「have been」→「’ve been」などの 短縮省略は英語エッセイでは厳禁!

have been→’ve beenなどの 短縮省略使わないこと

今日のテーマ
英語エッセイの文章は、単語ひとつひとつ正確に丁寧に記述していかなければなりません。ですので、口語英語やカジュアルなライティングで使用するような、短縮省略形の英語を使うのは駄目。これらのルールについて覚えておこう

英語エッセイを書く際に注意しなければならないこと


 今回は英語エッセイ(小論文)を書く際に

 注意しなくてはならない
 
  あることについてお話します。
 
 
  この小論文の書き方というのは、
 
  少なくとも米国や英国をはじめとする
 
  英語圏への大学留学を考えている場合には
 
  必須の知識となります。
 
 
  この知識を正しく持っていないと
 
  100%落第しますから。
   
  間違いなく100%です。
        
  それだけ重要な知識です。
 

省略文字は厳禁

 
■それでは、

 小論文(Essay)を書く際に
 
  注意しなくてはならないこととは何か?

 

 それは、

  省略文字を使わない!ということ。
 
 
  どういうことかといいますと、
 
 
  ” You shouldn’t waste natural resources. “
 
  (天然資源を無駄にすべきではない)
 
 
  とか、
 
 
  ” I can’t agree with his opinion. “
 
  (彼の意見には賛同出来ない)
 
 
  などといった表現は駄目!ということ。
   

 
■エッセイにおいては、

 「shouldn’t」「can’t」といった省略系の
 
  表記はしてはいけないのです。

 

英語短縮省略形の例

 
  他にも例を挙げると、
 
 
 「 I’m ・・・」とか、

 「 You aren’t・・・」
 
 「It isn’t・・・」

 「I won’t be・・・」

 「It doesn’t・・・」
 
 「I’ve been to・・・」
 
 
 以上のような表現は全部ダメです。
 

短縮省略形を使わない正しい書き方


 小論文(エッセー)においては

 全て次のように省略形を使わないで

 文章を書くのがルール(決まり)です。 


 「 I’m ・・・」
 →「 I am・・・」
 
 「 You aren’t・・・」
→「 You are not・・・」
 
 「 It isn’t・・・」
→「 It is not・・・」
 
 「 I won’t be・・・」
→「 I will not be・・・」
 
 「 It doesn’t・・・」
→「 It does not・・・」

 「I’ve been to・・ 」
→「 I have been to・・・」

 「I haven’t been to・・ 」
→「 I have not been to・・・」

 「I can’t do・・ 」
→「 I cannot do・・・」

 「I shouldn’t do・・ 」
→「 I should not do・・・」
 
 
 というようにきちんと書かないとダメです。
 

  
■したがって、最初の例文も
 
  
  ” You shouldn’t waste natural resources. “
  
 ではなく、
  
  ” You should not waste natural resources. “

  とする必要がありますし、
 
 
  ” I can’t agree with his opinion. “
   
  は、
   
  ” I cannot agree with his opinion. “
   
  としなければなりません。
 
 
  注:「 can’t 」は、「 can not 」ではなく、
    
     「cannot 」と表記します。
   
 
このようにEssay(小論文)を書く際には

 省略形を使わないというルールがあります。

           
 ルールを知らなければ減点対象です。
   
  でも、覚えてさえいれば簡単なことですので、
 
  是非覚えておいてくださいね!