ネイティブイングリッシュ

バイリンガル女優も推薦する英会話教材の新定番!
購入者満足度 96.1%の教材です

《 キャッチコピー 》
『1日6分でラクに話せる』

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブイングリッシュ学習対象者: 超初心者〜中級程度
学習の内容: リスニング、スピーキング
値段    : 29,800円
返金保証 : 60日間返金保証付
備考    : 海外発送可能


【ネイティブイングリッシュ 筆者の口コミ体験談評価】

 総合ポイント: 24点/25点中【総合1位】

ネイティブイングリッシュを使って、実際に私も英語学習してみました。
その結果言えることは、英会話教材18種類を比較した中でも、ネイティブイングリッシュは極めて優れた英会話教材だということです。

英会話教材として必要な、「英語の聞く・話す」の両方を、効果的に伸ばせるように正しく教材製作されているからです。初心者からでも安心してトライすることができる教材内容でもあります。

リスニングとスピーキングの学習に加えて、英語の微妙なニュアンスについて学ぶことができる、ニュアンス解説CD「DJトーク」が付属しているのも見逃せません。

よりネイティブに近い、リアルな英会話が学べる貴重な英会話教材です。

▼ 公式サイトはこちらをクリック ▼

 

 【目次】

1. ネイティブイングリッシュ 筆者の口コミ体験談評価
2. ネイティブイングリッシュとは?
3. ネイティブイングリッシュのメリット(特徴)
4. ネイティブイングリッシュのデメリット
5. 学習方法
6. ネイティブイングリッシュとの比較教材
7. こんな人におすすめ
8. おすすめでない人
9. 返金保証
10. ネイティブイングリッシュ 総括
11. ネイティブイングリッシュ教材情報
12. ネイティブイングリッシュ 購入の際の注意点

 

 ネイティブイングリッシュとは?

 

ネイティブイングリッシュはどんな教材ネイティブイングリッシュは、ニューヨーク出身の有名バイリンガル女優さんもお薦めし、非常に充実した教材内容となっています。私も実際に教材を体験してみましたが、現時点で一番お勧めできる英会話教材であると確信しています。

それでは、私の体験談もふまえて、ネイティブイングリッシュがどんな教材かをお伝えしていきましょう。

ネイティブイングリッシュの最大の特徴は、英会話に必要な「聞く(リスニング)」・「話す(スピーキング)」の両方を最適に学習できる教材だということです。

リスニング練習用とスピーキング練習用のCDは別々に用意され、効果的に学習できるように工夫されています。

特に注目したいのが、使用する英語のスピードです。

英語のリスニング能力を鍛えるのと、英語のスピーキング能力を鍛えるのとでは、それぞれ使用する英語のスピードは異なるほうが効果的であることは、今までも実は言われてきました。

しかし、それを上手に採り入れた英会話教材というのは、残念ながら今まで見当たりませんでした。それを実現させてくれたのが、このネイティブイングリッシュです。

教材を体験して実感することは、他の教材と比較してもネイティブイングリッシュの教材の中身自体も優れているということです。とても丁寧に、そして盛沢山の内容で教材が作られているのがよくわかります。

教材内で登場する英会話は、ネイティブが使う自然な英語フレーズがふんだんに使われています。しかもけっして難しい英語ではありません。まさに、取り掛かりやすく、それでいて実践向きです。

それと、重要な英語フレーズに対しての説明を、テキストブックでしてくれています。他にもこういった言い方もできるとか、フォーマルな場面ではこう言い換えることができるとか。ひとつひとつの説明が、とっても役に立ちます。

英会話学習教材本編以外にも、ニュアンス解説CD「DJトーク」というのが付属していて、これが非常にお薦めの内容となっています。

似たような他の教材を買うなら、ネイティブイングリッシュを試すのがベスト、というのが実際に教材を試した感想です。

 

 ネイティブイングリッシュの特徴

■ ネイティブイングリッシュのメリット【5つの優れた点】

1. リスニング力とスピーキング力の両方が身に付く
2. 英語のニュアンスが学べる
3. リアルな英会話が習得できる
4. 海外旅行からビジネス英語まで
5. バイリンガル個別メールサポート


1. リスニング力とスピーキング力の両方が身に付く

従来の英会話教材の中にも、リスニングとスピーキングの両方が習得できると、宣伝している教材はありました。でも実際の中身は、お世辞にも宣伝文句通りの内容とは思えませんでした。

特にスピーキングの習得という面においては、とても満足できるようなレベルでない教材がほとんどだったのです。「こんな教材内容で、英語が話せるようになるなんて、本当に言ってしまっていいの?」と疑いたくなるような教材もありました。

英語学習においては、聞く英語のスピードが重要だという話を冒頭でしました。

英語スピードを効果的に工夫した、2種類の英語スピードを採用した英語教材というのは、過去にもありました。通常スピードと高速スピード。もしくは、通常スピードと低速スピードの教材のどちらか。ただし、これだけでは不十分です。

