【動画も公開】ポケトークのネット上の口コミ評判があまりに混沌としてるので、真実を語ってみた(ポケトークSとポケトークWを使用)

2020年11月27日

ポケトーク

こんなあなたに役立つポケトーク記事です

  • ポケトークの翻訳の性能は?
  • うるさい場所でも使えるの?
  • 音楽も翻訳出来る?
  • 若者言葉やスラングも翻訳可能?
  • Google翻訳との違いは?
  • ポケトークは実用で使えるレベル?
  • ポケトークの通信はどう?
  • ポケトークと英語学習について
  • 中古品買うのはどうかな?
  • レンタルは?

ポケトークの口コミ評判を自分で検証することにした


翻訳機で市場シェア9割超えの端末 ポケトーク・シリーズの、「ポケトークS」「ポケトークW」がこちら(未使用時の写真なので、まだ保護シールが付いた状態♪)。

明石家さんまさんもTV広告に出演しているから、知名度も抜群。実際に自分の手に取ってみると、ちょっと感動します。一番の知名度のある翻訳機だけあって、ポケトークのことが気になる人も、かなり多いみたい。


Yahoo!知恵袋で「ポケトーク」で検索すると、300件以上の質問が投稿されています。


めっちゃ時間は掛かりましたが、この際だから、Yahoo!知恵袋に投稿されている全部の質問と回答を読んでみました。そうしたら、気付いたことがあります。

実際にポケトークを持っている人間からすると、回答者が答えている内容が、合っているものもあるけど、かなり適当で間違ったことを言っている内容も多いことがわかったんです。あまりにひどい状態なのに驚きました。これでは、ポケトークが実際に評判が良い商品なんだか、悪い商品なんだかの実態がつかめない。

アンチが書いているような内容や、推測で物ごとを書いているような人も、実はけっこう多いんですよ。これでは、回答欄を参考情報として見た、質問者や閲覧者が、これらの口コミをそのまま全て信じてポケトーク購入の可否を決断したら、かなりやばいと感じました。

なので、ポケトークWとポケトークSの2台持ちをしている自分が、実際の体験談を交えながら、真実の口コミ情報をお伝えしていこうと思います。

ちなみに、アマゾンや楽天のレビューも同様です。真実と虚偽が入り混じっているので、これらの口コミを全てを鵜呑みにすると、ポケトークの本当の姿が把握できないので、注意してください。


ではまず、「ポケトークWやポケトークSは使い物になるのか?」ということに対する結論だけ先にお伝えしておきます。

自分が使用してみた結果からすると、「完璧ではないけれど、ある程度の実用には耐えられるレベル」だと思います。

自分は英語圏在住なので、試した言語は、英語と日本語の、双方向での翻訳になります。中には、ちょっともどかしい翻訳であったり、同音異義語で他の意味で解釈されてしまったりすることもありました。

でも、かなりしっかりと翻訳してくれることもあり、驚くことも逆にありました。自分的には、プライベート利用での、外国人とのコミュニケーションや、海外旅行の際の通訳ツールとしては、十分に使えると思いました。一部のネット口コミで言われている、ポケトーク使えない説は、真実ではありません(個々人により意見が違うことはありますが)。

仕事での利用であっても、ある程度は活躍してくれると思います。ただ、意味の取り違いが致命傷となるような会話については、プロの通訳者を頼むか、あなたの英語力をアップさせる必要があると思います。

Yahoo!知恵袋のポケトークに関する300以上の質問全てをチェックしてみると、典型的な質問には、大きく分けて、幾つかのパターンがあることがわかりました。多い質問というのは、次になります。

  1. ポケトークの翻訳の性能に関すること
  2. ポケトークの通信に関すること
  3. ポケトークの言語学習に関すること

それ以外には、レンタルのことや価格のこと、中古品のこと等があります。それらの事項も含めてお話していきたいと思います。

1. ポケトークの翻訳の性能に関すること

スマホアプリのGoogle翻訳の方が良い?悪い?同じ?

