スタサプ ビジネス英語コース

2020/2/20(木)16:59迄
最大6千円キャッシュバック実施中!

実はメチャメチャ売れている評判のオンライン英語教材「スタディサプリENGLISH」の新たなラインナップとして、待望の「ビジネス英語コース」が、登場しています。

仕事で英語を使わないといけない状況のビジネスパーソンにとっては、待ちに待ったシリーズになりますね。

また只今、ビジネス英語コースではキャンペーンを実施中です。

あなたは今まで、英語学習を継続することが、大変だと感じてきませんでしたか?

筆者も正直、独学で英語学習を継続することは、今まで結構大変だと感じていました。

そんな筆者が、「スタディサプリENGLISH 日常英会話コース」を利用したら、9ヵ月間、1日も休まず英語学習を継続することが出来たんです。

スタディサプリだからこそ、継続出来たと言って過言ではありません。

だって、スタディサプリだと、勉強が全然苦にならない。

逆に、むしろ毎日楽しみなくらい。これ、本当です。

この経験から、スタディサプリという教材には、筆者自身、絶対の信頼をおいています。

そのスタディサプリから登場したビジネス英語の教材ということで、ぜひ試してみたいと思っていました。

9ヵ月続けていた日常英会話コースの学習がひと段落ついたこの機会に、ビジネス英語コースに申し込んで、試してみることにしました。

仕事でも使えるビジネス英語をぜひ身に付けたいと思っていたからです。

そして、ある程度、ビジネス英語コースを使い込んでみた段階で、教材の感想を整理して、レビュー公開することにしました。

客観的な教材の良し悪しも分かりましたし、「こういう人は、ビジネス英語コースを選んだ方がいい」とか、逆に、「こういう人は、ビジネス英語コースを選ぶ必要なし」ということも言えると思います。

「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」が気になるけど、どうしようかと悩んでいる方は、最後まで読んで頂けると、購入するか、見送るか、決められるかと思います。


この動画は、桐谷美鈴さん出演のスタサプ(スタディサプリのことですよ!)のCMです。「TOEIC TEST対策に1回3分!」「ビジネス英語に1回3分!」のキャッチフレーズで、スタディサプリENGLISHのTOEIC TEST対策コースと、ビジネス英語コースを紹介しています。

「スタディサプリENGLISH」と名前が付くコースプランは、全部で5つあります(順序は、発売順)。

1.日常英会話コース
一番最初に発売された英会話学習コース。
現在は新規受付はしていませんが、以下の2~5のコースに申し込むと無料で利用可能。

2.TOEIC L&R 対策コース ベーシックプラン
TOEIC対策に特化したコース。関正生 先生の神授業が好評。月額2,980円。

3.TOEIC L&R 対策コース パーソナルコーチプラン
TOEIC対策コースに、専任のコーチが付いてサポートしてくれる。3ヵ月68,000円~。

4.ビジネス英語コース←当ページでご紹介
当ページでご紹介のビジネス英語が学べるコース。2019年7月末登場。月額2,980円。

5.新日常英会話コース(新登場)
2019年11月26日に登場した最新コース。
海外旅行英会話や訪日外国人に対応する英語等が学べる。月額1,980円。


どの教材も、最初の7日間は無料で試すことが出来ます。

さらに、現在スタディサプリENGLISH全てのコースにて、お得なキャンペーンを実施中。詳しくは、各公式サイトをご覧ください。

こんな人におすすめ スタディサプリENGLISHビジネス英語コース

実際の使用写真

メーカー勤務の人や商社マン等の会社員の方で、英語を使わなければならない状況に陥ったけど、ビジネスで英語を使う自信がない。

英語コンプレックスがある。

部下の方が英語が出来て肩身が狭い。

このような状況の方は、スタディサプリENGLISHビジネス英語コースを試す価値が大いにあります。

なぜなら、スタディサプリのビジネス英語コースでは、ビジネスシーンで使用する英語フレーズがバンバン登場してくるからです。

英語が実際に使えるかどうかは、どれだけ必要な英語フレーズに慣れ親しんでいるかが、大きな鍵になってきます。

そうでないと、その英語フレーズを使った英語が口からとっさに出てこないですし、英語を聞く際も、知った英語フレーズが多ければ、途中で思考が止まることなく、話を聞き続けることが出来るからです。

スタディサプリ・ビジネス英語コースは、実践を想定したドラマ形式のストーリーの中で、あなたが後々に、

「知ってて良かった~!」

と思えるような英語フレーズがどんどん登場してきますから、間違いなく役に立ちます。

ビジネス英語コースのストーリーは、メーカーで働く若手男性社員が主人公。

海外出張に行ったり、事業部の危機に直面したり、新商品の開発に携わったり、海外進出の夢の実現のために奮闘したり、といった内容。

筆者も20代の頃は、メーカー勤務の営業マンだったので、主人公の立場の気持ちになり切って学習に取り組めました。

もしその当時に、スタディサプリ・ビジネス英語コースに出会っていたら、どんなに助かったことか、なんて思ってしまいます(その頃は、オンライン英語教材なんて夢のまた夢でしたけどね)。

従来からの、日常英会話コースでも、ビジネス英語は一部出てきますが、レベル5のレッスン221から235の15レッスンでの採用面接での英語、レベル6の181から190の10レッスンで同僚との会話がある程度に過ぎません。

また、日常英会話コースのレベル5ではTOEIC550~600点、レベル6はTOEIC600~740点の学習者向けですから、それ以外のレベルの人は、日常英会話コースではビジネス英語に触れることも出来ません。