リスニングに効果的な英語スピードと、スピーキングに効果的な英語スピードは、それぞれ異なります。ですので、ナチュラルスピード・低速スピード・高速スピードの3種類全てが、教材内には必要となります。

これら3種類のスピードを、効果的に組み合わせた英会話教材は、ネイティブイングリッシュ以前にはありませんでした。

ネイティブイングリッシュでは、リスニング学習にはナチュラルスピードと高速スピードを採用し、スピーキング学習にはナチュラルスピード低速スピードを採用しています。全部で3種類のスピードです。

英語を「聞く」には、高速スピード英語とナチュラルスピード英語を聞くことにより、そのスピードのギャップで、ナチュラルスピードの英語が聞き取りやすくなる、という効果があります。実際にネイティブイングリッシュの教材を聞くと、その効果がわかります。

高速スピード英語のあとは、ナチュラルスピードの英語がゆっくりに聞こえるのが実感できます。それに、速い英語を聞いて、そのスピードに慣れることは、実践英会話でも役立ちます。

英語を「話す」には、低速スピードの英語とナチュラルスピードの英語を聞くことが効果的と言われています。なぜかと言うと、あなたが英語を話すには、しっかりと英語の「音」を知っておく必要があるからです。そのためには高速ではなく、ゆっくりな低速英語を丁寧に聞いておく必要があります。

このように、聞くための英語と、話すための英語とでは、その学習方法に違いがあるのです。

従来の英会話教材は、ナチュラルスピードと高速スピードの組み合わせだけか、ナチュラルスピードと低速スピードの組み合わせだけ、というのが主流でした。なかには、ナチュラルスピードだけで、英語が聞けて話せると宣伝している教材さえありました。

ネイティブイングリッシュでは、3種類の英語スピードを効果的に組み合わせ、ひとつの教材で英語のリスニング力とスピーキング力の両方が身に付くように出来た教材となっています。



2. 英語のニュアンスが学べる

「私たち日本人が知っておくべき、英語のリアルなニュアンスをバイリンガルから学べる」というのが、ネイティブイングリッシュの大きなメリットのひとつです。

英語を実際に使うようになるとぶつかる壁に、「英語のニュアンス」というのがあります。日本人であるあなたが、日本語の微妙なニュアンスの違いがわかるように、英語にもニュアンスの違いというのがあります。

この微妙なニュアンスというものは、英語をただ勉強しているだけでは、なかなか身に付けるのは難しいです。

ネイティブイングリッシュでは、その解決方法として、2つの方法を採用しています。


1つめが、「フレーズ学習」です。

フレーズ学習とは、教材内の各英会話シーンの中から約10個のフレーズをピックアップし、そのフレーズの知識をさらに深めていく学習ステップです。このフレーズ学習を通して、英語のニュアンスの違いを学んでいけるようになっています。

例えば、「I 'm happy to see you」は、以前に会ったことがある人に久々に会った際に、「久々に会えて嬉しいよ」という意味で使うフレーズ。

いっぽう、似たフレーズで「I'm happy to meet you.」というのがあります。この意味は、初めてあった人に、「お会いできてうれしいです」という意味で使われるフレーズになります。

このように、似た英語で微妙な意味の違いがあるケースなど、英語のニュアンスの違いを、学べるようになっています。


2つめは、「DJトーク」になります。

DJトークとは、ネイティブイングリッシュの教材に付属している3枚組のニュアンス解説CDのことです。このニュアンス解説CD「DJトーク」が、超お宝の内容になっています。

個人的には、このDJトークのCDだけでも、教材費の価値があるのではないかと思ってしまう程です。それくらい、知っておく価値のある内容が詰まっています。

英語の持つニュアンスを知るというのは、本当に難しいです。言葉が持つ微妙なニュアンスというものは、外国に実際に住んで、その言葉を母国語のように操れて、初めてわかるものです。言葉で説明するのが難しい、非常に感覚的なものだからです。

では、この微妙な英語のニュアンスのというものを、私たちに正しく伝えられるのは誰?唯一最適なのが、完璧なバイリンガルの人間だと言えるでしょう。両方の文化、言語に精通した正真正銘のバイリンガルだけが、日本人の私たちに、英語のニュアンスはこうなんだよ、とその違いを正確に伝えることが出来るのです。

ネイティブイングリッシュでは、日本人の母とアメリカ人の父を持つ、NHK番組にも登場していた、正真正銘のバイリンガルである、マイケル・リーヴァスさんが、日本人が知っておくべき英語独特のニュアンスについて音声で解説してくれています。

是非あなたも実際にニュアンス解説CDを聞いて欲しいと思っています。まさにこれが「目からうろこ」、と私が身を持って実感したからです。

普通に英語を勉強していただけでは知れないような、英語の微妙なニュアンスの違いを、マイケル・リーヴァスさんがとてもわかりやすく説明してくれます。繰り返させてもらいますが、この3枚のCDは英語学習者にとって非常に貴重と言えます。



3. リアルな英会話が習得できる

英会話を学ぶ際、実践で使えるリアルな英語で学習していくことが重要です。実際に使わないような、使い古された表現を学んでも、実際の英会話では不自然になってしまいます。

日本語でも、「元気?」とは言うけれど、友達からいきなり「ご機嫌はいかがですか?」などと言われたら、違和感かなりありますよね?