アプリにある程度詳しい人は、スマホのGoogle翻訳アプリのことを知っていて、「Google翻訳と比べてポケトークはどうなの?」という疑問を持っているようです。

回答者によっては、「Google翻訳の方がずっと使える」という人もいるし、逆に「ポケトークの方が翻訳精度が高い」という人もいます。また、「どっちも同じだから、Google翻訳でいいんじゃない」という回答者もいます。

では、実際はどうなのでしょうか?
次の動画を見てみて下さい。

端末が正しくあなたの言ったことを聞き取ってくれた場合、翻訳される内容は、同じです。

どの翻訳機にも、翻訳エンジンという言語翻訳の際の一番大切なアルゴリズムがあります。翻訳エンジンにも色々な種類があるのですが、Google翻訳自体も、ひとつの翻訳エンジンになります。

ポケトークでは、言語によって一番最適とされる翻訳エンジンを採用するようになっています。

ポケトークで言語毎にどの翻訳エンジンを採用しているかについては、ソースネクストさんいわく、非公開情報とのことでした。

公開されていない情報である以上、筆者が断言することはできませんが、日本語/英語の翻訳には、かなりの確率で、Google翻訳を採用していると思います。

でも、ポケトークとGoogle翻訳で、翻訳内容が違うことがあるのはなぜ?

「Google翻訳の方がずっと使える」と言う人や、「ポケトークの方が翻訳精度が高い」と言う人が出てくるのは、もしかしたら、これからお話する部分が関係しているのかもしれません。自分が使ってみた時にも、実際にはポケトークとGoogle翻訳で、翻訳内容が異なることはありました。

ただ、それは厳密に言うと、翻訳自体が異なるのではなく、日本語の聞き取り時点で、違いが生じているケースです。

「ちょっと来てくれる?」と言ったのを、「ちょっと来て(きて)くれる?」と「ちょっと聞いて(きいて)くれる?」のように、音声認識の違いが生じたというケースのことです。

話し方が明瞭でない場合、端末の日本語聞き取りで、差異が生じることがあるんです。だから、厳密には、翻訳精度の違いでありません。端末に向かって話した際の、端末のマイクの性能と、聞き取りエンジンという音声認識に使われるアルゴリズムが関係してきています。

ポケトークとGoogle翻訳の聞き取りエンジンは、多分ですが、同じだろうという感じがしています。でも、マイク性能は両者で違いがあるのは明確。

なぜなら、ポケトークがスマホのアプリとしてではなく、独自の端末として販売しているこだわりには、このマイクが大きな要因のひとつだからなんです。これはポケトーク販売会社であるソースネクストの社長さんも、この力説されてます。

端末機において、実践でより快適に利用出来るようにするためには、スマホのマイクでは不十分。騒音・雑音の中でも、音声を明瞭に認識し、翻訳作業出来ることが、翻訳機には求められている。

そのためにポケトークは、独自端末を用意し、翻訳機としての役割を十分に果たせるような商品として提供しているのとのことです。この辺りの開発コンセプトのこだわりが、翻訳結果として出ているのではないかと思われます。

騒音などのうるさい場所でも使えるの?

周りの騒音が全く無い、静かな場所で翻訳機を使うケースの方が、実際には逆に少ないかもしれませんよね。実際に使う場所は、街中だったり、お店だったり、空港だったりと、周りの騒音/喧騒の中で使われることの方が、ずっと多いはずです。ですので、ある程度の騒音に耐えてくれなかったら、実際に使えないですよね。

こういう使用状況を想定して、ポケトークはマイクにもこだわっているわけですが、実際のその効果の程はどうなのでしょうか?騒音効果音を流しながら、実際に試してみました。

この通り、かなりの大音響騒音下で使ってみても、正確に音声を聞き取り、翻訳してくれることがわかりました。これならば、大抵の場所で問題なく使えるのではないでしょうか。

YouTubeの動画で、英語動画や英語ミュージックビデオなんかも、日本語に翻訳してくれたら便利

試してみましたが、ニュースなどのトーク音声は翻訳してくれたけど、ミュージックビデオなどの音楽は、まったく反応してくれませんでした。

ポケトークは、スピーカーなどのを通しての音声は、あまり得意ではないということは、元々言われていました。実際に試してみた結果では、ニュースやTED等のスピーチ音声は、日本語、英語を問わず、言語として、きちんと認識してくれました。

でもミュージックビデオ音声は、日本語でも英語でも、うんともすんとも反応しませんでした。音楽の「演奏」が邪魔して雑音扱いしているのかもしれない。

では、アカペラのような「演奏」がない歌声だけの場合は翻訳してくれるのかを知りたくなり、試してみました。結果としては、ゴスペラーズとかのような何人かで音を奏でているアカペラは反応しませんでした。でも、完全に独りで伴奏一切なしで歌っているアカペラについては、翻訳してくれました。

