プライムイングリッシュ

テレビでも活躍、女性講師サマー先生による英会話教材

《 キャッチコピー 》
『結果にコミットするのはプライムイングリッシュだけ』


  このエントリーをはてなブックマークに追加

七田式 7+English学習対象者: 初心者から可能
学習の内容: リスニング、スピーキング
費用    : 32,184円(税込)
無料体験 : なし
備考    : 無期限メールサポート等あり


総合ポイント: 22点/25点中 【総合2位】

英語習得で避けて通れないのが「英語の音声変化」。日本人の苦手を知り尽くしたサマー先生が至った結論は、英語学習者の「英語の音声変化」の習得でした。

「英語の音声変化」を知識として教えている参考書はありますが、そのことを実践的に聞いたり、話したりする練習ができる教材というのは、なかなかありませんでした。そういう意味でもプライムイングリッシュは貴重な教材だと思います。

「英語の音声変化」を意識すると、こんなにも英語学習が変わるんだと実感させられます。ネイティブの英語が何を言っているのか全然わからない、ネイティブっぽい英語の発音がしてみたい、と思っているあなたにお勧めしたい教材です。

▼ 公式サイトはこちらをクリック ▼

 プライムイングリッシュとは?

 

プライムイングリッシュとは「ネイティブに笑われないクールイングリッシュ」の著者でもあり、テレビ出演などもしている女性講師のサマー先生による英会話教材が、このプライムイングリッシュです。

英会話習得おいて、実は絶対に必要とされる「英語の音声変化」にスポットを当てて、学習を進めていく英会話教材です。

「英語の音声変化」をマスターできないことには、いつまでたってもネイティブの英語は聞き取れるようになりませんし、ネイティブのような英語を話すことは出来ません。

「英語の音声変化」というのは、英会話には絶対に必要なスキルなわけですね。このことの重要性をサマー先生は言っています。

プライムイングリッシュは、リスニング力向上だけでなく、スピーキング力もしっかりアップさせるような教材内容になっています。その詳しい内容はあとで述べますが、そのための理論がしっかりと詰まったのがプライムイングリッシュと言って良いでしょう。

 

■ 音声変化のマスターは超重要

英会話習得には「英語の音声変化」のマスターがとても大事だと冒頭でお伝えしました。サマー先生も力説しているポイントです。

「英語の音声変化」って何なの?という人のために説明しておきますと、例えば英語の「don’t you」は「ドント ユー」ではなく、「ドンチュ」と発音します。音を連結させて音声変化が発生するのです。ほかにも、「get it」は「ゲット イット」ではなく、「ゲディッ」というようにネイティブは発音します。

これらの音声変化には、音声の連結・脱落・同化とった一定のパターンがあります、まずは、そららの音声変化のパターンを知り、そして様々なパターンでの音声変化を教材の中で繰り返し学習していきます。

音声変化の習得なしに英語を沢山聞きまくっても、リスニング力はなかなか向上しない、と言わざるをえません。逆に、英語の音声変化を重点的に学習してマスターすれば、リスニング力も一気に飛躍することが期待できます。

プライムイングリッシュのテキストでは、英会話に登場する全てのセンテンスにおいて、音声変化のルールが丁寧に記されています。このテキストと付属CD音声の両方とをあわせて活用すると、音声変化というものがより理解できるようになっています。また、CDのスロー音声を聞くと、音声変化が実際にどのようになっているのかが、とってもわかり易いです。


■ スピーキング力も強くなる学習内容

プライムイングリッシュでは、世間に溢れている「聞き流し系英語教材」を使っているのでは、リスニング力のアップはなかなか望めない、と言っています。私もこのことには強く共感します。

ましてや、英会話に必須のスピーキング力に至っては、聞き流し系英語教材では身に着くわけがありません(そのことはどうか知っておいて下さい)。

プライムイングリッシュは、リスニング力とスピーキング力の両方を身に付けるためにはどうしたら良いかを考えて作られた教材です。特にプライムイングリッシュの特筆すべきところは、スピーキング力向上のために考えられた学習内容です。

前述した「英語の音声変化」は、ネイティブのような発音には必須です。プライムイングリッシュは、1週間を学習の1ブロックとして学習を進めていくのですが、1週間の半分をスピーキングの学習として費やしていきます。

スピーキング学習で採用している学習理論は、3ステップスピーキングシステムと呼ばれているのです。ネイティブの英語を真似たり、思っている日本語を英語で実際にどのように言うかをあなた自身の頭で考えて話す、といったことを繰り返し学習しながらスピーキング力を向上させていく学習システムです。

スピーキング力とリスニング力は相互作用がありますので、スピーキング力の向上が、そのままリスニングのアップにもつながっていくメリットもあります。 あなた自身の口から音声変化を意識した英語を発すると、あなたの英語がネイティブっぽい発音になっていることに驚くことと思います。

音声変化を知らなければ、実際のネイティブの英語を聞き取ることもできませんし、ネイティブっぽい発音を話すこともできません。プライムイングリッシュでは、その両方をアップさせることが出来る教材となっています。