英語でも、親しい間柄の普段の挨拶で、「How are you?」なんて言われたら、ちょっと違和感があります。普通だったら「How are you doing?」とか「What’s up?」とかですよね。

ネイティブイングリッシュで使われている英語は、実際のネイティブが日常生活で使用している英語フレーズが中心です。せっかく覚えたフレーズをネイティブに対して使ったら、違和感たっぷりで伝わってしまった、なんてことになったら嫌ですよね。

言語は生ものですから、今使われている英語表現を知っておくことが大切です。ネイティブイングリッシュであれば、その点、心配無用です。



4. 海外旅行からビジネス英語まで

ネイティブイングリッシュでは、本教材の日常英会話として19のシーン、付属のビジネス英語で28のシーンの英会話を学んでいきます。


【日常英会話】
1.基本のあいさつ 2.自己紹介 3.家族や出身地について 4.通勤・別れ際のあいさつ
5.質問と返答 6.頼みごとやお誘い 7.電話でのやりとり 8.日本に関すること
9.ホテル・カフェでのやりとり 10.レストランでのやりとり 11.飛行機
(登場手続き〜入国手続き)
12.乗り物を利用する
13.観光・スポーツ観戦 14.街歩き 15.買い物 16.体調不良で病院に行く
17.さまざまなトラブル 18.公共機関への連絡 19.失くしものをす  



【ビジネス英語】
1.企業に電話をかける・受ける 2.電話でアポイントを取る 3.アポイントに遅れる連絡 4.オフィスの受付で
5.自己紹介と名刺交換 6.接待 
@ゲストを空港に迎えに行く
7.接待 
A来客を食事に誘う
8.会社の創立や本社の場所
9.会社の支店や従業員の数など 10.会社の事業内容について 11.仕事内容について 12.英語で面接 
@あいさつと自己紹介
13.英語で面接 
A志望動機と長所・短所
14.英語で面接 
B今後の目標や計画
15.転勤(着任)のあいさつ 16.週末の予定の話題と飲みの誘い
17.メール送信の確認 18.仕事で残業 19.上司とのやり取り 
@上司に話しかけられる
20.上司とのやり取り 
A上司からの質問
21.会社資料の準備のお願い 22.社内会議で提案 23.社内会議で意見を聞く 24.商品についての紹介
25.価格の交渉 26.商談を終える 27.クレーム電話をかける 28.クレームに対応する


これだけの様々なシーンでの英会話の練習ができます。日常英会話では、海外旅行の際に必要となるであろう、主要なシチュエーションは、ほぼ網羅していると思います。

実際にこの教材で練習しておけば、実際の海外旅行の際には、かなり自信がつくはずです。 会話に必要な英語フレーズを、ひとおおり学習しておけますし、臨機応変に対応するための方法も、学習を通じて学んでいけます。

シーンの数は、日常英会話の方がビジネス英語よりも少ないです。しかし日常英会話では、各シーンをより深く学習していく内容になっています。ですので、教材内容はあくまでも、海外旅行時の日常英会話がメインになります。



5. バイリンガル個別メールサポート

このサポートサービスは、ネイティブイングリッシュ教材の目玉のひとつと言っていいでしょう。なんとバイリンガルが3年間、あなたの質問に対して個別メールサポートしてくれます。

英語学習を一人でしていると困るのが、何か疑問点があったときに、何が正解かがわからないこと。ネットでいろいろと調べることもできますが、見つけた答えが本当に正しいかの保証はありません。

そんな時に、あなたの疑問に答えてくれる人がいたら、本当に助かります。しかも、ネイティブイングリッシュでは、わたしたち日本人が英語の質問をする際に、一番理想的な相談相手である、バイリンガルのスタッフが、あなたの質問に個別に対応してくれます。

24時間いつでも好きな時にメールすればOKです。追って、バイリンガルからの返答がもらえます。バイリンガルサポートは、以前は2年間でしたが(これでも十分長いですが)、現在はなんと3年間に延長されました。

バイリンガル個別メールサポートは、ネイティブイングリッシュ公式サイトで申し込んだ場合のみの特典です。ネイティブイングリッシュの楽天市場店や、ヤフオク等の中古品では付いていませんので、ご注意ください。

