207ielts

IELTS(アイエルツ)試験

今日のテーマ
日本ではあまり馴染みがない英語試験かもしれない「IELTS(アイエルツ)」について、簡単にご紹介したいと思います

日本の英語試験は、TOEICか英検


■日本では、英語技能試験というと

 TOEIC(トーイック)が有名ですよね。
 
 
  とくに社会人の人は
 
  企業で一番採用されているのが
 
  TOEICのテストですからね。
 
 
  入社のときとか
 
  昇進のときに
 
  トーイックのスコア条件を
 
  クリアする必要があったりします。
     
 
 
■昔から有名な英語試験としては

 英検(英語検定試験)もありますね。
 
 
  TOEICが社会人を主なターゲットにした
 
  時事問題等が中心であるのに対し
 
  英検は中学生からも

 レベルに応じて受けられる試験です。
     
 

アメリカの大学はTOEFL

 
■それと、

 TOEFLという英語試験。

 (トフル、トーフル、トイフルとも呼ばれています)
 
 
  これは留学生に対する
 
  英語力確認のために主に用いられる試験です。
 
 
 
  アメリカの大学などは
 
  海外の留学生に主にTOEFLの試験結果を
 
  入学条件として要求します。
   

イギリス系の国はIELTS試験が一般的

      
■そして今回お伝えするのが

 IELTS(アイエルツ)という英語試験。
 
 
 
  今回のコラムで登場した英語試験の中では
 
  一番知名度は低いかもしれません。
 
 
  しかし、
 
  必要な人にとっては絶対に必要な試験。
 
 
 
  イギリス系の国で
 
  主流として採用されている
 
  英語力評価試験です。
 
 
 
  主な実施国としては
 
  イギリス、オーストラリア、

 そして筆者が住むニュージーランド。
 
 
 
  留学の際の英語力の証明としてや
 
  永住権取得の際の英語力証明として

 IELTSの試験結果を提出したりします。
   
 
 
  筆者の知っている人の中でも
 
  ・IELTSを受験した人
 
  ・これからIELTSを受験する人
 
  が沢山います。
 
 
 
  アイエルツ(IELTS)のスコア次第で
 
  大学に入学出来たり(できなかったり)
 
  永住権が申請が出来たり(できなかったり)
 
  するため、

  非常に重要な意味を持つ試験です。
   

IELTSの試験内容

  
■試験内容は
 
  TOEIC(トーイック)のような

 マークシート方式ではなく
 
  記述 + 面接 です。
   
 
  リーディング
 
  リスニング
 
  ライティング
 
  スピーキング
   
 
  全てのスキルが試されます。
 
 
 
  試験結果は各スキル毎のスコアと
 
  全体としてのスコアとが算出されます。
 
 
 
  そし総合点が規定をクリアしていても
 
  個別のスキルの点数がひとつでも不足していると
 
  大学の入学が認められなかったりするので
 
  なかなか厳しいものがあります。
 
 
 
  でもIELTSの試験結果を

  必要とされている人は
 
  そんなことで泣きごとは言っていられない。
 
   
  IELTSとはそういう試験です。
   

IELTS準備対策は通常の英語学習としても最適

  
■本来、IELTS(アイエルツ)試験は

 このように絶対にIELTSの点数が必要
 
  という人達が受けるケースが多いです。
 
   
  しかし、
 
   
  英語の実力を測る試験として
 
  あなたも挑戦してみる価値がある
 
  試験ではないかとも思っています。
   
 
  なぜなら
 
  IELTS(アイエルツ)試験は、
 
  非常に優れた試験だからです。
   
 
  どういう意味かというと、
   
 
  本当の英語力が測れるテスト
 
  だということ。
   
 
 
  TOEICテストのように
 
  リーディングやリスニングだけではなく、
 
 
  面接でしっかりと

 スピーキング力も試されますし、
 
  筆記でライティング力も厳しく審査されます。
   
 
 
  だから

  英語力を測る試験として
 
  TOEIC(トーイック)の代わりに
 
  IELTS(アイエルツ)を受験するのも
 
  良い選択のひとつだと思うのです。
 
 
 IELTS試験対策の勉強は、
 
 あなたの英語力そのものをアップさせることが

 学習方法としても最適なはずです。

IELTSの申し込み方法

 
  IELTSの試験は現在、
 
 (財)日本英語検定協会

 試験申し込みの窓口となっていて、

 以前より申し込みがしやすくなっています。


 英語版ですが、
 
  IELTSハンドブックもダウンロードできますよ。
   
   
  試験会場や試験日程も

 このサイトにて確認できます。
 
 
 試験会場は、全国16都市で実施します。

  札幌/仙台/埼玉/東京/横浜/長野/金沢/静岡
 名古屋/京都/大阪/神戸/岡山/広島/福岡/熊本
 

 試験日は、東京会場であれば、

 毎月3回は試験実施日があります。

 IELSの試験点数は、

 バンド・スコアとも呼ばれています。

 スコアは、0点から9点で、
 
 0.5点刻みで採点されます。


 大学の入学条件として使われる場合は、

 受講するプログラムにもよって、

 大体、6点から6.5点くらいが目安です。


 IELTSの試験結果は、

 受験の13日後の午後1時に

 IELTSのマイページから

 確認出来るようになっています。

 なお、試験結果は2年間有効です。