仕事で英語を使うかもしれない人や、現在すでに仕事で英語を使用していて、さらにレベルアップを望む人は、スタディサプリの「ビジネス英語コース」を選ぶことをお勧めします。

月額料金は、日常英会話コース(月額980円)よりビジネス英語コース(月額2,980円)の方が高くはなりますが、自己投資の額としては、スタディサプリ自体が格安だと思います。

ビジネス英語コースを選べば、日常英会話コースも同時に無料で利用できます。

ただしもしあなたが、仕事とは関係なく、生涯学習として英語を勉強したかったり、海外旅行のための英語、外国の彼氏・彼女が欲しい、これからワーホリで海外に行く、TOEIC300点レベル以下の場合は、日常英会話コースを選ぶことをおすすめします。

日常英会話コースもメチャメチャ良い教材なので、後悔することはありません。

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースはこんな教材

ビジネス英語コースは、従来からの日常英会話コースではカバーしきれなかった、ビジネスシーンにおける英会話を学べる教材内容になっています。

日常英会話よりもビジネス英語の方が難しい、というようなことはありません。どのような状況設定シーンをベースに英会話を勉強するかの違いです。

スタディサプリENGLISHの日常英会話コースの方は、学生生活、恋愛、地域のボランティア活動、仕事やプライベートの悩みなどが会話のベースになっています。

それに対しビジネス英語コースの方は、社内関連部署とのやり取り、上司や同僚との会話、取引先との交渉などの英会話をベースに学習を行なっていきます。

あなたが英語を使用するのが「仕事」がメインだとしたら、ビジネス英語コースで英語を学んだ方が、実用的であり、効率的でもあります。

ビジネス英語コースを軸に勉強しつつ、余力があれば、同時に無料で利用できる日常英会話コースをやるのもいいと思います。

ビジネス英語コースは自分のレベルに合っているか?

ビジネス英語コースの受講目安は次のように示されています。

レベル1 TOEIC400点程度
レベル2 TOEIC600点程度
レベル3 TOEIC730点程度
レベル4 TOEIC860点以上


日常英会話コースのようにレベル試験があるわけではないので、あなたに合ったレベルをあなた自身で決めて、学習スタートすることになります。

このレベル一覧表から見ると、TOEIC400点未満は対象外ということになります(でも実際はTOEIC400点未満の人でも利用可能。理由はこの章でご説明)。

さて、筆者が実際に、レベル1~4の全レベルを、チェックを兼ねて全て体験してみました。

レベル1の最初のレッスンは、「Hello.」「Nice to meet you.」「I’m Taro.」程度の英語から始まりますので、TOEIC400点未満の人でも始められるのではないかとも思います。

また、ビジネス英語コースでは、レベル1開始前の段階として、「基礎英文法講座」があります。

全部で30レッスンから構成される、英語初級者のための英文法講座です。

動詞、前置詞、副詞、動詞の時制、不定詞、比較、仮定法などが、動画での解説講座や演習問題などで構成された講座です。

もしあなたがTOEIC300点~400点の英語力でしたら、この基礎英文法講座から始めることで、ビジネス英語コースを始めることが出来ます。

TOEIC300点未満(英検4級、5級)でしたら、やはりまずは日常英会話コースをやるのがいいでしょう。

逆に英語上級者はどうでしょうか?

ビジネス英語コースのレベル4は、TOEIC860点以上が対象となっています。TOEIC900点以上の上級者でも、ビジネス英語コースレベル4を受講すると、目からうろこのところが沢山あるはずです。

日常英会話コースの最上級レベルであるレベル7を完了した人でも、ビジネス英語コースに取り組む価値は十分にあります。

ビジネス英語コースでの各レベルの違いをもう少し詳しく知りたい?

ビジネス英語コースでの、レベル1からレベル4の違いについて、もう少し詳しく説明しますね。
 
前述した通り、一番下はTOEIC400点レベルから、一番上はTOEIC860点以上レベルでのレッスンとなります。
 
 
では実際に、レベルが上がるに従ってどう違ってくるかと言うと、使われる英語の構文とかは、当然、やや難しい内容も含まれてくる傾向はあります。
 
よりビジネスっぽい英語表現が増えてくるな、という印象です。
 
 
しかし、もの凄く難しくなっていく、というわけではありません。
 
筆者が特に感じたことは、レベルが上がった際の大きな違いは、英文の長さです。ちょっと次の比較表を見て下さい。
 

コースレベル TOEIC点数 1レッスン当たりの英文の長さ 1センテンス当たりの最大単語数
1 400点 32秒 10語
2 600点 53秒 13語
3 730点 1分20秒 13語
4 860点以上 1分53秒 25語

(各レベルのレッスン10を受講した際の数字)


この一覧表を見れば分かる通り、レベルが上がっていくと、1レッスン当たりの英文の長さ(時間)がどんどんと長くなっていきます。

1センテンス当たりの最大単語数(要は、1センテンス当たりの英文の長さ)も長い文章が増えてきます。

こうなってくると、英語聞き取りの際の、スタミナ力が必要とされてきます。


レッスン1では、約30秒の英語を聞いて、内容を理解すればよかったものが、レッスン4では、約2分間、ずっと英語の内容を理解しながら聴き続ける力が求められるわけです。

大変だなあ、と思いますよね。たしかに、大変にはなってきます。

でも、心配しないでください。

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースで継続して学習していくと、まさにこの力が養っていくことが出来るわけです。頑張る価値は、おおいにありますよ。


