204till-you-can-hear

リスニング学習では、英語は聞き取れるまで聞くか、無理だとわかる限界まで聞く

今日のテーマ
英語が聞き取れるようになるためのリスニング学習では、あなたの現状の限界まで、繰り返し英語を聞く努力が必要です


■あなたは毎日どんな英語の勉強をしていますか?
 
 
  英語の勉強っていろいろとやる範囲広いですよねぇ。
 
 
  英単語も覚えなくっちゃいけないし、
 
  イディオムだって知っておいたほうがいい。
 
 
  もちろん英文法だって欠かせないし、
 
  英語の文章を書いたり、読んだりだって必要。
 
  そして、話すことと、聞くこと。
    

リスニング学習


■まあ、いろいろあるんですが、

 今回は「聞くこと」、
 
 
  英語のリスニングの勉強に搾ってちょっとお話をします。
 
 
  英語ってのはとにかく
 
  たくさん聞く努力をしなくちゃいけません。
 
 
  それは、それで事実なのですが、
 
 
  でも、今日はあえて
 
 「たくさん」というところは
 
 いったん脇に置いておいて、お話をします。
  
 

リスニング学習はどれくらいするか


 あなはた英語の聞き取りの勉強(練習)をするとき、
 
 どれくらい練習しますか?
  
 
 ・気分次第
 
 ・3回は聞くようにしている
 
 ・5,6回かな?
 
 ・100回聞くようにしている!
 
 ・いや、聞き取り練習は疲れるからしていない
 
  
 まあ、いろいろでしょうね。
  
 英語を聞くといっても、
 
 英語の聞き流しってのは、まあ、効果が薄いと思うので、
 
 英語を聞くときにはそれなりに集中しなくてはなりません。
 
 だから、けっこう疲れます。
 

 で、
  
 どれだけ聞けばいいかというと、
  
 
  聞けるようになるまで
 
 
 もしくは、
  
 
  聞き取るのが無理だとわかるまで
 
  
 このどちらかがお薦めです。
   
 
■最初の「聞けるようになるまで」ってのは、
 
 正直かなり難しいですよね。
 
 
 「聞き取れりゃ苦労しないよ」
 
 ってことですもんね。
 
 
 だったら2番目の、
 
 「聞き取るのが無理だとわかるまで」やりましょう。
  
 
 1回聞いてわからなかったら、
 
 もう1回聞いて下さい。
 
 それで、駄目だったら、さらにもう1回。
  
 
 当然、1回目に聞いたときよりかは、
 
 2回目、3回目に聞いた時の方が聞き取れる箇所は多くなるでしょう。
 
 
 でも、そこで中途半端に満足しないでください。
 
 
  意識を集中させて、
 
 これ以上は何回聞いても無理だ、


 ってところまで聞いて下さい。
  
 
 そこまでやり切ったら、
 
 初めてそこでスクリプト(和訳)の確認です。
 
 (英語の聞き取り練習の時は、スクリプト付のものを使用して下さい)
 
 
 スクリプトで実際に話している内容をさっと確認して、
 
 再度聞き取りスタートです。
 
 
 まだ、聞き取れない箇所はあるはずです。
 
 また、何度かトライして聞いて下さい。
 
 あ~、もうこれ以上は聞き取れない、
 
 って思ったら再度スクリプトの確認。
 
 
 聞き取れなかったところがどういう英語なのかをチェック。
 
  
 聞き取れなかったり理由が、
  
 ・その単語を知らなかった
  
 かもしれないし、
  
 ・知っている単語だけど、
  英語の音としてその単語を認識できなかった

  
 かもしれません。
 
 
 もし音として聞き取れなかったのなら、
 
 聞き取れなかったその音こそ本物の音なので、そのことを認識する。
 
 といったことも重要です。
 
 
 こういった作業をした後、
 
 再度聞き取りをおこないます。
  
 
 この作業を繰り返し、
 
 全文聞き取れるまで聞き返すのです。
  
 
  この方法はちょっとしんどいですが、お薦めです。
  
 
 もしも、何度も繰り返しても聞き取れないところがあったら
 
 それはそれで最終的に諦めるのもOKとします。
 
 
 現時点での聞き取り能力の限界が
 
 そのレベルなので、それはそれでよし、ということです。
  
 
 英語のリスニング力を上げたいなら、
 
 是非、是非、この方法を試してみてくださいね。