 


▼ 公式サイトはこちらをクリック ▼

 

 


■ ネイティブイングリッシュのデメリット【気になった点】

1. アプリやオンライン版がない
2. 語彙や文法はカバーされていない
3. キャッチフレーズがよろしくない

1. アプリやオンライン版がない

今の時代、スマホを使えばいつでもどこでも手軽に英語学習ができて便利ですよね。残念ながら、ネイティブイングリッシュにはスマホ専用のアプリがありません。また、CDに代わるオンライン版の学習サイトもありません。ネイティブイングリッシュでは、あくまでもCDとテキストを使った学習方法のみとなっています。

スマホで学習したい場合には、音声をCDからパソコンに録音し、その音声ファイルをスマホに移して保存する方法。もしくはiTuneに録音し、同期させてスマホからアクセスする方法といった方法はあります。

実際には、多くの学習者がこのような方法で、スマホで学習しているようではあります。でも出来たら、アプリやオンライン版があった方が、助かります。


2. 語彙や文法はカバーされていない

英会話を習得するには、実践英会話学習に加えて、語彙や英文法の学習も必要だと私は考えています。それの方が、しっかりと身に付きますし、応用力も上がります。ネイティブイングリッシュでは、語彙や英文法の学習は入っていません。

ですので、語彙・文法学習は、あなたが別途に学習していく必要があると思った方がいいでしょう。

ネイティブイングリッシュのテキストには、フレーズや熟語を中心とした、役に立つ学習内容も含まれてはいます。ですので、厳密には語彙学習は全く含まれていない、という意味ではありません。

ただし、あなたの英語力を高めて、実践英会話でよりスムーズなやりとりを将来的にしていきたいと考えているならば、英単語学習や、英文法学習は、別途に必要ですよ、ということになります。


3. キャッチフレーズがよろしくない

ネイティブイングリッシュ公式サイトでは、「1日6分でラクに話せる」とか、「流して聞くだけの簡単リスニング」といったキャッチフレーズが使われています。

1日6分からの学習であることも、リスニングに関しては流してきくだけ、というのもウソではありません。ただ、こんな風に、他の英会話教材の真似をして、「ネイティブイングリッシュの学習は、楽ですよ〜」というようなことを、全面的に押し出してアピールする必要はないと思うのです。

私は、ネイティブイングリッシュは、じっしくりと取り組むことにより、着実に英会話力が伸ばせる教材だと思っています。なので宣伝のために、他の英会話教材を真似するようなことはせずに、しっかりとネイティブイングリッシュの本当の良いところを、強調して伝えて欲しいと感じています。


 

 ネイティブイングリッシュの学習方法

ネイティブイングリッシュの、「学習全体の流れ」「6つの学習プラン」「1週間の学習の流れ」「1日の学習の流れ」について見ていきましょう。


[1]学習全体の流れ

本編の日常英会話編では、「基本のあいさつ」「自己紹介」「ホテル・カフェでのやりとり」「レストランでのやりとり」「買い物」など、全部で19のシーン(合計72トピック)の英会話を習っていきます。1シーンに対して、3つから6つ程度のトピックに分けて学習していきます。次のようなかんじです。


例1 シーン1「基本のあいさつ」

1 基本のあいさつと返答
2 久しぶりのあいさつと近況報告
3 天気の話題


例2 シーン2「ホテル・カフェでのやりとり」

1 ホテルでのチェックイン
2 ホテルでのトラブル ロックアウトされたとき
3 ホテルでのトラブル エアコンの故障
4 タクシーを呼んでもらう
5 ホテルでのチェックアウト
6 カフェでの注文


各トピック内で、実際に会話を聞き、フレーズを学び、リスニング、スピーキングの練習をしていきます。



[2]6つの学習プラン

ネイティブイングリッシュでは、これらの学習を、どれくらいの期間をかけて実践していくか、次の6つのプランの中から選ぶことができます。


1. おすすめコース【168日】
全72トピックを168日(6ヵ月弱)かけて学習していくプランです。1トピック(Day1&2)の会話(conversation)とフレーズ(phrase)の両方のリスニングを1日目に、そしてスピーキングを2日目に実施します。これを3日目以降も交互に行っていきます。

2. 標準コース【96日】
おすすめコースの2日かけてリスニングとスピーキングをやるところを、どちらもまとめて1日で完了させるコースです。

3. お急ぎコース【72日】
3つのトピック(Day1-6)のリスニングを1日目で終え、同トピックのスピーキングを2日目に完了させるペースで進めていきます。Day7のArticle記事学習のリスニングとスピーキングを3日目に実施。このペースで学習していきます。

4. マイペースコース【180日】
最初の3日間でDay1-6のリスニング、4日目にArticle記事学習を行い、5日目から7日目にかけての3日間でDay1-6のスピーキングを学習していくペースで実施します。