ただし、普通の喋り方と違って、歌の場合は、アカペラであっても音の伸ばし方や切り方、アクセントとかも非常に独特になるので、翻訳以前に、音声認識での誤りが多く見られました。

でも、ポケトークに向かって自分が歌を唄った場合には、ある程度正確に翻訳してくれました。

お恥ずかしながら、「森のくまさん」を唄ってみました。ちゃんと聞き取ってくれて、英訳もしてくれています。英訳内容も、まあまあの出来だと思います。

ですので上手くいかない場合というのは、ポケトークが元々苦手としているスピーカー越しというのが、ネックになっているようです。要は、「スピーカー越し」+「歌声」である場合に、上手くいかないことが多いのだろうというのが、結論です。


くだけた言い方や、スラングとかには対応出来ないですよね?

くだけた言い方やスラングは、ポケトークに限らず、翻訳機にとって得意な分野ではないですよね。ただ、まったく駄目かというと、そんなこともない。スラングやくだけた言い方でも、翻訳出来るのもあるし、出来ないものもあるというのが、現状です。

意地悪な気持ちも込めて、試してみたら、やっぱりこれらに関しては、かなり難しかったようです..

話した言葉ポケトークの英訳本来の英訳
タピるTapiru(?)To drink bubble tea
タピオカを飲む
乙(おつ)B(?)See you.
お疲れ様でした
(基本、英語にはない表現)
ワンチャンDogOne chance
ワンチャンス
コラ、なんばしよっとLet’s do this.What are you doing?
何しているの?

言葉っていうのは、ひとつの言語の中にも、方言だったり、物の呼び名が違ったりと、本当に多種多様。さらに、言葉は生き物で、厳密には日々変化している。それら全てに完璧に対応出来るというのは、かなり難易度が高そうです。

だから、翻訳機というには、永遠に完成形はないと思っています。その代わりに、日々進化をしていくのが翻訳機だと言えるでしょう。

翻訳機には、オフラインで使えるものと、ポケトークのようにクラウド上の翻訳エンジンを使用しているものがあります。オフラインとクラウドタイプののそれぞれのメリット・デメリットはありますが、クラウド利用する翻訳機の場合、常に最新の翻訳技術が採用されるので、日々の変化に最新の状態で対応できるというのが大きなメリットです。

相手が、どこの国だか、何語を話しているのかわからない人に対しては、ポケトークは使い物にならないのでは?

ポケトークは、翻訳元の言語と、翻訳先の言語を指定して使用するので、相手の言語が何であるかを知っている必要がある、という制約はあります。ただ、使えないかと言うと、そんなことは全然ないです。

まず、ポケトークSに付いている機能で、カメラで文字を撮影して使う画像翻訳は、自動で文字認識が可能です。画像処理機能が、自動的に何語かを判別してくれるわけです。

また音声翻訳で、相手が何語を話しているかわからない際には、相手に言語を選んでもらう方法がとれます。

ポケトークSとポケトークWの両方とも、使用言語を選ぶ際に、国旗で選ぶことが出来ます。また国名も英語表記が出来るので、ほとんどの場合、相手は正しい言語名を選ぶことが出来るはずです。

実際には、日本国内で外国人とコミュニケーション取るような場合は、英語・中国語・韓国語がほとんどだと思います。また、日本に旅行しにくるヨーロッパ圏の外国人の多くは、英語はある程度以上に理解できるものです。

また、あなたが外国に行って使う際は、当然の相手の言語はわかりますよね。このように、実際の使用上、相手の言語が最初にわからなくても、なんとかりそうだと言えます。

2. ポケトークのグローバルSIMやWifi等、通信に関すること

WIFIとグローバルどっちを選べばいい?

