでは、アプリでの英語ディクテーションが無料で実践することが出来ます。

レッドキウイは基本、有料アプリなんですが、無料でも時間制限はあるもののディクテーション機能を使うことが出来るんです。

1から2分程度なので集中出来る

英語のリスニング学習で大切なことは、集中力。特に、初心者だったら1分間集中して英語を聞くだけでも、最初はけっこう大変なくらいです。

レッドキウイで使用する英語動画は、1分から2分程度なので、集中して聴く英語の長さとしては最適です。

学習継続という意味でも、これくらいの動画の長さが良いと思います。

映画の予告や海外ドマラ等が多数ありリアルな英語が満載

レッドキウイで使用される教材動画は、YouTubeにアップしてある映画の予告や海外ドラマの一部など、ネイティブが普通に使っている生の英語の宝庫になっています。

こういった教科書英語でない、生の英語でリスニング学習しておくことはとっても大事です。

生の英語を聞くのは、英語初心者には最初難しく感じるかもしれないけど、時間は1~2分だし、字幕を使ったり、ディクテーションが出来たりするので、徐々に聞き取れるようになっていきますし、英語学習にはピッタリ素材です。

レッドキウイのデメリット

レベルは3段階

レッドキウイに収録されている動画は、3段階の英語レベル表示が付いています。学習する際の目安にするといいですね。

でも、次に紹介するイングリッシュセントラルの7段階レベルと比べると、ちょっと大雑把な分け方のような感じもしますね。

でも、実用上はさほど問題にはならないから、気にしなくてもいいとは思います。

1日10分

レッドキウイを無料で使用しようと思うと、1日10分という、時間の縛りがあります。

とはいっても、実は1時間おきに、リセットされるので、実質は1時間あたり10分間、とうことになります。続けて10分以上やりたい、という場合は、不便に感じることにはなりますが。

ちなみに、時間がカウントされるのは、動画が再生されている間だけです。ディクテーションなどの学習時間は、カウントされません。

イングリッシュセントラル

イングリッシュ・セントラル
項目評価
教材種類アプリ/サイト
学習内容練習
レベル初級/中級/上級
価格(お得度)★★★★★
継続のし易さ★★★★☆
効果期待度★★★☆☆
公式サイトEnglish Central

イングリッシュセントラルも、レッドキウイと同じように、YouTubeなど動画サイトの1分程度のショート動画を使用した、英語学習アプリ教材となります。

イングリッシュセントラルは学習範囲がさらに広くて、リスニング学習から、スピーキング学習、オンライン英会話レッスンへと学習が続いていきます。

有料アプリですが、無料でも使えます。ただし、無料で使える範囲は少々狭いです。

イングリッシュセントラルのメリット

動画のジャンルが豊富

動画サイトを活用して、生のネイティブ英語でリスニング学習が出来るのが、イングリッシュセントラルの魅力のひとつです。

しかも、選べる動画ジャンルが、ビジネス、アニメ、日常英会話、アカデミック、メディアなどから、英語学習者のための、発音、英文法、英会話表現など、実に豊富です。

WEBでもアプリでも可能

レッドキウイはアプリのみでしたが、こちらイングリッシュセントラルは、アプリだけでなくて、WEBサイトでも学習可能です。

アプリは便利だけど画面が小さいので、自宅にいるときはコンピュータ画面を使いたい時ってありますよね。イングリッシュセントラルであれば、それが可能です。

英語レベル7段階から選べる

英語レベルが細かく分けられているのも、イングリッシュセントラルの特徴です。

レベル1:TOEIC350点未満、レベル2:~400点、レベル3:~500点、レベル4:~600点、レベル5:~730点、レベル6:~850点、レベル7:~990点となっています。