スタディサプリEnglish ビジネス英語コース


ページ上部目次へ

ビジネス英語コースの学習内容

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの学習内容は、1日(1レッスン)15分~30分程度のボリュームとなっています。

1レッスンは全部で8つのパートから構成されています。

1パートあたり、1~3分程度のところが大半なので、スキマ時間を活用しながら、コマ切れに1日の学習を進めることも可能です。

以下表は、筆者が実際に試した学習時間です。
(各レベルのレッスン10を受講した際の時間)

  レベル1 レベル2 レベル3 レベル4
会話理解クイズ 1分01秒 1分43秒 2分20秒 2分46秒
単語イディオムチェック 31秒 28秒 55秒 36秒
ディクテーション 4分02秒 4分09秒 6分06秒 7分00秒
会話文チェック 1分24秒 2分07秒 3分46秒 3分17秒
シャドーイング 52秒~
4分08秒
1分43秒~ 2分04秒~ 2分22秒~
キーフレーズチェック 2分11秒 2分13秒 3分01秒 2分15秒
リード&ルックアップ 1分36秒 1分10秒 1分47秒 1分02秒
瞬間発話プラクティス 1分49秒 1分16秒 2分04秒 1分41秒
合計時間 15~17分 15~20分 22~30分 21~30分

シャドーイングは、字幕付きと字幕無しの方法があります。またシャドーイング実施後に自分の発話音声チェックをする方法としない方法もあります。

従いまして、シャドーイングに関しては、どの方法で学習するかによって、時間に幅が生じます。

それでは、8つのトレーニングについて、学習画面も見ながら、もう少し詳しく解説していきましょう。

ちなみに、学習はパソコンでもタブレットでもスマホでも出来ます。

筆者は最初は、パソコンで主に学習していましたが、途中からは、すっかりスマホ派です。

外出先でも、移動中でも、あと自宅内のどの部屋に居ても勉強できますからね。布団の中、居間、トイレの中、どこでもOKです。

スタディサプリは、スマホとの愛称が抜群に良い教材です。

スマホを使えば、毎日の学習継続が楽チンです。

1.会話理解クイズ

会話理解クイズ-1

ひと通り、英語の会話を聴いた後、あなたがどれだけ内容を理解しているか、3つの質問が出されます。

答えは、4択の中から選びます。制限時間は30秒です。

質問文も選択回答文も英文なのですが、焦らずに冷静に読むことで正解率は高まるかと思います。

これも訓練の一環と言えそうですね。聞き取りに自信がなかった場合は、繰り返し英語を聞くこともできます。

会話理解クイズ-2

答え合わせでは、解説も付いていますので、そこでより理解を深めることが出来ます。

この会話理解クイズを日々繰り返すことを通して、英語を聴いた際に、会話の主要なポイントを理解していく力が養っていけます。

2.単語イディオムチェック

各レッスンで使用されている、英単語やイディオムの意味を答えるテストです。

各質問の制限時間は5秒間。出来る限り、瞬時に答えられるようにしましょう(英語の瞬発力が鍛えられるので)。

単語イディオムチェック-1

質問の数は、レベルが上がると増えていく傾向にあります。

各レベルのレッスン10での質問数

レッスン1 6個
レッスン2 5個
レッスン3 12個
レッスン4 19個

単語イディオムチェック-2

不正解だった問題や、自信がないけどたまたま正解になった問題などには、チェックマークを入れておくと、後々の復習トレーニングのメニューに盛り込むことが出来ます。

3.ディクテーション

ディクテーションは、聞き取った英語を一語残らず書き取りをしていく学習方法です。

そして、ディクテーションは、英語のリスニング力をアップさせるために、最高に効果がある方法だと、英語の達人たちが声を揃えて推奨している英語学習方法でもあります。

しかし、そうは言われても、実際には超面倒くさくて、絶対に継続できないのがディクテーションです。

筆者も、長年、ディクテーションは手つかずの学習方法でした。そんな筆者が、初めてディクテーションを毎日継続出来るようになったのが、スタディサプリENGLISH日常英会話コースでのディクテーションでした。