各ポケトークには、次の2種類のバージョンがあります。

  • グローバル通信(Wi-Fi + eSIM 2年分通信付モデル)
  • グローバル通信なし(Wi-Fiオンリーモデル)

この2種類のうち、どちらを選んだら良いかという悩みですね。まず、グローバル通信の「あり」「なし」の違いがよく分かっていない人もいたようなので、確認のために整理しておきます。

グローバル通信というのは、日本を含めた世界各国の携帯用電波で通信出来るタイプです。2021年1月時点で、世界138カ国のモバイル通信に対応しています。

グローバル通信なしのタイプになると、モバイル通信機能は一切なく、Wi-Fiでのみで使用することになります。携帯電話で機内モードにしているのと同じ状態ですね。価格は次のようになっています。

ポケトークWポケトークS
グローバル通信19,800円29,800円
グローバル通信なし18,000円24,800円

グローバル通信タイプだと、2年間、世界中でモバイル通信機能が利用できます(2年後に延長更新可能)。

あとで別売りのグローバル通信SIMを購入することができますが、費用が1万円します。そう考えた場合、ポケトークWの場合には、たった1,980円で2年分利用のSIMが付属する。ポケトークSの場合でも、5千円で済みます。

街中で無料Wi-Fiがある場所を探したり、海外でも利用できる場所が限られることがないことを考えると、最初にグローバル通信タイプを購入した方が、お得だし便利だと個人的には思います。ただ、使い方によるところが大きいんですよね。以下の記事も参考にしながら、最終的に決めてもらえたらと思います。

国内で使うなら、グローバルは不要では?

グローバル通信タイプを選ぶ最大のメリットは、世界各国でWi-Fiを気にせずに、モバイル通信を利用してポケトークが使えること。ストレス少なくポケトークが使用出来ます。

では、国内利用に限定した場合には?と思いますよね。例えば、お店の店員さんがお客さん対応に使いたいような場合は、店内のWi-Fiを使えばいいので、グローバル通信なしを選んでも、問題ないと思います。

また、モバイルWi-Fiルーターを持っている人も、テザリング機能でポケトークと繋いで利用することが出来るので、グローバル通信は必ずしも必要ないでしょう。

ただ、あなたが携帯電話をWi-Fiのみで利用しようとしたら不便を感じるのと同じ用に、ポケトークもグローバル通信機能がないと、実際には不便を感じることも多いかと思います。出先で、気軽に使うことが出来ませんからね。

グローバル通信は海外でちゃんと使える?

この質問に関しては、Yahoo!知恵袋でもかなり盛り上がっているトピックでした。でも、世界130カ国以上のモバイル通信事情は、残念ながら検証しようがなかったです。

日本国内でも、携帯電波が届く地域と、届かない地域がありますよね。同じ様に海外でも、それぞれの国で電波が届く地域と届かない地域がある。都市部は大丈夫でも、田舎町に行ったら電波届から使えない、なんてことは容易に想像できるかと思います。

ただ、国によっては、主要都市でも通信できなかった、なんてコメントも載っていますね。実際に自分が体験していないから、むやみなことは言えないけど、中国での利用の際に、通信に難ありと感じているというコメントは幾つか目に付きました。

中国は通信規制がある国なので、モバイル通信網を利用しても、Wi-Fiを利用しても、何かしらの問題に直面することがあるかもしれません。

筆者が住んでいるニュージーランドでも、ポケトーク付属のeSIMでは、モバイル通信網のアンテナ表示がゼロのところもありました。

そんな際の解決方法は、3つあります。

1つ目は、モバイルWi-Fiルーターをレンタルして、ポケトークと繋げて使用する方法です。モバイルWi-Fiルーターが利用可能な地域であれば、これで解決です。ただ、モバイルWi-Fiルーター自体が繋がらないと、駄目ですけど。

2つ目は、あなたの携帯電話を国際ローミング出来るようにしておき、海外先では、テザリング機能を使って、あなたの携帯電話とポケトークを繋いで使用する方法です。ただ問題としては、通信料が結構高くつく、というのはあります。

3つ目の方法は、海外渡航先でプリペイドSIMカードを購入し、それをポケトークに挿して利用する方法です。ポケトークのグローバル通信タイプを購入した際に使用されるSIMは内蔵タイプのeSIMです。それとは別に、nanoSIMが挿せるよになっています。これはWi-Fiオンリータイプのポケトークも同様です。

現地で、モバイル通信網のカバー率が高い携帯通信会社のSIMを購入して、そのSIMでポケトークを利用するという方法は、なかなかおすすめだと思います。

例えば、筆者が住むニュージーランドでは、プリペイドタイプのSIMを各携帯通信会社で販売しています。だいたい5ドル(400円)で購入できます。それにお金を課金して使用します。課金は携帯ショップとかでも出来ますし、クレジットカードでも課金できます。