最初にあなたの英語レベルを設定しておくと、あなたのレベルに合った動画が標準的に表示されるようになります。

発音学習も出来る

イングリッシュセントラルでは、スピーキング学習も含まれていて、動画に登場する台詞を、真似て発話し、あなたの発音をAI判定で採点してくれます。

リスニング学習は、英語を聴くだけでなく、英語の発音からも上達させることが必要となってきますので、理想的な学習が出来るわけです。発音解説の動画も用意されています。

イングリッシュセントラルのデメリット

無料だと制限がけっこうある

英語のリスニングをするだけなら、「見る」機能で制限なく利用することが出来ます。

でも、その次のステップ「学ぶ 単語学習」「話す セリフを音読」に関しては、無料だと月2回までしか利用できないという制限がつきます。

洋画や海外ドラマが少ない

イングリッシュセントラルは、動画のジャンルの種類が多いです。ただ、ちょっと英語学習者向けを意識してか、偏りがあるような感じがします。

レッドキウイでは、洋画や海外ドラマが豊富にあって、その点が気に入っていたのですが、イングリッシュセントラルでは、ほとんど見かけません。

イングリッシュセントラルでは、メディアというジャンルコーナーで映画関連動画がありますが、レッドキウイに比べたら、かなり少ない印象です。

英語リスニング

英語リスニングアプリ
項目評価
教材種類アプリ
学習内容練習
レベル初級~中級
価格(お得度)★★★★★
継続のし易さ★★★★☆
効果期待度★★★★☆
公式サイト英語リスニング App Store
英語リスニング Google Play

「英語リスニング」という名称の、英語リスニング教材のアプリです。

30秒から2分程度の英語音声を集めたリスニング教材集で、音声の種類も、世界の話題、経済ビジネス、国際政治、アメリカのニュースから、スポーツ、科学、生活、英会話、英単語まで、幅広くカバーしています。

英語初心者から中級者には、超おすすめのアプリです。

英語リスニングのメリット

初心者でもトライ出来る

英語のリスニング学習というと、英語初心者にとっては敷居が高いと感じてしまいがちですが、英語リスニングアプリを使えば大丈夫だと思います。

どんな話題も30秒~2分程度に上手にまとめてあって、しかも分かりやすい英語で話してくれています。

BBCやVOAのラーニングイングリッシュと比較しても、それよりもさらに格段に聞き取りやすいです。

なので、英語初心者にとって大切な、「英語が聞き取れる!」という喜びと自信を与えてくれます。

使い勝手も良い

アプリの音声再生には、スピード調節(0.5倍速~2倍速まで全6段階)が付いています。

繰り返し再生機能や、字幕も日本語と英語、それぞれでON/OFFも可能になっています。操作面においても申し分ありません。

これで無料

毎日新しい音声も追加されて、日々の英語リスニング学習に使うのに最適な、便利極まりないアプリであるにもかかわらず、費用が一切掛からない、無料アプリというのが嬉しいです。

英語リスニングのデメリット

無料だから広告は付く

英語リスニングアプリは無料だから嬉しいと話をしましたが、無料がゆえの宿命で、アプリ使用中には、広告が表示されます。

このアプリの場合には、有料版にして広告表示を消すという手段もないため、広告表示から逃れることができません。でも、そうはいっても、

特に邪魔になる程の広告でもない程度なので、まあOKだと思います。

英語レベルは1段階のみ

英語リスニング練習アプリは通常、英語レベルの選択が出来るのが一般的なのですが、このアプリは、英語レベルは1段階のみです。

実際は、英語レベルの表示すらありませんので、1段階かどうかは不明なのですが、筆者が聴く限りは、「易しいレベル」の1段階だと思います。

初心者用教材だと思えば、レベルはこれ1つで、問題はないとは思います。

NHKゴガク(WEB版)

NHK
項目評価
教材種類サイト/アプリ
学習内容学習
レベル初級/中級/上級
価格(お得度)★★★★★
継続のし易さ★★★☆☆
効果期待度★★★☆☆
公式サイトNHKゴガク

NHKラジオとNHKテレビで放送している英語番組をWEBで視聴できるという、なんとも便利なサービス。

英語学習者のあなたなら知っていると思いますが、NHKって沢山の英語講座を開催しているんですよね。

それが、どれでもあなたの好きな時間に視聴できるので、英語学習にはもっってこいなんです。

テキストを購入して受講するというのが本来のやり方ではあると思うのですが、あえてテキストを使わずに利用することとで、リスニングに集中した学習法を取ることが出来ます。

NHKゴガクWEBメリット

講座の種類が多い

NHKラジオの英語学習放送が13番組、NHKテレビの英語学習放送が7番組の、合計20の英語学習番組がオンライン視聴できるのがWEB版のNHKゴガクになります。

NHKゴガクはアプリ版もあるのですが、アプリ版はラジオ番組のみ(13番組)となります。それでも、結構な数ですよね。

1年かけて体系的に学べる

NHKの英語講座の良いところは、体系的に学習ができるところだと思います。どの講座も1年間かけて、体系的に学習を進めていきます。

YouTubeを使った英語学習などは、いきあたりバッタリの学習になりがちなのに対し、この点がNHK講座での英語学習のメリットです。

講座時間の長さが丁度良い

どの英語講座も、時間は約10分~15分です。時間が長いと、継続するのが難しくなります。短すぎると、勉強にりませんしね。

NHKの語学講座の良いところは、丁度よいベストな時間の長さなところです。NHK語学講座は長年続いていますので、そういったところも十分に考慮されているのだと思います。