■ 英会話の状況設定が素晴らしい

私がプライムイングリッシュは良いなと思うことのひとつとして、英会話の状況設定がとても実質的だということがあります。まさにあなたがこれから直面するような状況が盛沢山に含まれています。

教材内の英会話ストーリーは、シェアハウスという設定になっています。そこでの人間模様が、ストーリーの軸となっていきます。海外生活のある私の経験からしても、英会話が必要になる状況って、まさにこのストーリー展開のような感じだと思うのです。

シェアハウスだけに限らず、人とのコミュニケーションって、最初に誰かと知り合い、挨拶をかわし、簡単な自己紹介をし、それから人間関係が親密になっていくにつれて、様々な会話展開が生まれていく。普段の日本の生活でもきっと一緒ですよね?

だから、プライムイングリッシュで学んだ内容というのは、今後あなたが英語を使う状況になったときに、必ず役に立つと思うのです。

英語学習のための無理やりな(教材用)英会話設定ではなくて、本当に自然な流れでの実践英会話の状況設定になっているのです。プライムイングリッシュは、そのことをとても大切に意識して作った教材なのだろうなと、実感します。


■ ちょっと気になった改善点

プライムイングリッシュを実際に使ってみて、気になった点も幾つか言っておきますね。

まず、プライムイングリッシュには、おまけ的な要素はないですね。本サイトでも紹介している人気教材ネイティブイングリッシュでは、ニュアンス解説CDという、バイリンガルによる英語と日本語とのニュアンスの違いを解説しておまけ音声CDが付いています。プライムイングリッシュには、こういったおまけてきな要素は入っていません。

また、プライムイングリッシュの教材内のストーリーには男女が登場してくるのですが、ナチュラルスピード音声では、それぞれ男女の音声が流れてくるのですが、スロー英語音声では女性の声のみとなります。ちょっとそこに違和感を感じました。

おそらくですが、スロー音声はすべてサマー先生が担当しているのではないかと思います。スロー音声は、ナチュラルスピードをただ単純にスロー再生させたものではなく、音声変化をしっかりと意識させるように収録された音声になっているため、発音のプロであるサマー先生が全て担当したからではないかと思います。

最後に、英会話の日本語訳が、英語表現に比べてちょっと固いかなと思いました。私の気にし過ぎかもしれませんけどね。


■ 無期限のサポートサービス

プライムイングリッシュには、学習者のためのメールサポートというサービスが付いています。わからないことがあったら、すぐに連絡できるというサービスです。メールサポートが付いている教材というのは、他にもあるのですが、プライムイングリッシュの違うところは、サポート期間が無期限だということ。いつまででも安心して使える教材だと言えますね。


■ フレーズ作成サービス

これまたプライムイングリッシュの特筆すべきサービスだと思います。フレーズ作成サービスとは、あなたが考えて作った英語フレーズがこれで合っているのかわからないとき、そのフレーズをネイティブが添削してくれるサービスのことです。

英語フレーズって、自分で一生懸命考えても、これで合っているかどうかな、と絶対に思うものです。通常であれば、辞書で調べたり、英文法の参考書をみたり、ネットで調べたり。。いろいろと調べて、間違いがなさそうかを調べます。でも、自分の英語が本当に合っているかの判断なんて、あたりまえですが無理ですよね。

こんな時にネイティブに英語チェックしてもらえるんです。これって、あなたに専門の英語添削先生が付いているのと同じですよね。とても有り難いサービスです。

 

1日目から効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】 


 こんな人におススメ

プライムイングリッシュおすすめ1..聞き流し英会話教材で失敗した、2.音声変化を克服したい、3.リスニング力アップだけでなく、ネイティブのような話し方も身に付けたい。

このようなあなたにお勧めの教材だと言えます。

プライムイングリッシュは、英語を聞くだけなく、積極的に話す・考えるといったことも必要とされる教材です。

英語の音声変化の学習にも重点を置き、ネイティブの発音の聴き取り、ネイティブのような話し方も習得することが可能です。そして、他の教材と比較して、スピーキングに注力した学習内容になっているのも特徴的です。

英会話は、話せなくては意味がありませんから、スピーキング力アップは必須です。

 音声変化の習得により、聞き取れなかった英語を聞き取れるようにし、日本人独特の英語の話し方からよりネイティブっぽい話し方を習得していくのがプライムイングリッシュです。音声変化を習得したい、スピーキング力も絶対にアップさせたいと思っているあなたに、試して欲しい英会話教材です。


 ちなみに、サマー先生って

プライムイングリッシュの開発者のサマー先生ってどんな人?