5. 最短コース【24日】
おすすめコースで1週間かけてやる内容を、最短コースでは1日で実践していきます。非常にハイスピードで学習を進めていきます。

6. じっくりコース【324日】
Day1のリスニングを1日目に、Day1のスピーキングを2日目に学習していくペースとなります。おすすめコースで実践する1日分を、じっくりコースでは2日かけて実践するペース配分となります。

 

この6つのコースの中から1つを選んで、あなたに合ったペースで学習を進めていってください。



[3]1週間の学習の流れ

おすすめコースを例に、1週間の流れをみてみましょう。


1週目のシーン:基本のあいさつ

1日目 トピック「基本のあいさつと返答」 ConversationとPhrasesのリスニング学習
2日目 トピック「基本のあいさつと返答」 ConversationとPhrasesのスピーキング学習
3日目 トピック「久しぶりのあいさつと近況報告」 ConversationとPhrasesのリスニング学習
4日目 トピック「久しぶりのあいさつと近況報告」 ConversationとPhrasesのスピーキング学習
5日目 トピック「天気」 ConversationとPhrasesのリスニング学習
6日目 トピック「天気」 ConversationとPhrasesのスピーキング学習
7日目 新聞トピック「今年の冬の予想」のリスニングとスピーキング学習


このように、1週間で1シーン(3つのトピック)と新聞トピック1つを学習していきます。これと同じパターンで、2週目、3週目と同様に実践していくわけです。


7日目の新聞トピックのところは、週によって変わり(隔週でニュアンス解説CD学習が登場)、次のように続いていきます。


7日目 新聞
14日目 ニュアンス解説CD学習
21日目 雑誌
28日目 ニュアンス解説CD学習
35日目 雑誌
42日目 ニュアンス解説CD学習
  ・
  ・
  ・


[4]1日の学習の流れ

リスニング学習の日(CD視聴時間 約4分)

conversation高速スピード英語 日本語(1フレーズ毎に)
conversationナチュラルスピード英語 日本語(1フレーズ毎に)
phrases高速スピード英語 日本語(1フレーズ毎に)
phrasesナチュラルスピード英語 日本語(1フレーズ毎に)

リスニング学習の日は、Listening CDを使用します。Conversationとphrasesにおいて、それぞれ高速スピード英語とナチュラルスピード英語の順番に聞いて、英語に耳を慣らすのと同時に、内容を把握するように努めます。


スピーキング学習の日(CD視聴時間 約4分)

conversation日本語 低速スピード英語 ナチュラルスピード英語(1フレーズ毎に)
phrases日本語 低速スピード英語 ナチュラルスピード英語(1フレーズ毎に)

スピーキング学習の日は、Speaking CDを使用します。Conversationとphrasesにおいて、それぞれ低速スピード英語とナチュラルスピード英語の順番に聞きます。

リスニングの日に引き続いて、会話内容の把握に努めるのと共に、低速スピードで、英語の発音をしっかりと把握するようにします。低速スピード、ナチュラルスピード両方において、シャドーイングを実践すると、英語を話す力がより鍛えられます。是非シャドーイングもしっかりとおこなってください。

 

▼ 公式サイトはこちらをクリック ▼

 


 ネイティブイングリッシュとの比較教材

ネイティブイングリッシュと比較ネイティブイングリッシュとの比較教材としては、スピードラーニングとエブリデイイングリッシュ、それとスピークナチュラル、リッスントーク、プライムイングリッシュも比較対象になるでしょう。聞き流し系英会話教材と、その進化形教材が比較対象という意味です。

これらの教材と比較した場合、ネイティブイングリッシュがやはり一番優れたメソッドを採用していると感じます。後発組のアドバンテージで、従来の教材の不満な部分を上手にカバーしている印象を受けます。

近年の英会話教材は、英語の「聞く」「話す」の両方を伸ばせることを売り文句にしているケースが多いです。しかし実態が伴っていないのが現状です。その点、「聞く「」話す」の両スキルアップを一番最良の形で実現させたのがネイティブイングリッシュです。

それでは、具体的に説明していきましょう。

聞き流し系の元祖は、スピードラーニングです。これは、ナチュラルスピードで、英語 → 日本語、の順番で音声再生されていく教材です。

それを進化させたのがエブリデイイングリッシュです。再生される英語のスピードが高速とナチュラルの2段階になっています。これは英語の聞き取りスキルアップという点においてメリットがあります。どちらも聞くだけで話せるという教材ですが、実際にはリスニングに重点が置かれた教材だと言えます。

次に登場したのがスピークナチュラルです。音声再生は、従来の2教材とは逆で、日本語→英語で流れます。この順番の方がスピーキング練習には効果があるという理由からです。