パソコンを使っても、スマホででも、ディクテーションが楽しくて、毎日やり続けていたのです。

今までの自分からしたら、奇跡です。

そのディクテーション学習が、ビジネス英語コースでも採用されています。ディクテーションをやると、英語の細部まで聞き取る力を養うことができます。

ディクテーション-1

どうしても聞き取れない場合は、「パス」をしたり、「一文字ヒント」を使うこともできます。

ただし、これらの機能を使用した場合は、問題正解したことにはなりませんので、ご注意を。

3段階ある再生スピード

スタディサプリENGLISHでは、音声スピードを次の3段階から選ぶことが出来ます。

速い 1.2倍速にした中上級者向けスピード
普通 標準レベルの学習者向けスピード
遅い 0.8倍速にした初心者向けスピード


筆者は、日常英会話コースを実践していた際は、どのレベルの受講時でも1.2倍速の「速い」スピードでずっと学習していました。

時には、速過ぎて聞き取れないこともありましたが、たいていはなんとかはなりました。

それと比較すると、ビジネス英語コースでは1.2倍速にすると、かなり速く感じる時があります。

日常英会話コースの1.2倍速よりも、ビジネス英語コースでの1.2倍速の方が、間違いなく速いと断言します。正直、苦戦するときがあります。

どうしても聞き取れない時には、聞き取れないセンテンスだけ、標準速にスピードを落として、リスニングする、ということもしています。

ビジネス英語コースでは、長文の少し込み入った英文を理解する、というスキルが求められます。

スピードを落としてでも、長い文章をそのまま理解する能力を高める学習をする、ということに注力した方がいいと筆者は思います。

4.会話文チェック

会話理解クイズで聞いた英語を、あらためてリスニングするセッションです。

会話文チェック-1

再生ボタンを押すと、ひと通りの英会話音声が全て再生されます。

また、各セリフは吹き出し形式で表示されていて、その吹き出し台詞のところをクリックすると、各セリフのみ再生させることも可能です。

筆者の学習方法は、まずは全体の英会話を全て聞きます。

通常は一回、必要ならば二回聞きます。そこで、細部も含めて聞き取れないところを気に留めておきます。

その上で、全ての台詞を最初からひとつひとつ再生して聞きます。

全体再生で聞き取りが怪しかったところは、特に集中して聞き、納得できるまで、何回でも同じセリフを繰り返し再生します。

会話文チェック-2

このコーナーには、解説も付いています。解説には、覚えておきたい英単語やイディオムが一覧で掲載されています。

5.シャドーイング

シャドーイングは、再生されたネイティブ英語音声を追いかけるように、あなた自身の口から英語を発話していく学習方法です。

声を出せればそれの方がいいですが、声が出せない場所では、口パクだったり、頭の中で英語発話をイメージするだけでも効果があります。

シャドーイング-1

ビジネス英語コースでは、シャドーイングの際、英文を画面上に表示させる「字幕あり」と、表示させない「表示なし」を選択出来ます。

字幕なしの方法は、英文を目で見ることなく、100%耳に頼って、発話することになるので、難易度は高くなります。

シャドーイング-2

シャドーイングを実践した後は、録音したあなたの英語音声とお手本を聞き比べることが出来ます。

なお、シャドーイングで発話録音する際は、英語音声をイヤホンで聞くようにして下さい。そうしないと、スピーカーから再生される英語音声とあなたの発話英語が混じって録音されてしまい、あなたの発話がきちんと録音されません。

6.キーフレーズチェック

ネイティブ英語講師による、約1分間の英語講座動画が視聴できます。

キーフレーズチェック-1

容になっているので、日々の学習負担も少なくて済みます。

講師は、日本のビジネスパーソンに英語指導を行ってきた、キャリア18年のMathew(マヒュー)先生。

英語で英語を学ぶという講座スタイルに、不安を感じる人もいるかもしれませんが、心配は不要だと思います。英語初級者でも聞き取れるような、分かり易い英語で、分かり易く説明してくれます。

一部の口コミで、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策講座の関先生の神授業と比べると少し残念な内容、というようなレビューも目にしました。でも、筆者からすると全然そんなことありません。

関先生の授業ももちろん素晴らしいですが、なんだか予備校とか塾っぽい感じがします。

Mathew先生の授業は、海外留学先の語学学校で、上手な先生に教えてもらっているという感じ。

筆者個人的には、後者の方が、英語が自然に頭に入ってくる感じがして、好きです。

実際のMathew先生の動画講座は、こんな感じです↓

私たち日本人にも分かりやすく、教えてくれているのが、わかりますよね。

説明のポイントも的確です。

重要ポイント講座動画と合せて、関連キーワードフレーズ、ひとくちコラムのコーナーもあり、さらなる関連英語知識を身に付けることが出来ます。

7.リード&ルックアップ

リード&ルックアップはどんなトレーニングかと言うと、まず第1ステップで、英文を見ながら音読します。

次に第2ステップで、第1ステップで使用した英文の和訳日本語が表示されるので、それを見て、英語を発話します。

使用される英語は、今日勉強した英会話の中で使用されている英語フレーズになります。

その英語フレーズを実践で使用出来るようにするための、大切なステップだと理解して下さい。

第1ステップでは、その英語フレーズを覚えることと、出来るだけ良い発音で発話出来ることに集中します。

第2ステップでは、日本語で言いたいことを英語で瞬時に言う練習になりますので、そのことを意識しながら取り組むと良いでしょう。

リード&ルックアップ-1

第2ステップのところで、英文が頭に浮かばない時は、「ヒント」ボタンを押すと、使用すべき英語キーフレーズと単語のヒントが表示されます。

各問題が終わるごとに、お手本音声とあなたの解答音声を聞き比べることが出来ます。

全部で3問トライします。出来なかった問題は、「後で復習する」ボタンにチェックを付けておきましょう。このトレーニングもシャドーイング同様に、声を出さずに行うことも可能です。

8.瞬間発話プラクティス

瞬間発話プラクティス学習は、ビジネス英語コースのみに取り入れられた、英語を実践で使えるようにするために効果的な学習法になります。

学習内容は、今日習った内容に似たシチュエーションにあなたが直面している状況設定が与えられます。そのシチュエーションで、正しい英語フレーズを使って、あなたが英語が言えるかどうかのミニテストです。

3つのシチュエーションが与えられますので、それぞれでトライして下さい。

瞬間発話プラクティス-1

この瞬間発話プラクティス学習は、非常に意味のあるトレーニングだと、筆者は思っています。

英語は知識を身に付けるだけでは、上達しません。実践で、習った知識を実際に使うことを繰り返して、初めてその英語が習得出来ていきます。

しかし、実際には問題が2つあります。

1つは、英語圏にでも住んでいない限り、そのような実際の状況が作れないということ。

2つ目は、仮に英語圏に住んでいるような環境だとしても、その学習した英語フレーズがドンピシャで使えるタイミングはいつ訪れるかわからないこと。そして、そのタイミングた訪れる前に、習った英語を忘れてしまうことがほとんどです。