サマー先生(フルネームは、サマー・レイン先生)は、日本語と英語の両方を熟知したアメリカ・シアトル生まれの英語の女性講師です。

プライムイングリッシュの公式サイトの動画にも登場していますが、サマー先生の日本語の上手さにもきっと驚くかと思います。

サマー先生は、「ネイティブに笑われないクールイングリッシュ」というkindle版書籍をAmazonから出版もしています。また、英語の「発音王」としてテレビ出演もしていました(発音王っていうと王様みたいですが、実際は綺麗な女性講師です)。

日本人の英語の苦手なポイントをよく知っているからこそ、作られた内容がプライムイングリッシュということになるのかと思います。

▼ サマー先生の動画はこちらで見れます ▼


 比較教材

ネイティブイングリッシュと比較聞き流し系英会話教材を否定している仲間である、スピークナチュラル、リッスントーク、ネイティブイングリッシュと比較していくことに致しましょう(聞き流し系教材の宣伝文句には騙されないようにしましょう)。

まずこれらの教材と違うところは、プライムイングリッシュは、英語の音声変化を重要視して学習していくところです。

前述しましたが、英語には、「don’t you」を「ドント ユー」と発音せず、「ドンチュ」と発音するなどの音声変化がおこります。

英語の音声変化を身に付けていないと、実際のネイティブの英語が聞き取れなかったり、ネイティブとはほど遠い英語の発音しかできなくなってしまったりします。

それを克服して本当の英語を聞ける力、話せる力を養っていくのがプライムイングリッシュです。この点においては、プライムイングリッシュは非常に優れています。

日本語を上手に利用して英語を効果的に学習していくには、日本語/英語の順番と、英語音声スピードが重要になってきます。プライムイングリッシュは、リスニング学習では「英語 → 日本語」、スピーキングでは「日本語 → 英語」の音声の順番で学習していきます。この流れは良い流れです。効果的な順番です。

英語音声スピードに関しては、ナチュラルスピードとスロースピードを併用しています。最初にナチュラルスピードの英語を聞いて、次にスロースピードで音声変化をしっかりと認識、そして再度ナチュラルスピードの英語を聞くというような流れを採用しています(サンドウィッチリスニングシステム採用)。

その間にリピーティングの発声が加わったり、スピーキングの練習をさらに行ったりしていきます。そうすることにより、リスニングだけでなく、スピーキング力の強化もしていけます。

比較教材のスピークナチュラルは、ナチュラルスピードとスロースピードを上手に使っている点はプライムイングリッシュと一緒ですが、音声の順番は、「日本語 → 英語」のみで学習を進めます。これだとあくまでもスピーキング効果のみを重視したやり方になります。

リッスントークと比較すると、英語/日本語の順番、スロースピードの英語を併用する点で同じです。リスニング&スピーキング強化教材と言えるでしょう。プライムイングリッシュでは音声変化も重点的に学べるので、その点で、リスニング、スピーキング共に、プライムイングリッシュの方が、さらに高い効果が期待できると感じます。

ネイティブイングリッシュは、英語と日本語の順番を効果的に使う点、ナチュラルスピードとスロースピードの英語を採用している点でもプライムイングリッシュと同じですが、リスニングにおいては、スロー英語の代わりに高速スピードの英語音声を採用している点が異なります。

プライムイングリッシュは、ゆっくりスピードの英語で音(特に音声変化)を把握することを重要視していますし、ネイティブイングリッシュの方は、早い英語を聞くことで、ナチュラルスピードをゆっくりに感じさせることを重要視しています。どちらも理論も正しいので、できれば両方の教材で学習したいところではあります。

テキストブックは両教材共に、他の比較教材と比べて良い内容です。この2つの教材で違いがあるとすれば、メールサポートがプライムイングリッシュは無期限(ネイティブイングリッシュは2年)、フレーズ作成サービスのサポートが付いている、全体のストーリー展開が優れている、という点ではプライムイングリッシュに軍配があがります。

いっぽう、ニュアンス解説CDが付いていたり、返金保証がネイティブイングリッシュは60日間、プライムイングリッシュは14日間(14日でも他教材と比べると良いです)といった点では、ネイティブイングリッシュの方が優れていると言えます。


英語教材の「最終手段」とは、

⇒ 結果にコミットする英会話教材【プライムイングリッシュ】



 プライムイングリッシュ教材情報


プライムイングリッシュの内容。
教材の内容は以下の【教材構成】参照下さい。


【教材構成】

 ●教材CD 12枚 ●利用マニュアル 1冊 ●テキスト 6冊

 サポート
 〇メールサポート(現時点では無期限)
 〇フレーズ作成サービス
 〇フレーズメルマガサービス
 〇サマー先生の発音の極意動画サービス(後日配信予定)
 〇サマー先生のリアル発音セミナー優待案内

【費用】

●特別価格 32,184円(税込・送料込)
(公式サイト表記は29,800円とありますが、これは税抜価格です)

 ※さらに、14日間の全額返金保証付き


【学習開始レベル】

初級者から可能
(英文法・英単語は、中学・高校レベルの英語を使用)


【学習期間】

6ヵ月(毎日30分)


【お支払い方法】

●各種クレジットカード払い ●代引き ●銀行振込 ●後払い(コンビニ・郵便局) ●Amazon Pay



▼ 公式サイトでさらに詳しく ▼