NHKゴガクWEBデメリット

保存期間は1週間

NHKの英語講座は4月から始まって1年間続くのですが、NHKゴガクで視聴出来る番組は、直近の1週間分になります。

NHKの英語講座はせっかく体系的に英語学習が出来るのに、4月の開始時を逃したら、遡って視聴できないということになってしまうのがデメリット。

奥の手としては、NHKラジオ語学講座ストリーミングをダウンロード出来るソフト(アプリ)の「ラジリンガル」があるので、それを使うという方法があります。

PC版は無料、Android版は有料、iOS版は残念ながらありません。

リスニング学習専門番組はないし、日本語も入る

NHKの英語講座は、日本人講師やバイリンガル講師が授業を進めていく形になります。なので、説明部分は日本語で行われます。

元々が英語リスニング学習番組というわけではないですし、英語リスニング学習という観点からすると、日本語が邪魔、という風に感じる人もいるかもしれません。

テキストがないと聞いた英語の正解が分からない

NHKゴガクは、NHKラジオとNHKテレビの英語講座の音声&動画視聴ツールです。ですので、もともとこれらの授業には別売りでテキストブックが販売されているわけです。

NHKゴガクだけで学習する分には、テキスト代も掛からなくて、無料で勉強出来て良いのですが、流れてきた英語が聞き取れなかった場合、テキストがないと、実際英語でなんて言っていたのか確認できない、という問題は生じます。

洋楽

洋楽
項目評価
教材種類音楽
学習内容練習
レベル上級
価格(お得度)★★★★★
継続のし易さ★★★★☆
効果期待度★★☆☆☆
公式サイト音楽配信サイト等

アメリカやイギリスなどの、洋楽を聴く機会もきっと多いんじゃないかと思います。あなたのお気に入りのアーティストもいるかもしれませんね。

好きな音楽で英語の勉強も出来たら、一石二鳥ですし、楽しみながら英語学習が出来ますよね。

洋楽のメリット

音楽好きなら、やる気に繋がる

「好きこそ物の上手なれ」という言葉もあるように、好きなことであれば、やる気も湧いてくるし、努力もするし、上達もする。

そう考えた場合、音楽好きのあなたであれば、洋楽と英語学習を組み合わせるメリットはあると言えそうですね。いくら聴いていても飽きない、というメリットもありますね。

音声変化が学べる

英語のリスニングで日本人が苦労するのが、英語特有の音声変化。この音声変化を学ぶのに洋楽はもってこいの教材と言えます。

なんせ、ネイティブが歌う歌詞は、音声変化の連発ですから。

ただ聴いているだけだと、何言っているか分からない、で終わってしまいますが、あなた自身で真似て歌ってみると、どんな風に歌手が音声変化させているのかが、身を持って分かります。

なので、洋楽は、音声変化の良い学習教材と言えるわけです。

ひとつひとつのセンテンスが短いのが良い

長い英語の文章を聞くのは大変という人も、英語の歌詞であれば、ひとつひとつのセンテンスも短いというメリットがあります。

また、同じフレーズが繰り返す使われることも多いので、そこの部分のセンテンスの発音に慣れやすいという利点もあります。

洋楽のデメリット

聞き取りの難易度は極めて高いものが多い

洋楽は英語の音声変化を学ぶ良い教材となるという話をしましたが、音声変化は私たち日本人にとっては、聞き取るのがとっても難しいもの。

なので、聞き取りの難易度は、洋楽はかなり高いです。

「音楽だったら、楽しく英語学習が出来ると思ったのに…」という落胆の気持ちから、心が大きく折れてしまう英語学習者が多いのも現実です。

意味理解は難しい

洋楽の歌詞は、短いセンテンスでも、何を言いたいのか意味がよくわからないというケースがけっこう多いです。

日本の音楽でもそうですが、歌詞っていうのは、比喩的であったり、暗示的であったりして、母国語でない人からすると、意味がチンプンカンプンなんてことがよくあります。

意味をあまり気にしすぎると、よけい挫折感が増すかもしれません。

洋楽で英語学習する場合は、一度最初に日本語訳をみて、曲全体の意味のイメージを掴んでから取り掛かるといいと思います。

参考書

参考書
項目評価
教材種類参考書
学習内容練習/学習/根本(発音)
レベル初級/中級/上級
価格(お得度)★★★★☆
継続のし易さ★★☆☆☆
効果期待度★★★★★
公式サイト書籍販売店