日本に住んでいたら、なおさら無理な話ですよね。

ビジネス英語コースの瞬間発話プラクティスならば、実践と全く一緒とは言いませんが、それに近い形の状況設定を作り出し、習ったばかりの英語フレーズを実際に使用することが出来るという、なかなか優れた学習方法なのです。

ですので、この瞬間発話プラクティスのステップを面倒くさがらずに、しっかりとこなしていくことが、実践でビジネス英語を使いこなすためには必須だということを肝に銘じておくことが、後々の成功に繋がります。

スタディサプリEnglish ビジネス英語 公式サイト


ページ上部目次へ

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースのストーリーと構成

登場人物達

スタディサプリENGLISHシリーズの特徴のひとつは、継続したくなるストーリー展開だと思います。

他の英語教材でも、「ストーリーが面白いから、学習が楽しい」みたいなことを言っている教材がありますが、そのほどんどは「どこが面白いの?」と言いたくなってしまうような内容がほとんど。でも、スタディサプリENGLISHは違いました。

筆者は、スタディサプリENGLISHシリーズの日常英会話コースを9ヵ月以上、1日も休むことなく学習を継続できた経験があるのですが、それはストーリーが面白かったから、という要因が大きいです。

ちょっと英語教材とは思えないような、先が読めないストーリー展開。特に、日常英会話コース・レベル7のストーリーには、ビックリ。次回のレッスンでどんな風に話が展開していくのか、気になって、1日に何レッスンもこなしてしまうこともありました。

ビジネス英語コースも、ストーリー展開を重要視しています。

ビジネスシーンでの英語を学ぶ教材なので、奇想天外なストーリー、というわけにはいきませんが(そうしてしまったら、現実味のないビジネス英語を学ぶことになってしまいますからね)、よく練られた、ハラハラドキドキなストーリー展開が繰り広げられます。

ビジネス英語コースのストーリーのシナリオは、TVドラマ「下町ロケット」や「交渉人」などの脚本を手掛けた、稲葉一広さんが担当しているということで、なるほど、と納得です。

スタディサプリENGLISHの場合は、シナリオ制作にプロの脚本家まで使うのですから、やはり他の教材とは、質のレベルが違います。

ストーリーは、レベル1からレベル4までシリーズのように続いていきます。よくあるシリーズもののドラマのような感じですね。シーズン1とか、シーズン2、みたいな。それとスタディサプリENGLISHの教材は、仮にレベル3とか、途中のレベルから始めても、話の展開にはついてけますし、楽しめる内容になっています。

ネタバレの支障がない程度に、簡単にビジネス英語コースの各レベルのストーリーをお伝えします。

レベル1のストーリー

電機メーカーで働く主人公のダイスケがアメリカに海外出張に行く話。目的は、シリコンバレーでの技術会議に参加するため。

飛行機の機内での会話から、税関、タクシー、ホテル、レストラン、ショッピング、技術会議での出会いや会食などの場面の英語が展開されていきます。出張でも海外旅行でも、どちらでも使える便利な英会話が学べます。

レベル2のストーリー

出張から帰国したダイスケが社内で直面する様々な事態に対応していく様子を描いたストーリー展開。ダイスケが所属する事業部の危機を乗り切っていく姿を、一緒に体験していきましょう。

レベル3のストーリー

社運を賭けた新製品のために奮闘するダイスケ。ただ、物事はそう簡単には進んでいきません。

関連製造会社との交渉や、社内他部署との調整など、あなたが実際の仕事で直面するようなリアルな困難が、スタディサプリ内のストーリーでも展開されていきます。

レベル4のストーリー

新製品をグローバルに展開していきたいとの野望を抱くダイスケ。周りの人たちの協力も得ながら、一歩一歩目標に向かって進んでいく様子が描かれています。

もちろんここでも、沢山の困難に直面します。難しい状況を打開していくための、ダイスケの内部・外部との英語での交渉術をご覧ください。

教材の構成

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースは最終的に、各レベルで、それぞれ200レッスンと40回の学習レビューから構成されることになります。1週間の学習スケジュールで見ると、次のような流れになります。

月曜日  レッスン1
火曜日  レッスン2
水曜日  レッスン3
木曜日  レッスン4
金曜日  レッスン5
土曜日  予備日
日曜日  レビュー(レッスン1~5のおさらい)


これを40週間実践していきます。

毎週5レッスンこなしていき、40週間で、合計200レッスンという計算です。

土曜日は休息日にあててもいいですし、もし平日に学習出来ない日が生じたら、土曜日にその分を学習して下さい。

筆者が教材を試している2019年11月時点では、各レベル、120レッスン(22週分)まで教材が揃っています。最終的にレッスン数は、200レッスン(40週分)まで増える予定です。

毎月、または隔月の月末に追加レッスン(通常20レッスン追加)が登場します。

「まだレッスン数が少ないようだけど、
 今から始めても大丈夫?」

「200レッスン揃うまで待った方がいいのでは?」

という心配はしなくても大丈夫です。

今からあなたが教材を開始しても、120レッスン到達する頃には、レッスン数はさらに増えていますし、途中で学習が滞ることのないペースで、レッスンが追加されていきますので、心配は無用です。


ページ上部目次へ

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの口コミ評判って?