また、スピークナチュラルは高速ではなく、逆に低速スピードの英語と、ナチュラルスピードの英語を組み合わせています。しっかりと音がわかる低速スピードの英語を聞くことは、スピーキング力アップに役立つという理論があり、それなりの効果も期待できる学習方法でもありました。従来よりもスピーキング重視の教材と言っていいでしょう

リッスントークはというと、リスニングとスピーキングのバランスが取れた教材を目指しています。リスニングに効果的な「英語 → 日本語」の順番と、スピーキングに効果的な「日本語 → 英語」の順番を、それぞれの学習で分けて実行していくというものです。スピードはナチュラルスピードと低速スピードを組み合わせたものになっています。

プライムイングリッシュも、リスニングは「英語 → 日本語」、スピーキングは「日本語 → 英語」という流れを基本としています。英語音声スピードは、ナチュラルスピードと低速スピードの併用を採用。また、英語の音声変化を重視した学習内容になっているのが特徴です。全体の印象としては、リスニングよりもスピーキングをやや重視した内容の印象です。

ネイティブイングリッシュはというと、学習効率の高い、リスニング「英語 → 日本語」、スピーキング「日本語 → 英語」が採用されているのはもちろんのこと、リスニングには高速スピード英語とナチュラルスピード英語、スピーキングには低速スピード英語とナチュラルスピード英語を採用しています。

音声再生の順番といい、英語スピードの組み合わせといい、一番最適な方法での組み合わせを、完璧に実現しているのは、ネイティブイングリッシュが唯一となります。

比較に登場したどの英会話教材も、「英語が聞けて話せる」ことを売りに宣伝していますが、その実態が一番伴っているはネイティブイングリッシュになります。


今、すごいスピードで売れているこの教材をさらに詳しく知るには、

楽しく身に付く英会話教材【ネイティブイングリッシュ】


 ネイティブイングリッシュは、こんな人におすすめ

ネイティブイングリッシュはこんな人におススメ近年の口コミ評判の優れた英会話教材が、どのようなものかを知りたい人に、是非試して欲しい教材です。

具体的には、次のような方にネイティブイングリッシュはお勧めです。

1. リスニングとスピーキング両方身に付けたい

ネイティブイングリッシュの特徴は、英語のリスニング力とスピーキング力の両方のスキルアップが出来るところ。実際の英会話は、リスニング力とスピーキング力の両方が必要になってきますから、「リスニングとスピーキング両方身に付けたい!」と思っている方にはおすすめの教材です。


2. ネイティブが使う英語を身に付けたい

海外旅行に行っても、現地の人に通じないような英語では意味がないですよね。実際に現地のネイティブの人が使っているような英語が学べるのが、ネイティブイングリッシュの良いところ。これから海外旅行に行く人、いつか海外に行きたいと思っている人には、最適の教材内容だと思います。


3. 英語のニュアンスも身に付けたい

独学では難しい英語のニュアンスの習得。適切な人に教えてもらわないと、この英語の微妙なニュアンスというのは、なかなかわかりません。ネイティブイングリッシュでは、バイリンガルスピーカーによるニュアンス解説CD「DJトーク」と、テキストブックにおいて、英語のニュアンスを習得出来ます。英語を使いこなすにあたって是非知っておきたい、英語のニュアンスを是非あなたもマスターしてください。


4. 継続する意思はある

ネイティブイングリッシュで勉強していくにあたって、あなたの学習継続の意思は必要になります。ネイティブイングリッシュは、「1週間でペラペラ」といったたぐいの英語教材ではありません。毎日コツコツを学習を継続していくことが求められます。
実際問題として、英語習得において、継続は必須です。あっという間に、簡単に英語習得出来ます、なんて教材は、逆に怪しいと思ってください。ネイティブイングリッシュでは、真っ当な方法で学習を進めていきます。継続し易い内容、継続しただけの価値がある内容、となっているのが、ネイティブイングリッシュです。


5. 初級者・中級者

ネイティブイングリッシュは、どちらかと言うと、英語中級者までくらいの方に最適の教材だと思います。実際に役に立つ内容レベルとしては、英語上級者レベルと言ってもよいかもしれませんが、使用される単語、英文法レベルとしては中学校で学ぶような簡単なものを中心に使用しています。
英会話スキル習得において重要なことは、これら簡単なものを、英会話シチュエーションにおいて、いかに実践で使えるレベルにまでもっていけるかということ。このことをネイティブイングリッシュでは、毎日の学習で実践していきます。もちろん英語上級者の人でも、学ぶべきことは多々あります。でも、どちらかと言えば、英語初級者、中級者でも始められる、というのがネイティブイングリッシュの長所だと思います。


ネイティブイングリッシュ利用者が増えるにつれ、この教材の口コミ評判は、さらに高まっていくと私は確信しています。

ネイティブイングリッシュは、いわゆる「聞き流し系の英会話教材」の部類だと思われがちですが、実際はそうではありません。ネイティブイングリッシュは、リスニングだけでなくスピーキング力もアップさせていける教材内容となっています。