筆者の場合は、ポケトークWもポケトークSもグローバル通信タイプなので、現時点では実際には試してはいませんが、ポケトークの取扱説明書にSIM挿入の方法の記載がありますので、この方法が取れるのは間違いないでしょう。

ただこの方法がとれるのは、プリペイドタイプのSIMが容易に入手出来る国に限ります。日本のような月額制がメインの国だと、短期の海外旅行などの際には、ちょっと現実的な方法ではないかと思います。それと、ソースネクスト規定のSIM以外での動作はサポート対象外であることも、付け加えてはおきます。

ポケトークの英語学習に関すること

学習に関しての質問は大きく分けると、「ポケトークがあれば外国語学習は不要になるのでは?」と、「ポケトークは外国語学習に使えるの?」の2つになります。

ポケトークがあれば外国語学習は不要になるのでは?

将来的に完璧な翻訳/通訳デバイスが登場すれば、英語学習などの外国語は不要になるかもしれません。でも現時点では、その考えはちょっと現実的ではないですよね。もちろん、外国語をどの場面で使うのか、どの程度のレベルを求めるかによっても、答えは変わってきます。

例えば、海外旅行の観光地でのショッピングであれば、英語力ゼロであってもポケトークさえあれば、店員さんとある程度のやり取りが出来ると思います。そういう意味では、ポケトークの登場で語学学習が不要になったとも言えますね。

でも実際は、翻訳は完璧でないこともありますし、相手とのコミュニケーションを全て端末を通して行なうのも、ちょっと・・という気もします。できれば、相手が言っていることを、たとえ10%でも理解できた上で、ポケトークなどの翻訳機を併用して利用するのが良いかなと思ってます。

ポケトークは外国語学習に使えるの?

簡易的な単語学習には便利だと思います。ポケトークSには、英語と中国語の初心者向け海外旅行会話レッスン機能も付いています。実際のポケトーク所有者の35%が、ポケトークを語学学習にも利用しているとのことなので、そういった方々にとっても嬉しい機能だと思います。

英単語学習

「この日本語は英語でなんて言うんだろう?」そんな時に、ポケトークを使えば、さっと調べることが出来ます。例えば、こんな風に

ポケトークを待機状態にしておけば、いつでもサクッと調べることが出来ます。

でも、待機状態にしておいたら、すぐに電池切れしてしまうのでは?と心配になりますよね。

ポケトークWの待機時間は約10日間、ポケトークSの待機時間は約6日(従来は2.5日でしたが、2020年11月のアップデートで倍以上に延びました!)。ですので、待機状態にしておいて、すぐに電池が切れてしまうといった心配はないので、安心してください。このやり方で、単語を調べられるのは、けっこう便利です。

単語学習では、もうひとつ別の使い方があります。

ポケトークSには、カメラ翻訳機能があるのですが、これを使うと、文字を写真で写すと自動翻訳してくれます。意味がわからない英単語があった時に、その文字を写真で取ると、日本語の意味に変換してくれます。このように、英和辞書的に使うことも出来ます。ちなみに、何語かは自動判別してくれるので、何語であっても翻訳してくれます。

会話レッスン機能

ポケトークSには、英語と中国語での会話レッスン機能が付いています。ロールプレイタイプの学習方法で、相手が英語/中国語で話し掛けてきた内容に対して、あなたが英語/中国語で返答し、それに対して、相手がさらにレスポンスし、短い会話をしていくというものです。

あなたの発音が正しければ、会話は進んでいきますが、発音が悪いと、「I don’t understand you.(わかりません)」「Pardon me.(なんて言いました?)」というようなリアクションをされます。単語が合っていても、発音が悪いと、相手が認識してくれないので、発音練習にもなります。

会話レッスンの状況設定は、空港・機内、ホテル、移動、レストラン、観光、ショッピングの6シチュエーションです。それぞれのシチュエーションで、例えば、ホテルだと、チェックイン、朝食の案内、鍵の紛失など、数個の会話パターンが用意されています。

初心者レベルのレッスン内容ではありますが、英会話などに全く慣れていない初心者にとっては、実際に英語を口に出して話す良い練習になると思います。


以上が、質問に多かった、「翻訳の性能」「通信」「言語学習」に関しての、私なりの見解です。

実際にポケトークを使ってみて初めて分かることもあったので、これから購入予定のあなたに、きっとお役に立てたんじゃないかなと思ってます(そうであれば嬉しいです)。引き続き、他にも幾つかの質問投稿で、気になったトピックがあるので、それらをお答えしていきたいと思います。

中古品は保証とか心配ないの?