教材に対する筆者の感想はこのページを通してお伝えはしていますが、それ以外の、世間一般の人達の声というのも気になりますよね?世間一般のリアルな声も集めてみましたので、お届けします。

一般的な声を知るには、ツイッターが便利です。

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースに関しては、どんな口コミがあるのでしょうか?








ツイッター上では、いろいろな意見があって、参考になりますね。

あと、App Storeでの評価とレビューもチェックしてみました。

2020年1月時点での「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」評価は、5段階評価中、4.6点となっています。

「日常英会話コース」が4.2点、「TOEIC L&R対策コース」が4.4点ですので、他のスタディサプリENGLISHと比較しても、実際の利用者の評価は高いようです。

良い評判の口コミとしては、

「ディクテーションや発話がとてもやり易い」

「空き時間を利用してレッスンが出来る」

「無理なく自然なビジネスが学べます」

「日常英会話コースよりも、より実践に近くてとても良い」

「とにかく便利で使いやすい」

「内容が充実していて良い」

「英語の勉強を習慣化することが出来ました」

「ネイティブ講師の動画も分かりやすいです」

ただ、ネガティブな口コミもありました。
悪い評判の口コミとしては、

「日常英会話コースと操作が違い、違和感を感じる」「きついので、ディクテーションの問題を半分に減らして欲しい」

「良いアプリだが、内容が語彙を増やすことに特化しているように思える」

「日常英会話コースにあった、発音添削機能が無いのは残念」

ネガティブな口コミ評判に関して、筆者からもコメントしたいと思います。

筆者自身もビジネス英語コースの初日に、日常英会話コースにすっかり慣れていたこともあり、操作感の違いに少々違和感を感じました。

日常英会話コースの会話理解クイズでは、1問答えるごとに正解・不正解が示されたのですがが、ビジネス英語コースでは3問全問答えた後に、正解・不正解がわかります。

最初は、1問答えた後、「あれっ、正解か不正解が出ないんだけど・・」と思ってしまったりもしました。

また、ビジネス英語コースでは、会話理解クイズと単語イディオムチェックが別々のトレーニングになっていたりしました(日常英会話コースでは、ひとつのトレーニング内で行われていました)。

でも結論を言えば、単なる慣れの問題ですね。ビジネス英語コースは、ビジネス英語コースのやり方で学習をすればいいのだと今は思っています(どちらが良い悪いではないので)。

ディクテーションは、毎レッスン10問やるのは、人によってはしんどいかもしれません。でも、慣れてくると楽しいですよ。

筆者も今までは、ディクテーションが嫌いだったのですが、スタディサプリのおかげで、今では好きになりました。

それに、ディクテーションのおかげで、英語を隅々まで細かく聞き取るスキルは確実にアップしたと実感しています。

「語彙を増やすことに特化した教材」という意見に対しては、「そうかな?」と正直感じます。

ビジネス英語コースの一番上のレベル4でも、凄い難しい英単語が出てくるとかはありません。もちろん知らない英単語やイディオムも出てきますが、「これは知っておくと、実践で便利だろうな」という程度のものばかし。

ビジネス英語コースは、逆に、語彙増強特化というよりも、いかに実践で使えるかという、アウトプットを重視した教材アプリだというのが、実際に使用した筆者の感想です。

「日常英会話コースにあった、発音添削機能が無いのは残念」という意見に対しては、筆者も同感、

日常英会話コースのなりきりスピーキングというトレーニングでは、お手本を真似た発音したあなたの英語発話が録音され、お手本と比べて、あなたの発音の修正ポイントを自動的に教えてくれました。

この機能は、画期的で、自分の発音の弱点ポイントをあらためて認識する良い機会となりました。

ビジネス英語コースにも当然、発音添削機能があると思ったら、無かったので残念ではあります。

ただ、ビジネス英語コースは日常英会話コースも無料で利用できるので、日常英会話コースも同時に利用して、なりきりスピーキングで発音チェックをする方法で、筆者は対応しています。


ページ上部目次へ

ビジネス英語コースの料金とキャンペーンについて

ビジネス英語コースの料金

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの料金体系は、次のようになっています(価格は税抜)。

コース
プラン名
1ヶ月の金額 合計金額 月額2,980円で
払った場合の合計金額
月額プラン 2,980円    
6ヶ月
パックプラン
2,780円 16,880円 (17,880円)
差額1,000円 お得
12ヶ月
パックプラン
2,480円 29,760円 (35,760円)
差額6,000円 お得

月額よりも6ヶ月まとめて払うと全部で1,000円、12ヶ月にすると6,000円お得な計算になります。

どのプランで申し込んだ場合も、最初の7日間は無料で利用できます。

7日間しっかりと使い込めば、ビジネス英語コースで継続学習するかどうかの判断はつくかと思います。是非まずは7日間試してみて下さい。

ビジネス英語コースのキャンペーン

ビジネス英語コースでは、現在キャンペーンを実施しています。

ビジネス英語コースを試したいと検討してるなら、キャンペーン期間中に申し込むことをお勧めします。

2020年2月20日(木)16:59までの期間限定で、6ヶ月パックプランか12ヶ月パックプランを申し込んだ人を対象に、最大6千円キャッシュバックになるキャンペーンを実施しています。

6ヶ月パックの場合は、3,700円、12ヶ月パックでは12,000円、月額会員価格よりもお得になります。

スタディサプリEnglishビジネス英語公式サイト


今回のキャンペーンは、キャッシュバックではなく、割引価格キャンペーンなので、後日キャッシュバック申請をするのでなく、最初から割引価格を受けられます。

ビジネス英語コースのクーポン適用は?

