161beijing

北京・アテネ・モスクワの発音

今日のテーマ
海外の都市名の発音は、日本で言われている呼び方と全然異なる場合があります。北京・アテネ・モスクワなどがそのよい例。それ以外の海外都市名についても言及

■ 日本の都市の場合は、
 
 東京は海外でも「TOKYO」だし、

 大阪は「OSAKA」、京都は「KYOTO」

 で、発音が違うってことありませんよね。

■だけど、海外の都市名って、

 私たち日本人が呼んでいる名前と

 海外で呼ばれている名前が

 全然違うことがるんですよね。

北京の発音


 たとえば、「北京(ぺきん)」という地名。
 
 英語で言うと
 
 「Beijing(ベイジン)」

 って言うんですよね。


 日本での呼び方と全然違う!
  

    
■筆者は、

 (もちろん今は知ってはいますが)
 
  海外に住み始めた当初は
 
 「北京」が「Beijing」

 と英語で言うなんてことも知りませんでした。
 

アテネの発音

 
 オリンピック最初の開催地である
 
 「アテネ」が「Athens(エァテェンズ)」
 
 と言うなんてことも全く知りませんでした。
 
  
   ※「Athens」の正しい発音は辞書で確認して下さいね。
   
   カタカナ表記ではちょっと無理があるので。
 

  
■こんな風に、

 日本でよばれている世界の地名と、
 
  英語で発音する世界の地名とでは
 
  完璧に違うものがあります。
 
 
  地名の場合は、
 
  そのことを知らないと
 
  全く見当が付かなかったりするので
 
  ちょっと困ってしまったりします。
   

モスクワの発音

  
■ちなみに、
 
  筆者が知らなくて
 
  最初戸惑ったのは、
 
 「Moscow(モスコウ)」

 
 かなり有名な都市なんですけどね。
 
 最初、どこのことを言っているのか
 
 さっぱりわかりませんでした。
 
 
 でも、あなたなら見当がつくかな?
  
 
 そう、
 
 
 「モスクワ」のことです。
 

その他の海外の都市の発音


■ほかにも、

 オーストリアの「ウィーン」が「ヴィエナ(Vienna)」

 イタリアの「フィレンチェ」が「フローレンス(Florence)」

「ナポリ」は「ネイプゥス(Naples)」
 
 スイスの「チューリッヒ」が「ズリック(Zurich)」

 などなど、いろいろとあります。

  
■こんなようなことがたびたびあるので
 
 世界の地名の発音はちょっとやっかいです。
  
 
 よかったら
 
 ちょっと英語で書かれた世界地図で
 
 世界の地名をチェックしてみたら
 
 いいかもしれません。
 
 
 
 世界地図を見ながら、
 
 海外旅行に思いをはせるのも楽しいですしね!