宣伝文句では、「聴くだけ学習法」と言ってはいますが、スピーキングトレーニングでは、頭の中で言葉を繰り返したり、シャドーイングをするように勧めているので、実際には聞き流し系とはまったく異なる教材です。

実践英会話で使用される英語フレーズも効果的に学ぶこともできるので、英会話の聞く・話すの能力を身につけて、英会話が出来るようになりたいと思っている人に、おすすめの教材です。


 

▼ 公式サイトはこちらをクリック ▼

 

 ネイティブイングリッシュがおすすめでない人

ネイティブイングリッシュは、私としても非常におすすめしている教材ですが、次のような人は、あまりおすすではないかもしれません。

1. 地道に努力するのが嫌な人

ネイティブイングリッシュは、基本的に日々の学習努力を重ねていく教材です。学習期間のプランとしては、最短24日(最短コース)から最長324日(じっくりコース)までありますが、24日という短い期間での学習はおすすめしません。最低でも96日の標準コース。できれば168日のおすすめコースの期間以上で学習を実践してください。
英語学習は、急ぎ過ぎても頭と体が知識を吸収していきません。しっかりとしたペースを守って、知識やスキルを、あなたの頭と体に浸透させながら学習していくことが大切です。
ネイティブイングリッシュは、しっかりとしたペースで、日々学習していく英語教材です。すぐに結果を出したい、地道に数ヶ月努力をするのは嫌だ、という人には向かないでしょう。


2. ビジネス英語を中心に学習したい人

ネイティブイングリッシュには特典教材として、ネイティブイングリッシュ・ビジネスが付属しています。CDが全部で4枚、テキストブック1冊。ビジネスに必要な、全28シーンでのビジネス英会話が学習できます。しかしながら、本教材のメインは、あくまでも一般英会話です。
ビジネス編の方では、教材ボリュームはありますが、フレーズ学習はありません。どちらかというと通り一遍で、深く掘り下げて学習していく内容ではありません。従いまして、「ビジネス英語を勉強したい」という目的を持っている方は、ビジネス英語に特化した教材を選ばれた方がいいかもしれません。


3. 海外で生活したい人

ネイティブイングリッシュで学習できる英会話シーンは、海外旅行時の内容と、特典付属でのビジネス英語になります。いっぽう、比較教材としても挙げられるプライムイングリッシュという教材では、海外旅行やビジネスシーンではなく、海外に住むことになったら、というシチュエーションでの英会話学習になります。
将来的に海外に住みたいと思っている方は、プライムイングリッシュの方を選ばれた方がいいと思います。ネイティブイングリッシュでは、海外に移り住んだ際に必要となる英会話シーンは想定していませんので、その点はご注意ください。


4. すでに英語上級者の人

ネイティブイングリッシュで使われる単語や文法レベルは、中学で習うくらいのレベルです。英語をかなり使いこなしている英語上級者の人には物足りないかもしれません。逆に、英語初心者から英語中級者の方にはおすすめだと思います。
ただし、一応念のためにお伝えしておきますと、英語上級者の人でも、英語のニュアンスを学びたいと思っている人には、ネイティブイングリッシュは、試してみる価値があります。英語上級者でも知らないような英語のニュアンスを、ニュアンス解説CD「DJトーク」で話してくれています。
また日々の学習においても、英語のニュアンスをより深く知れるような内容になっていますので、「英語のニュアンスをより知りたい!」と思っている英語上級者にはおすすめできます。



 60日間返金保証

ネイティブイングリッシュには、60日間返金保証が付いています。ただし、ひと口に「返金保証」といっても、実は各教材で実態はかなり異なります。

ネイティブイングリッシュの返金保証は、スピードラーニングやエブリデイイングリッシュと比べて、はるかに優れています。

スピードラーニングやエブリデイイングリッシュは、無料お試し専用CDというのが同封されていて、それを一定期間、無料体験できるというもの。その期間は、スピードラーニングでは10日間、エブリデイイングリッシュでは60日間となります。

スピードラーニングやエブリデイイングリッシュでは、正規品を開封してしまったら、その時点で有料となります。返品・返金は無効になります。

ネイティブイングリッシュは、正規品そのものが60日間無料で使用可能です。その間に気に入らなければ返品できますし、気に入ればそのまま使用すればOK。ひとくちに「無料お試し」と言っても、この違いはかなり大きいと言えます。

 


 ネイティブイングリッシュ 総括

 

ネイティブイングリッシュは、あなたが実際に英語が使いこなせるようになるための教材です。ただ単に、教材内で英語の勉強をして満足するだけでなく、実際の英会話が本当に出来るようなることを前提に制作された英会話教材となっています。