スタディサプリENGLISHでは、日常英会話コース向けに一部、クーポン(キャンペーンコード)が発行されています。

しかし、ビジネス英語コース向けには、2019年7月の発売前には、ビジネス英語コース発売時に利用できるクーポン(キャンペーンコード)は存在しましたが、現在その適用期間は既に終了しています。

従って、現在はありません。

ちなみに、現在実施中のキャンペーンは、お申込み時画面内にてキャンペーンコードを入力する必要なく、キャンペーン適用を受けることができます。

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの申込方法を丁寧解説

それでは、スタディサプリENGLISHビジネス英語コースを、実際に申し込みしてみましょう。

筆者が申し込んだ際の手続方法を、実際の31枚の画像付で、ステップバイステップで丁寧に解説します。

この通りに申し込めば、間違えることがありませんので、安心して申込み手続きできます。

当サイト内の別ページで詳しく解説していますので、以下をクリックしてご覧下さい。

全部見終わったら、またこのページに戻ってきて下さい。

>>申込方法を丁寧解説(31枚画像付)

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの解約・返金方法

スタディサプリENGLISHでは、6ヶ月コース、12ヶ月コースを申し込みされた場合、期間の途中でやめた際には、未受講分の残金をあなたに返金してくれます。

返金を受ける際の手続きをしては、この2ステップが必要となります。

ステップ1
スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの解約

ステップ2
スタディサプリENGLISHの返金申請

注意点としては、スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの解約をしただけで、自動的に返金はしてくれないということ。別途ステップ2のスタディサプリENGLISHの返金申請をする必要があります。

当サイト内の以下のページで、ステップ毎に手続方法を詳しく解説していますので、クリックしてご覧下さい。

解約返金方法へ

 >>解約・返金手続方法を丁寧解説(44枚画像付)

返金金額の算出方法や、スタディサプリENGLISHを完全に退会したい際の手続方法についても解説しています。


ページ上部目次へ

オンライン英会話で実践トレーニング可能に

ビジネス英語コースでは、レッスン内で学習した内容を、オンライン英会話スクールで実践トレーニング出来るようになっています(但し別料金)。

これはいままでのスタディサプリENGLISHにはなかった、新しい試みです。一歩先に進化した印象です。

あなたが実際のシチュエーションで英語が使いこなせるようになるために必要なのは、英語の知識を増やすことだけでは不十分です。知識だけでは、いざという場面で、実際には口から英語が出てきません。

必要なのは、使う訓練をすること。学習で得た知識を、実際に使うトレーニングを繰り返し行うことで、はじめて、習った英語が実践で使えるレベルにまで持っていけます。

ビジネス英語コースでは、教材内でもそのトレーニングの場として、「リード&ルックアップ」や「瞬間発話プラクティス」があります。この2つのトレーニングは、習った英語を実際に使えるようにするために、とても良い方法だと思います。

でもさらに欲を言えば、習った英語フレーズを実際の会話で使ってみることが理想的です。それを実現させてくれたのが、オンライン英会話スクール・QQ Englishとのコラボ学習法なんです。

QQ Englishはフィリピンにある語学学校です。先生全員が、TESOL(英語教授資格)保持者なので、先生の質は高いです。

今回、QQ Englishでは、スタディサプリENGLISH・ビジネス英語コースのレッスン内容が実践出来る授業内容を特別に作り上げました。

ですので、私たちビジネス英語コース受講者は全員、QQ Englishでビジネス英語コースの特別プログラムを受講できます。

QQ Englishのオンライン英会話スクールを利用するための費用は別料金とはなりますが、英会話スクールも利用したいと思っているならば、QQ Englishを選ぶと良いと思います。

QQ Englishのコースは次の3つがあります。

  月会費
プラン
毎日プラン
シンプル
毎日プラン
プレミアム
月額 3,865円    
レッスン単価 460円~ 160円~ 306円~
月の利用回数 4~8回 1日1回
毎日利用可能
1日1回
毎日利用可能

注:プレミアムとは?
プレミアムとは、カランメソッドで英語レッスンが受けられるコースです。カランメソッドとは、イギリス人のロビン・カラン氏によって考案された英語学習方法。聞く・話すだけでの英語学習に注力し、徹底的な反復練習を早口スピードで実践していく英語学習法。通常の学習方法よりも、短期間で英語習得が出来ると言われています。QQ Englishは、カランメソッドで英語を教えられる講師陣がいて、毎日プラン・プレミアムを選ぶと、カランメソッドを採り入れた授業が受講できます。


オンラインレッスンでは、ビジネス英語コースで学習した内容を講師と一緒に復習し、習った英語フレーズを使って実際に会話をしていきます。最後には、講師からフィードバックアドバイスももらえます。

学習する→実際に使う→プロからフィードバックをもらう

理想的な学習の流れを作り上げることが出来るわけですね。

QQ Englishでは、無料体験レッスン(25分授業)を2回、最初に受講することができます。

その他4つのスタディサプリENGLISH

ここでは、ビジネス英語コース以外で発売されているスタディサプリENGLISHの4つのコースプランについてもご紹介します。

ビジネス英語コースがあなたにとってのベストの選択の場合もあるし、もしかしたらあなたの場合は、ここに登場する他の4つのコースプランの方が合っているケースもあるからです。