ポケトークの中古品は、ヤフオクやメルカリなどで販売しています。例えば、ポケトークSの中古品だと2万円前後が相場価格で、グローバル通信の期限が、あと1年数ヶ月残っていたりするようです。

ポケトークSの定価が、グローバル通信なしが19,800円、グローバル通信付が29,800円なので、中古品の場合は、グローバル通信なしの価格位で、1年ちょっと分の通信が付いているという計算になります。値段だけをみれば、お得ですよね。

でも、保証のことを考えると、ちょっと微妙なところ。第三者が今まで使っていた中古品なわけですから、新品と同じだけの製品耐久性があるかどうかは疑問です。

商品保証を受けるためには、購入時にユーザー登録をする必要があるのですが、それを中古品販売者の名前で既にしていたら、あなたが保証を受ける権利は失ってしまっていますよね。それに、購入時のレシートも必要とされています。

なので、「中古品は保証とか心配ないの?」と聞かれたら、「心配です。」としかお答えできません。なお補足ですが、楽天市場で初代ポケトークの新古品(中古未使用品)が、1万円前後で販売されていますが、いまさら初代を購入するのは避けることをおすすめします。

ポケトークのレンタル

ポケトークのレンタルに関することも、わりと多い質問事項です。短期の海外旅行の際には購入するよりも割安だし、と考えるのも当然ですよね。普段外国語に触れることも特にないし、たまにの海外旅行であれば、レンタルしたほうが経済的にお得なので、よいアイデアだと思います。

有名なレンタルのお店としては、イモトのWi-FiグローバルWiFiです。

どちらのレンタル会社もモバイルWi-Fiをレンタルして、オプションでWi-Fi版のポケトークを借りることになりますが、イモトのWi-Fiには、グローバル通信版のポケトークのみを単体で貸し出しもしています(グローバル通信版は、ポケトークWのみ)。2021年1月時点での料金は次のようになっています。

イモトのWi-FiグローバルWiFi
ポケトークS700円1,000円
ポケトークW500円800円
単体レンタル
ポケトークW
750円なし

イモトのWi-Fiでレンタルした方が、少し安いようです。

通常のWi-Fi版のレンタルの際は、モバイルWi-Fi代も当然必要となります。それと、ポケトークのギガ消費はけっして大きくはありませんが、モバイルWi-Fiのギガ消費が心配な人は、どちらのレンタル会社も無制限プランがあります(料金アップにはなりますが)。

あと、ポケトークとモバイルWi-Fiとの接続設定を心配されている方もいるようですが、モバイルWi-Fiの接続情報をポケトークに入力してあげるだけなので、シンプルです。さほど心配しなくても大丈夫です。グローバル通信版ポケトークWをレンタルすれば、その設定さえも不要なので、さらに楽です。

ポケトークをどこで購入する?

販売元であるソースネクスト以外にも、amazonや楽天市場などのネットショップや、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ケーズデンキなどの家電量販店まで、いろいろなところでポケトークを取り扱っています。

でもちょっと驚いたことがあります。amazonでの販売価格が、公式サイトであるソースネクストでの販売価格よりも高いのです。例えば、ポケトークSグローバル通信付の公式サイトでの価格が、税込32,780円なのに対し、アマゾンだと36,058円。3千円以上も高いんです。「なんで??」という感じです。

アマゾン以外の楽天市場や家電量販店では、ソースネクストと同等の価格で販売しています。また、楽天などの販売店で購入した場合、ポイント獲得が魅力だったりしますよね。どこのショップも、だいたいポイントは10%位の還元率。

楽天市場では、たまにポイント3倍キャンペーンもやっているので、「買うなら楽天!」と思う人もいるかもしれませんね。でも実は、3倍になるのは楽天カードを利用した場合のみで、それ以外の支払い方法だと10%です。しかもこれらのポイントは、基本購入したショップでしか利用できません。

公式サイトであるソースネクストもソースネクストeポイントという名称で、ポイント還元をしているのをご存知でしたか?

