004i

i の発音について

今日のテーマ
英語の「i」の発音の仕方について知っておこう

iの発音の勘違い

日本人は <r> と <l> の発音の違いが苦手とか、母音を含まない子音だけの発音( t とか k とかで終わる単語など)が出来ないとかよく言われていますよね。

確かにその通り。

でも母音だけの発音であればそこそこ大丈夫と思っている人も多いはず。

しかも <i> の発音は日本語(イ)と同じだし大丈夫だと。
 

しかし、

現実はそうは甘くは無いのです。

英語の <i> の発音は日本語の「イ」の音とは違うのです。

残念!...

例えば「丘」という単語は Hill ですよね。
ちょっと Hill って言ってみてください。

ちゃんと言えましたか?

ちゃんと言えた人もいるかもしれませんが、
ほとんどの日本人の発音は <hil> ではなく、
<hi:l>(Heal 癒す)とネイティブに聞こえてしまっているのです。

英語の「i」の音

■英語の <i> という音は
日本語の「イ」と「エ」の中間のような音になるのです。

また、英語の <i:> という発音は、
日本語の「イー」とほぼ同じです。
 
 
(英語の <i> と <i:> の発音は、単に長さの違いだけではないということです)
 

従って英語の <i> という発音を日本人がすると、
日本語の「イ」の音になるので、
ネイティブからすると
<i:> の音のように聞こえてしまうことがおおいのです。

やっかいですね。

i の発音のコツ

■ <i> の音を発音する時のコツは、
  心持ち「エ」に近いような「イ」にすること。

なんとなくわかります?

「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」と日本語で言う際の
それぞれの口の形を確かめてください。

「イ」と「エ」の口の形が違うのがわかりますよね。
「イ」は口が横長、
「エ」は口がちょと縦の動きが加わります。

<i> の発音は口の形は「エ」に近く、
それでもって「イ」っぽく発音する。

そうすると英語の <i> に近い発音になります。
ちょっと何回か練習してみてください。
 
 
どうです?
それっぽくなってきましたか?

でも Hill の「i」発音が「エ」に近いといっても
くれぐれも「エ」の音にならないように気をつけてくださいね。

Hell <hel>(地獄)になってしまいますから。
(さらに Hell はスエアワード(ののしり言葉)ですので要注意)
 
 

■<r>とかの難しい発音は練習したりするけど、
出来ていると信じきっている発音はわざわざ練習しませんよね。

実際には<i>と<i:>の違いのように、
自分の認識と微妙に発音が違ったりすることがあるのです。
 
こういった箇所を修正すると、発音がワンランクアップします。

これからも本サイトの【発音編】では、
日本人のおかしやすい発音の間違いの矯正方法をご紹介していきます。

《 おまけ 》

「i」と「i:」の発音練習

■< i >の発音が正しく出来ていない日本人は非常に多いです。

筆者自身も気を抜いていると日本語の「イ」になってしまっていることがあります。

日本語にない音を発音するのも大変ですが、
似た音があるというのもちょっとやっかいなものです。

<i>と<i:>の発音の練習が出来るように
いくつかリストを載せておきます。

口の形と、出てくる音を確認しながら繰り返して練習してみてください。

 hit / heat 
 bit / beat
 it / eat
 sit / seat
 pick / peak
 knit / neat