是非、ここで他のコースプランもチェックしてみて下さい。

新日常英会話コース

新日常英会話コース

新日常英会話コース2019年11月26日より受付を開始した、スタディサプリENGLISH最新コース。従来の、日常英会話コースの進化版コースになります。

内容としては、海外旅行に使える英会話であったり、逆に外国人が日本に来た際に必要とされる英会話がカバーされています。

他のスタディサプリENGLISHシリーズと同様に、ストーリーの面白さにはこだわっているのは間違いないようです。

TVドラマ「ごくせん」「ナースのお仕事」などの脚本家である江頭美智留さんが、新日常英会話コースのストーリーを手掛けています。

新日常英会話コースの料金は月額1,980円で、従来の日常英会話コースも無料で利用出来ます。

TOEIC L&R 対策コース ベーシックプラン

TOEIC L&R 対策コース ベーシックプラン

TOEIC L&R 対策コース ベーシックプラン月額2,980円で取り組める、TOEIC対策講座コース。

「ベーシックプラン」と呼ばれているのは、この次にご紹介する、専属コーチが付く「パーソナルコーチプラン」が別にあるからです。

ただ、通常のTOIEC対策学習であれば、ベーシックプランで十分。TOEICのリスニングパートもリーディングパートも両方とも、このベーシックプランひとつで対策出来ます。

TOEICの点数を上げるという意味では、英語初級者でも英語上級者でも、どの英語レベルの人でも利用できる教材です。

神授業と言われている、関先生の動画解説授業が、とても評判が高いことでも有名ですね。

TOEIC L&R 対策コース・ベーシックプランは、ビジネス英語コースと同様に、日常英会話コースが無料で使用できる特典が付きます。

TOEIC L&R 対策コース パーソナルコーチプラン

TOEIC L&R 対策コース パーソナルコーチプラン

TOEIC L&R 対策コース パーソナルコーチプランTOEICスコアを絶対にアップさせる!という人のためのコースです。

内容は、TOEIC L&R 対策コース・ベーシックプランにプラスして、専属のパーソナルコーチが付くプランです。

料金は、3ヶ月プランが68,000円(月あたり22,666円)、6ヶ月プランが98,000(月あたり16,333円)です。

他のスタディサプリENGLISHコースとは全く別の料金体系ではありますが、ライザップやプログリットなどのコーチング系英語塾が30~40万円するのと比べると、格安なのがわかるかと思います(当然サービスの内容は違いますが)。

パーソナルコーチは、あなたに合った学習プランを立ててくれます。疑問や質問をいつでもコーチに相談することもできます。また、受講期間中に何回か、実際に音声通話で面談もしてくれます。

受講期間中は日常英会話コースが無料で使えて、さらに受講期間後には、TOEIC L&R 対策コース・ベーシックプランが1年間無料受講できる特典も付くことを考えると、やはり割安なサービスだと思います。

ただし、海外在住者とTOEIC860点以上保持者は受講対象外となります。

日常英会話コース

日常英会話コース

日常英会話コーススタディサプリENGLISHから一番最初に登場した、オリジナルコース。

現在は新規受付はしていませんが、以下のTOEIC対策コース、ビジネス英語コース、新日常英会話コースを受講すると、この日常英会話コースが無料で利用できます。

英語レベルは、TOEIC250点未満から870点レベル相当の人まで、7段階レベルでコースが用意されていますので、どんなレベルの人でも利用可能です(900点以上の人でも学びが沢山あるはずです)。

ストーリーも(本当に!)面白いし、こんなに継続し易い英語教材は、筆者もはじめて出会いました。

筆者自身、12ヶ月以上、1日も休まずに、しかも毎日楽しみながら継続が出来た英語学習法は、スタディサプリENGLISHが初めてでした。

もしあなたが、ビジネスに関係ない、普通の英会話の勉強でよいなら、日常英会話コースで十分です。

ただ、もしあなたがビジネスでも英語を使うとしたら、やっぱりビジネス英語コースがお勧めだと思います。ビジネス英語コースで学ぶ英語フレーズの知識は、仕事上とても便利だからです。

ビジネス英語コースでは、日常英会話コースが無料で使えるので、ビジネス英語コースに申し込みをして、両方のコースを同時にやるのが、最適の学習方法かと思います。

まとめ

スタディサプリENGLISH自体は、筆者も長く愛用していて、良いことは十分に承知済み。

今回は、その中の「ビジネス英語コース」が、新日常英会話コース同様に素晴らしいコースであるかを検証することと、新日常英会話コースとの違いは何かを確認することを中心に、教材を試しました。

結論は、仕事で英語を使う、または使う可能性のあるビジネスパーソンならば、「スタディサプリENGLISHビジネス英語コース」は是非やっておいた方が良いと思いました。

新日常英会話コースも素晴らしい教材なのですが、ビジネスで使用する英語という意味では、ビジネス英語コースの方が、当然優れていました。初中級者から上級者まで、仕事で英語を使わなければならない人のニーズに十分応えた内容にもなっています。

筆者自身は最初、新日常英会話コースの1,980円よりも千円高い、ビジネス英語コースの2,980円という値段に、少し躊躇した気持ちがありました(それでも他の英語教材と比較したら破格ですが)。

でも実際に試してみて、ビジネス英語が必要な人ならば、この「ビジネス英語コース」を選択すべきだと、実感しました。

それだけのビジネスに特化した内容だと思います。

ビジネス英語の知識がどんどん身に付きます。

筆者自身も、ビジネス英語コースを試してみて、自分に不足していたビジネス英語スキルが着実に身に付いていっていることに、英語学習の喜びを感じています。大満足と言って良い教材です。