還元率は、他の販売店と同じく10%。そして、ソースネクストeポイントの場合、同じポイント率でGポイントにポイント交換できます。Gポイントにすることで、LINEポイントやT-POINT、アマゾンギフト券、waonポイントなど、様々なポイントサービスで利用することが出来ます。

そう考えると、ポケトーク買うならば、公式サイトのソースネクストが一番賢いというのが、筆者の結論です。

以上が、Yahoo!知恵袋を中心にネット上でのポケトーク口コミ評判の真偽について、実際の利用者の立場からお答えしました。ここから先は、実際に利用してみて気付いたことを何点かさらにお話してみたいと思います。

起動の際の待ち時間が長いと最初思った

ポケトークの右上に起動ボタンがあるのですが、押してから、利用可能になるまでの時間が30秒以上掛かる。なかなか利用出来る状態にならないから、イライラする。何よりも、これだけ時間が掛かっては、翻訳したい瞬間に使えないではないか!という不満が当初ありました。

でも解決策があったんです。ポケトークを利用しそうなときは、待機状態にしておけばいいんです。でも待機状態にしておいたら、電池消耗が激しそうとちょっと心配に・・・

そんな不安は必要ありませんでした。ポケトークWは約10日間、ポケトークSは約6日間、待機状態でも電池が持ちます。ポケトークSは2020年10月までは待機時間2.5日だったんですが、2020年11月アップデートで倍以上に延びました。アップデートで、そんな機能上のことまで向上させられるなんて、ちょっとびっくりしました。

カメラ翻訳は、文字が小さい

ポケトークSの方には、カメラ翻訳(画像翻訳/文字翻訳)機能が付いている。ポケトークSで文字の写真を取るだけで、希望言語に自動翻訳してくれます。便利な機能ではあるんだけど、翻訳後の文字が小さくて読みづらい。この点がちょっと不満です。

ひとつの解決方法としては、設定で文字サイズを大きくしてあげること。そうすると、少しはましになるかもしれない。ただ、画面の大きさにも制約があるので、やっぱりちょっと読みづらいと思います。結論としては、カメラ翻訳機能は、文章を翻訳するのには、あまり適さない。文字数が多いと、どうしても見づらい。

ですので使い方としては、短い文章か、次のように単語のみを写して、画像翻訳させる方法をおすすめします。

このように、単語ベースであれば、問題ありません。あと、自分が所有しいるのは「ポケトークS」だったのですが、「ポケトークS プラス」だったら、画面サイズが約1.85倍になるので、また状況が違うと思います。

誤訳の修正は慣れる

日本語から英語に翻訳させる際、思ったように言葉を認識してくれないことが時々ある。例えば、「今日は不動産を見に行きました」を「協和不動産を見に行きました」と誤訳してしまうようなケース。

こういったときは、「本日は不動産を見に行きました」に言い換えてみたりする。ポケトークを使い込んでいくと、何となくこういった方が伝わり易そうだな、というのが感覚的に分かってくる。ポケトークのくせを掴むことで、よりよく使えるようになっていきます。

まとめ

「ポケトークは気になるけど、どうしようかな・・・」と思案中のあなたに、読んで役に立ったと思ってもらえたなら嬉しいです。

Yahoo!知恵袋やアマゾンレビューなど、参考になる情報は出回ってはいますが、中にはいい加減な回答もあり、筆者から見ると、半ば無放置状態。もちろん中にはきちんとした回答もありますけど、どれが本当で、どれが嘘の情報かなんて、ポケトークを実際に使っていない状態では、見分けることなんてできないですよね。

幸い自分はポケトークSとポケトークWの2台を持っていて、さらに実際に海外(ニュージーランド)で使用していますので、ポケトーク利用のリアルな実態をベースに、お伝え出来たと思っています。

翻訳機というのは、近年大きく発達したテクノロジーのひとつだと思います。まだまだ進化の余地はありますが、ある程度のレベルでの実用化にまでは漕ぎ着けていると、実際に使って感じました。

沢山使っていると、中には満足しない翻訳もありますけど、それは明瞭に話し掛けたり、翻訳機が理解しやすい言い方で話しかけることで、多くの場合は解決します。逆に、こんな話し方をしても、完璧に翻訳するんだ!と驚くこともあります。

海外旅行に行く際、また日本国内でも外国人と話す機会がある際、ポケトークをあなたのポケットに忍ばせておけば、いざというときの安心感も違います。その際は、いつでもサッと使えるように、待機モードにしておいてくださいね。1秒で即、使えるようになりますよ。

夢のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」