2種類の「フォーク」の意味とスペルと発音

今日のテーマ
「Fork」と「Folk」、日本人はどちらも「フォーク」と言ってしまいますが、英語で使う際は、それぞれの違いをしっかりと区別しておこう

 食事の際に使う際の、ナイフと「フォーク」
                
 
  ゆずやコブクロなんかが継承している
 
  音楽の種類の一種である

 フォークソングとして使われる「フォーク」


  どちらもカタカナで書くと
 
  同じ「フォーク」になりますよね。

それぞれの「フォーク」のスペル

   
 
  それじゃあ英語でのスペルは?
 
   
  違います!
   
   
  食卓で使うフォークは、
        
  fork
 
   
  音楽のフォークは、

  folk
 

 です!

「Fork」と「Folk」 の意味の違い

 
■意味だって当然違います。
   
 「fork」は、

 食事に使うフォークの意味ですが、
 

 「folk」の方の意味は、
 
 「人々」のことだったり、
 
 「民間の」「民俗の」「民謡調の」、
 
 といったようなことをいいます。
 
 
 まあ、音楽のフォーク(folk)は、
 
 元来、英語では「民謡」を指したりするのですが、
 
 その後、もっと広い意味でも使われるようになってきています。
   
 
■いずれにしても、

 この「fork」と「folk」とは
 
  全く別物の英単語なのです。

 
 (それだけは知っておいて下さい!)

「Fork」と「Folk」 の発音の違い


  
  だから発音も違います。

 
 筆者の場合は、

 アメリカ英語ではなく
 
 イギリス系英語になりますが、


 
 「fork」の発音は、

 カタカナで表記したものに近い

 「フォーク」というような感じ。

 発音記号:fˈɔːk(イギリス英語)

 一方、「folk」は、
 
 「フォゥク」というようにちっちゃい「ゥ」の音が

 「ク」の前に入る感じです。

 発音記号:fˈəʊk(イギリス英語)


 
  
 カタカナ英語は、
 
 本来違う英単語を同じように
 
 扱ってしまうところに怖さがあるのですが、
 
 今回もそのひとつの例といっていいでしょう。
 
 
 
■次のサイトで発音のチェックが出来ます。
 
 「fork」と「folk」の単語を入力して

 発音の違いを確認してみて下さい。
 
 
  http://www.howjsay.com/
 
 
 単語を入力して「submit」ボタンを押すと
 
 入力した単語の音声が流れます。
 

「Fork」と「Folk」 の発音
  
 ね、違うのがわかるでしょ?