062goukon

助動詞 might/could/must/shouldの違いと使い分け

今日のテーマ
4種類の助動詞「might」「could」「must」「should」の意味と微妙なニュアンスの違いを知っておこう


 今回は助動詞の使い方を勉強してみましょう。
  
 
  あなたは
 
   might, could, must, should

  の使い分けは得意ですか?
 
  
  んー、
 
  得意とはなかなか言えないかもしれませんね。
 
   
  助動詞ってなんだか
 
  ややこしいものですものね。
 
   
  じゃあ、
 
  わかりやすいように
 
  こんなシチュエーションで学習していってみましょう。

 

合コンで助動詞のお勉強

 
「合コン」
 
 
  今日は久々の合コン。
 
  大学時代のクラスメートがセッティングしてくれた
 
  5対5の合コンだ!
 
   
  今日は絶対に残業になりませんようにっ!
 
  との願いが通じて7時の時間通りに待ち合わせ場所へ。
   
 
  あれっ、
 
  まだ誰も来ていないや、
 
   
  っと思いきや、
 
 それらしい子が一人待ち合わせ場所に。
   
  
  しかもっ、
 
 超カワイー!!!
   
 
  あれはそこらのOLじゃないぞ、
 

might, could, そしてmust

 
  もしかしたらモデルさんか何か?
 
  「 She might be a fashion model. 」
 
   
  うんうん、モデルの可能性もあるかも?!
 
  「 She could be a fashion model. 」
 
 
 ちょっと近づいてよく見てみよう。
 

  って、ありゃ間違いなくモデルだよ!
  
  「 She must be a fashion model! 」
 
   
■こんな感じにmight/could/mustが使えるんです。
 
 
  「might」と「could」は

 ほとんど同じくらいのニュアンスです。
 
  「~かな。」くらいのレベルです。
   
  パーセントでいったら50%/50%位。
 
   
  それが「must」になると、
 
  「~に違いない!」くらいの確信に変わるのです。
 
 
  こうなったら90%以上ですね!
 

shouldの場合

  
■それじゃあ、
 
  「 should 」の使い方は?
 
 
  今回のケースで「 should 」を使うとどうなるでしょう。
 
 
  「 She should be a fashion model. 」
 
 
  こう言うと、
 
 
  「彼女はファッションモデルになるべきだよ。」
 
   
  という風に、
 
  サジェスチョン(提案)の文章になるんです。
 
 
  「~すべき。」といような使われかたです。
   
 
  「might」や「could」とは
 
  またちょっと違った使われ方です。
   

助動詞の現在形と過去形のニュアンスの違い

   
■「might」や「could」は

 単に「may」や「can」の過去形というだけでなく、
 
  このような推測の際の
 
  微妙なニュアンスの違いを表す
 
  ひとつの方法として用いられるんです。
   
 
  そして、「must」や「should」との違いについても
 
  何となくわかりましたか?

■さあ、合コンを楽しみにしていた男の子の結末はどうなったでしょう。

 そうです。
 
  案の定のパターンです。
 
 
  かっこいい彼氏風の男性が、ふっと現れて
 
  目の前のモデル風の女の子と

 腕を組んで街に消えて行ってしまいました。
   
 
  そう、
 
  合コンは実は延期になっていて、
 
  彼のところには連絡が行き忘れていましたとさ。

 なので、目の前にいたモデル風の子は、

 合コン相手でもなんでもなくって、

 ただ単に彼氏と待ち合わせをしている女の子だったとさ。
 
    
  こんな感じが現実かな?
  
  悲しいですね・・