沢山の種類の英語リスニング関係の参考書が発売されています。アマゾンで、英語>リスニング、で検索してみても、657冊の検索結果が表示されました。

筆者自身も今までに、「VOAリスニングトレーニング」「英語リスニング・クリニック」「機関銃英語が聴き取れる」など、何種類もの英語リスニング関連の参考書を購入しました。

また最近では、「英語耳」、「究極の英語リスニング」、「5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる」などが人気ですね。

参考書のメリット

情報の正確さ

書籍の良いところは、記載されている内容の信頼度が高いことが挙げられます。

WEBサイトや英会話教材などよりも、安心して信用して使用することが出来ると思っています。

やはり出版社を通して、情報を世間に公開するというのは、個人が好き勝手に情報を発信するSNSなどと比べると、求められる情報の正確さのレベルが違うということですね。

丁寧

参考書という紙媒体でリスニングや発音の説明をするということは、言葉や画像で伝えるよりも、より丁寧に伝える必要が生じます。

良質の参考書を見ると、実に上手く言葉を使って、私たちに丁寧に説明してくれているのが印象的です。

安い

英会話リスニング教材などの多くは、数千円から数万円するのに対し、参考書の場合は、多くは千円台で購入できます。

中古の古本なら、さらに安く買えます。また、Amazon Kindle Unlimited会員であれば、追加料金なしで利用できる参考書もかなりの種類があります。

参考書のデメリット

続けるのが難しい

筆者が感じる参考書の一番のデメリットは、学習継続が難しいこと。

参考書の中身は概ね素晴らしいのですが、日々続けるモチベーションの維持がどうしても難しい。

アプリ教材のスタディサプリなどは、学習履歴が残ったりとか、完成度の高いストーリー展開で、次の日も学習したくなるのに対し、参考書の場合は、勉強って感じが強すぎて。

また、ワクワク感とかも、特にないんですよね。参考書を使ってでも、自分でモチベーションMAXを維持出来れば、最高の学習教材になるとは思います。

他の本に目移りしまいがち

これも、実は陥りがちな参考書の盲点。参考書はとにかく種類が多い。これって選ぶ上では良いことなんだけれど、そのあと目移りしてしまう気持ちが生まれるんです。

購入した参考ををやりながらも、「別の参考書の方がよかったかな。」という気持ちが生まれてきてしまうんです。

筆者が、「何種類もの英語リスニング関連の参考書を購入しました。」と言ったのも、実はそれが原因。

本来なら、一冊を繰り返しやるぐらいのほうがいいのに、やりかけ途中にもかかわらず、ついつい次の本に手を出してしまう。

その結果、何冊も購入してしまっている、というのが現実なんです。

口の動きが見えない

参考書は紙面で情報を伝える必要があるので、言葉で丁寧に説明してくれている、という話をしました。たしかにその通りなんですが、逆を言えば、そうしないと動画説明にはかなわないということ。

特にリスニングの肝となる、発音の説明は、動画で実際の口の動きを目で確認出来た方が、正直、一番分かり易いです。

まとめ

英語リスニング教材の選び方について、お伝えさせてもらいましたが、いかがでしたでしょうか?

英語が聞き取れないのには、幾つかの理由があります。まずはとにかく英語の音が正しく拾えるようにすることが大事なんだ、ということに気が付いてくれたかと思います。

英語の音が正しく拾えるには、

1.英語の聞き取りの練習
2.聴き取り学習をより効率的にするための学習
3.英語の正しい音を知るための根本となる発音学習


が大事です。
この3つ学習のどれもを大切にして下さい。

英語リスニング教材とひと口にいっても、いろいろなジャンルの教材があります。どの教材があなたにピッタリかは、個人差があります。

ですので、絶対にこの教材を使わないとだめとか、逆に、この教材を使っては駄目とはいいません。

でも、英語初心者のあなたにとって、どんな教材を選べが良いのかのヒントが、このページにはあったかと思います。

筆者のおすすめを言わせてもらえば、アルクのヒアリングマラソン、スタディサプリENGLISHは、断然おすすめで、間違いないと思います。

あとは、レッドキウイ英語リスニングの2つのアプリは無料ですし、どちらかひとつは是非インストールして、毎日の学習の一部に取り入れて欲しいと思っています。