ネイティブイングリッシュでは、リスニング・スピーキング両方のスキルがアップが期待できます。この両方のスキルがなければ英会話はできません。

教材では、日本語と英語の最適な音声再生順番、英語音声再生スピードの最適な組み合わせにこだわっています。これらの最適な組み合わせにより、リスニングとスピーキングの両方の能力を向上させることが出来るのです。一般的な英会話教材にありがちな、スピーキング力の向上のためのカリキュラムが欠けた内容になっていることはありません。

また、実践英会話に必要とされる「英語のニュアンス」の習得も可能です。バイリンガルによるニュアンス解説CD「DJトーク」は、本当に目からうろこものの内容です。

最後に、ネイティブイングリッシュには、「60日返金保証」が付いていることも見逃せません。教材を、60日間無料で試すことが可能になっています。どんな教材か、実際に使ってみるまでは不安、というような人も、まずは試してみることが出来ます。


英会話教材【ネイティブイングリッシュ】



 ネイティブイングリッシュ教材情報

ネイティブイングリッシュ教材内容


ネイティブイングリッシュの内容。
教材の内容は以下の【教材構成】参照下さい。


【教材構成】

 ●教材テキスト 1冊 ●リスニングCD 6枚 ●スピーキングCD 6枚
 ●英語のみナチュラルスピードCD 3枚 ●ニュアンス解説CD 3枚

 特典:ネイティブイングリッシュ・ビジネス
 ○教材テキスト 1冊 ○リスニングCD 2枚 ○スピーキングCD 1枚
 ○英語のみナチュラルスピードCD 1枚


【値段】

●29,800円(税込・送料込)


【学習開始レベル】

超初心者から中級程度


【学習期間】

標準期間:3カ月 (最短24日〜最長324日)


【お支払い方法】

●各種クレジットカード払い ●代引き ●海外発送(クレジットカード)


【海外発送】

可能 (送料2500円  EMS(国際スピード便) クレジットカード払い)



ネイティブイングリッシュの公式サイトで詳細確認
60日間の全額返金保証付です
↓ ↓ ↓


 

 


 ネイティブイングリッシュ 購入の際の注意点

ネイティブイングリッシュ購入の際、気を付けて頂きたいことがあります。

ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトでも、中古品のネイティブイングリッシュの出品を見かけます。19,000円位で売られていることが多いようです。中古品はトラブルのもとなので、おすすめしません。

中古品の場合、ネイティブイングリッシュの特典である、「バイリンガル個別メールサポート」は付きません。「60日間返金保証」も付きません。

新品だったら、仮に教材が合わなかったら60日以内の返品返金が効きますが、中古品の場合はそのような保証は一切ないことは、ご注意ください。

また、ネイティブイングリッシュは、楽天市場でも販売されています。楽天ポイントを貯めている人は、だったら楽天市場で買いたい、と思うかもしれません。ただしこの場合も注意が必要です。楽天市場で購入した場合も、ネイティブイングリッシュのお勧め点のひとつである「バイリンガル個別メールサポート」が特典として付属しません。


当サイトでご紹介しているネイティブイングリッシュ公式サイトで購入した場合は、次の8大特典のプレゼントが付きます(詳しくは、購入後のメールで案内あり)。

1.日刊メルマガ
2.会話のきっかけフレーズ集
3.カナダ人ネイティブスピーカー同士の約1時間にも及ぶ日常会話音声
4.ニュアンス解説動画(合計3時間)
5.基礎英語1500個 単語帳(音声付き)
6.プラス1800語
7.ネイティブイングリッシュ・ビジネス英語教材
8.バイリンガル個別メールサポート


しかし、楽天市場経由で購入した場合、上記の「7.ネイティブイングリッシュ・ビジネス英語教材」以外の特典が付きません。これはおおきなマイナスポイントだと思います。

バイリンガル個別メールサポートも含めて全ての特典は欲しい人は、公式サイトからネイティブイングリッシュを購入するようにしてください(当サイトのリンクは公式サイトですので全ての特典が手に入ります)。


また、ネイティブイングリッシュ公式サイトで購入した場合には、実は、キャッシュバック制度があります。

ネイティブイングリッシュ教材を公式サイで購入した場合のみの、キャッシュバック・チャンスです(楽天市場経由では不可)。購入後に送られてくるメルマガの号外で、現金5000円のキャッシュバックの案内がありますので、詳しくはメルマガ号外をご購入後にご確認ください。

さて、最後になりますが、公式サイトに登場しているバイリンガル女優さんの河北麻友子さんは、ニューヨークで生まれ育ち、16歳の時に日本に移ってきました。英語も日本もペラペラです。バラエティでは、テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、出川ガールの一員として、出川哲朗さんとの名(迷?)コンビ振りを発揮していますよね。

 

▼ 公式サイトはこちらをクリック ▼

 

 

当ページの一番上に戻る